忍者ブログ

アニメレビューCrossChannel.jp

アニメのレビュー・感想中心に、アニメ業界の批評もしたり、ゲームレビューしたりしています

   

とある科学の超電磁砲S 第23話「革命未明(Silent Party)」

自分が覗いた闇、そして自分が手を染めた闇、美琴と布束の立場は違えども学園都市の暗部に直面した彼女たちの最後の戦いが始まる「とある科学の超電磁砲S」の第23話。
ラスボスにしては有富たちは小者だと思っていたが、やはりこのシリーズで貫かれている能力者の無自覚と無能力者たちの嫉みが生み出す歪んだ研究そのものが敵なのだ。
もしかすると有富たちの「ケミカロイド」研究が、今の学園都市の暗部の事件を代表する木原幻生の研究が生み出した幻想御手事件や絶対能力進化計画に先んじていた可能性もあったのだ。

railgun2_2301railgun2_2302railgun2_2303railgun2_2304railgun2_2305
railgun2_2306railgun2_2307railgun2_2308railgun2_2309railgun2_2310

妹達を量産し殺戮することになった絶対能力進化計画に関わり、このケミカロイド計画でもテスタメントを通して関わることになった布束だが、暗部の内部取引で売られた体のようだ。フェブリを逃し、計画の中止を企図するものの一人で全て集結させようとする姿は少し前、妹達編の美琴と似ている。一方の美琴は仲間を信じ、仲間とともに戦う覚悟を決めて吹っ切れたところもあるのだが、この能力者の反逆も学園都市の研究材料にしかならないのではないかという憂鬱。

railgun2_2311railgun2_2312railgun2_2313railgun2_2314railgun2_2315
railgun2_2316railgun2_2317railgun2_2318railgun2_2319railgun2_2320

それでもフェブリを、双子の姉ジャーニーを、そして仲間を自分をこの街を守ろうと立ち上がる美琴。これまでは妹達を助けようと孤軍奮闘していた美琴が、ここでは妹が姉を救う手助けを仲間たちと行う構図が良い。
有富の解説や布束の背景説明などの説明シーンが多い割には伏線回収にアクションも取り入れてバランスは悪くない。最終話へつなぐ流れをBパート後半からエンディングにかけて盛り上げた引きはいつもながら見事。フェブリのキャンディも最後の一つになり、タイムリミットが迫る中で同時多発テロに立ち向かう彼女たちの戦いを見守りたいと思う。

railgun2_2321
とある科学の超電磁砲S 第3巻 (初回生産限定版) [Blu-ray] とある科学の超電磁砲 S 2014カレンダー

拍手

 RSSリーダーで購読する
PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

新着記事・カテゴリ

メニューバーをご利用ください
古いカテゴリーは順に表示されなくなりますので、お手数ですが記事検索をご利用ください

メールで アニメレビューCrossChannel.jp を購読する

ブログ内検索

プロフィール

・管理者:wataru
・好き:V1046-R MAHORO、HMX-12 マルチ、ぽんこつ、黒オーバーニーソ、メイド
・リンクフリーですが、可能であればサイトTOPにリンクお願いします。相互リンクのお誘いは不精者のため辞退させていただいております
・利用状況の管理と広告表示等の目的でCookie及びWeb beaconを利用しています。Cookieの受入はブラウザの設定で選択が可能です
・商品紹介にはAmazonアソシエイトリンク他を利用しています
・当サイト管理者へのご連絡は webmaster★crosschannel.jpまで(★は1バイトのアットマークに置換して下さい)

Shop Link

Copyright ©  -- アニメレビューCrossChannel.jp --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]