忍者ブログ

アニメレビューCrossChannel.jp

アニメのレビュー・感想中心に、アニメ業界の批評もしたり、ゲームレビューしたりしています

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 RSSリーダーで購読する
PR

境界の彼方 第3話「ムーンライトパープル」

未来の「不愉快です」の台詞も、無理やり決め台詞に仕立てているように感じられるのはシナリオのせいなのか演出のせいなのか。初監督作品とはいえ石立監督はドラマのラスト、その先の彼方まで見据えて作っていると思うのだが、現実は足元が定まらないように感じる。

拍手


kyokai0301kyokai0302kyokai0303kyokai0304kyokai0305
kyokai0306kyokai0307kyokai0308kyokai0309kyokai0310

まだ3話だからという声もあるだろうが、所詮は1クールしかない序盤。起承転結の「起」で方向性を見せてくれないと、これだけ多くの作品が放映されている状況では、いかに京アニ作品といえども見切られてしまう。
これまでの京アニ流の「いいところ全部乗せ」と欲張っているわけではないのだろうが、前回も書いたが、既視感の強いピースばかりで組み立てられ、しかもうまく噛み合っていない。
中盤過ぎの伏線を張っていることはわかるが、いざ巨大妖夢との対決とばかり構える未来に斬りかかる新キャラ桜を突然に登場させて、視聴者の方が「誰?」と言いたくなる。風呂敷を広げるよりも、この世界のドラマに引き込む密度が欲しいところだ。

kyokai0311kyokai0312kyokai0313kyokai0314kyokai0315
kyokai0316kyokai0317kyokai0318kyokai0319kyokai0320

頑ななヒロインの未来だが、主人公や美月たちと徐々に親しくなってくるのだろうか。それにしても血に関する忌みや半妖夢に家柄などの問題を解決してしまわないと、根本的な和解救済は難しそう。だからと言ってそれを端折ると薄っぺらな仲良しドラマになってしまいそう。
クリアすべき課題は多いのに、人殺しの過去を背負った未来に因縁持つ新キャラのドラマも描かねばならないとは、やはり欲張りすぎではないかと思う。
あともう一つ、メガネやシスコンなどフェチな設定演出は言葉ばかりであり、画はちっともフェティッシュではない残念さ。
次回の様子でレビュー継続か否かを決めたい。

境界の彼方 (1) [Blu-ray] 境界の彼方(アニメ盤)境界の彼方 ガイドブック (境界の彼方)
 RSSリーダーで購読する

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

新着記事・カテゴリ

メニューバーをご利用ください
古いカテゴリーは順に表示されなくなりますので、お手数ですが記事検索をご利用ください

メールで アニメレビューCrossChannel.jp を購読する

ブログ内検索

プロフィール

・管理者:wataru
・好き:V1046-R MAHORO、HMX-12 マルチ、ぽんこつ、黒オーバーニーソ、メイド
・リンクフリーですが、可能であればサイトTOPにリンクお願いします。相互リンクのお誘いは不精者のため辞退させていただいております
・利用状況の管理と広告表示等の目的でCookie及びWeb beaconを利用しています。Cookieの受入はブラウザの設定で選択が可能です
・商品紹介にはAmazonアソシエイトリンク他を利用しています
・当サイト管理者へのご連絡は webmaster★crosschannel.jpまで(★は1バイトのアットマークに置換して下さい)

Shop Link

Copyright ©  -- アニメレビューCrossChannel.jp --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]