忍者ブログ

アニメレビューCrossChannel.jp

アニメのレビュー・感想中心に、アニメ業界の批評もしたり、ゲームレビューしたりしています

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 RSSリーダーで購読する
PR

蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ- 第3話「要塞港、横須賀」

米国への搬送物の受領と補給のため、イ401が寄港した横須賀。千早群像が2年前にイ401と共に出港した、彼にとっては母港のような港だ。
佐世保で上陰龍二郎が依頼をした時点では横須賀は海軍が管轄し統制できているのかと思ったが、政治家の意向で陸軍も動いている。各軍バラバラで、有力政治家が軍を動かせるような状況では、人類は「霧」に勝てない世界であることもよく伝わってくる。遠隔地間では人類がまともな通信手段を持てなくなったという設定は意外に物語の設定に有効なのだろう。

拍手


aokihagane0301aokihagane0302aokihagane0303aokihagane0304aokihagane0305
aokihagane0306aokihagane0307aokihagane0308aokihagane0309aokihagane0310

無機質だと思っていたイオナだが、館長の群像を死なさないというミッションをもち、同時に群像を通して人間という理不尽で非論理的な存在に影響されているようにも見える。人間でもないコンピュータとも感じさせない、メンタルモデルというヒューマノイドインターフェイスを上手く使い、艦をヒロインとして自然に成り立たせている。
マヤ(摩耶)とのティータイムでコンゴウ(金剛)が話していたように、戦力面では圧勝していた霧が戦術的には人類に劣っていたことを悟り、人間の感情や思考を艦に取り入れるためのインターフェイスがメンタルモデルという存在を生み出したのかもしれない。

aokihagane0311aokihagane0312aokihagane0313aokihagane0314aokihagane0315
aokihagane0316aokihagane0317aokihagane0318aokihagane0319aokihagane0320

そんなメンタルモデルにも個性があって、群像にハートを撃破されたタカオは霧を出奔して函館にいた。書店で買ったのがBL本でなくて幸いだが、群像が一声かければ一撃で墜ちそう。イ400とイ402の警告を振りきって出港したが、群像のいる横須賀に向かわずに、先行するのだろう。このまま群像の麾下になるのか、ツンデレ気味に小競り合いを起こすのか気になる艦だ。
そして新たな敵、キリシマ(霧島)とハルナ(榛名)の2戦艦とどう戦うのか、次回は戦闘シーン多めだと期待したい。

【Amazon.co.jp限定】蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ- 第1巻(初回限定生産)(描き下ろし全巻収納BOX付き)[Blu-ray] TVアニメーション「蒼き鋼のアルペジオ-アルス・ノヴァ-」EDテーマ::ブルー・フィールド蒼き鋼のアルペジオ 8巻 (ヤングキングコミックス)
 RSSリーダーで購読する

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

新着記事・カテゴリ

メニューバーをご利用ください
古いカテゴリーは順に表示されなくなりますので、お手数ですが記事検索をご利用ください

メールで アニメレビューCrossChannel.jp を購読する

ブログ内検索

プロフィール

・管理者:wataru
・好き:V1046-R MAHORO、HMX-12 マルチ、ぽんこつ、黒オーバーニーソ、メイド
・リンクフリーですが、可能であればサイトTOPにリンクお願いします。相互リンクのお誘いは不精者のため辞退させていただいております
・利用状況の管理と広告表示等の目的でCookie及びWeb beaconを利用しています。Cookieの受入はブラウザの設定で選択が可能です
・商品紹介にはAmazonアソシエイトリンク他を利用しています
・当サイト管理者へのご連絡は webmaster★crosschannel.jpまで(★は1バイトのアットマークに置換して下さい)

Shop Link

Copyright ©  -- アニメレビューCrossChannel.jp --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]