忍者ブログ

アニメレビューCrossChannel.jp

アニメのレビュー・感想中心に、アニメ業界の批評もしたり、ゲームレビューしたりしています

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 RSSリーダーで購読する
PR

境界の彼方 第5話「萌黄の灯」

未来が文芸部に迎えられたのは物語の進行上の必然。部においてある「園芸大全」が読めるからというのが理由の一つではあるが、園芸趣味とブログ更新が趣味という未来のキャラ付けは少し強引かな。
再度書くのだが、メガネ萌えとシスコンをという男キャラのキャラ付けは良しとしても、本編に無理やりねじ込んでくる間の悪さとバツの悪さは相変わらず慣れることができない。

拍手


kyokai0501kyokai0502kyokai0503kyokai0504kyokai0505
kyokai0506kyokai0507kyokai0508kyokai0509kyokai0510

祭りの日を迎えた日常の光景をバックに、美月のクローズアップする場面が多い。
名家の権力を圧力に感じているフシも見え、兄に対する暴言もまた愛情の裏返し、もしくは過去の自分への贖罪か。秋人の監視の立場や未来への距離の置き方にしても、宿命から孤立しがちな自分のポジションを見極められないのだろう。
そんなところに現れた未来もまた身の置き所がないという似たもの同士の共鳴、そしてお金もないという状況への同情もあるのではないか。

kyokai0511kyokai0512kyokai0513kyokai0514kyokai0515
kyokai0516kyokai0517kyokai0518kyokai0519kyokai0520

女の子の足意外はフェチ描写が弱いと思う京アニだが、前述のキャラ付けによる強引な場面以外、愛ちゃんの行動は自然で素直に描けている。でも猫又オールヌードは見せてくれても、隠れ巨乳の全裸は視聴者にはお預けという飢餓商法。
他のキャラクターは未来と秋人のドラマの監視役といった役割だが、巨乳先生は祭りに場違いな勝負服のセンスと男運が残念なキャラ。桜は一人で妖夢狩りだが、後半で未来に救済されるのだろう。

境界の彼方 (1) [Blu-ray] 境界の彼方(アニメ盤)境界の彼方 マイクロファイバー 新堂愛
 RSSリーダーで購読する

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

新着記事・カテゴリ

メニューバーをご利用ください
古いカテゴリーは順に表示されなくなりますので、お手数ですが記事検索をご利用ください

メールで アニメレビューCrossChannel.jp を購読する

ブログ内検索

プロフィール

・管理者:wataru
・好き:V1046-R MAHORO、HMX-12 マルチ、ぽんこつ、黒オーバーニーソ、メイド
・リンクフリーですが、可能であればサイトTOPにリンクお願いします。相互リンクのお誘いは不精者のため辞退させていただいております
・利用状況の管理と広告表示等の目的でCookie及びWeb beaconを利用しています。Cookieの受入はブラウザの設定で選択が可能です
・商品紹介にはAmazonアソシエイトリンク他を利用しています
・当サイト管理者へのご連絡は webmaster★crosschannel.jpまで(★は1バイトのアットマークに置換して下さい)

Shop Link

Copyright ©  -- アニメレビューCrossChannel.jp --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]