忍者ブログ

アニメレビューCrossChannel.jp

アニメのレビュー・感想中心に、アニメ業界の批評もしたり、ゲームレビューしたりしています

   

蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ- 第6話「ともだち」

人類滅亡のデスマーチに抗うには振動弾頭サンプルの移送や量産よりも、群像が如何に多くのメンタルモデルを如何に早くデレさせることができるのか、これを人類の英知を集結して実行することが肝要なのではないかと思える「蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ-」の第6話。
刑部邸襲撃事件ではハルナが身を持って辞書に「ともだち」の解釈を追記し、艦隊決戦以前にメンタルモデル単体であっても局地戦ならば無敵であることが証明できてしまった。

aokihagane0601aokihagane0602aokihagane0603aokihagane0604aokihagane0605
aokihagane0606aokihagane0607aokihagane0608aokihagane0609aokihagane0610

ただ、群像は人間嫌いというほどではないにしても権威や組織嫌いのアウトローキャラだから、彼がメンタルモデルを攻略しまくって力を得ると、霧の艦隊そのものより脅威となりうる事は軍部も恐れているのだろう。ハルナに反応したイオナの行動がきっかけといえ、刑部蒔絵の保護をしたことで政府や軍部を敵に回した側面はある。クライアントとしての上陰龍二郎には依頼案件だけは従うが、それ以外は自由であると宣言する群像の独立艦隊は霧の艦隊よりも煙たい存在。もういっそうのこと霧の艦隊と群像が刺し違えて共倒れになることを祈っているに違いない。

aokihagane0611aokihagane0612aokihagane0613aokihagane0614aokihagane0615
aokihagane0616aokihagane0617aokihagane0618aokihagane0619aokihagane0620

ハルナは当初の目的の振動弾頭開発者の蒔絵を拉致することから、友達として守ることに舵を切った。クマの仮初の体のキリシマは渋々従うことになるのだろうか。
ハルナは陸軍部隊相手ではまずまずの戦いぶりだが、イオナが駆けつける前のピンチには被弾小破した裸身を晒してくれても良かったのに。
硫黄島に向かったタカオは捕獲され、全身をスキャンされてボディチェックをされたようだが、相手はヒュウガのメンタルモデルかコアなんだろうか。どうやら硫黄島は群像の根拠地となっているらしく、ナノマテリアルも産出するようなので、次回はハルナたちにもナノマテリアルを補給するつかの間の休日となるのだろうか。

【Amazon.co.jp限定】蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ- 第1巻(初回限定生産)(描き下ろし全巻収納BOX付き)[Blu-ray]TVアニメーション「蒼き鋼のアルペジオ-アルス・ノヴァ-」EDテーマ::ブルー・フィールド蒼き鋼のアルペジオ 08 (ヤングキングコミックス)

拍手

 RSSリーダーで購読する
PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

新着記事・カテゴリ

メニューバーをご利用ください
古いカテゴリーは順に表示されなくなりますので、お手数ですが記事検索をご利用ください

メールで アニメレビューCrossChannel.jp を購読する

ブログ内検索

プロフィール

・管理者:wataru
・好き:V1046-R MAHORO、HMX-12 マルチ、ぽんこつ、黒オーバーニーソ、メイド
・リンクフリーですが、可能であればサイトTOPにリンクお願いします。相互リンクのお誘いは不精者のため辞退させていただいております
・利用状況の管理と広告表示等の目的でCookie及びWeb beaconを利用しています。Cookieの受入はブラウザの設定で選択が可能です
・商品紹介にはAmazonアソシエイトリンク他を利用しています
・当サイト管理者へのご連絡は webmaster★crosschannel.jpまで(★は1バイトのアットマークに置換して下さい)

Shop Link

Copyright ©  -- アニメレビューCrossChannel.jp --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]