忍者ブログ

アニメレビューCrossChannel.jp

アニメのレビュー・感想中心に、アニメ業界の批評もしたり、ゲームレビューしたりしています

   

Kanon 第11話「光と影の間奏曲〜intermezzo〜」

アバンにあゆのモノローグが戻ってきた。
真琴の物語から舞の物語に直結させずに、祐一と水瀬家、そしてヒロインたちとの日々の物語を緩やかに挿入してきた。
真琴のいない日常を確認すると共に、唐突に次の物語に進まずにバッファーの役目を果たしている。前回の美汐との後日談から、その他に真琴に関わったものたちのフォローを今回しているのは嬉しい(悲しいけど・・・)
真琴の名残を残しつつも、ぴろが還って来るなんて細やかな演出。
シリーズ全体では意図を持って大胆に構成している部分も見えるが、話中のエピソードは丁寧に拾い描いている。

サブタイ通りにマルチシナリオ移行の間をつなぐ回であると同時に、ヒロインたちの表と裏、光と影のコントラストを伏線的に暗示した回でもある。
今までは映像描写のモチーフとして光と影が頻繁に使われてきたが、それが心理描写にも色濃く及んできている。

寒い中庭から校舎内に入らないという栞の秘密
「奇跡なんてそう簡単に起こるものじゃないのよ」香里の言葉の意味
深夜、物の怪と戦う舞と周囲の目
舞と佐祐理
真琴(この名詞の出現頻度が減ると思うと悲しい:筆者注)のいない水瀬家と名雪
あゆとその家庭の謎

また、この作品のサブテーマ的なフレーズも相変わらず頻繁に登場する。
「何回繰り返してる、こんな事」
「約束だよ」「うそつき・・・」(名雪に言われると自分の事のように心が痛むのは何故だろう)

久しぶりにあゆ登場。
ぴろを見て「タイヤキ盗んだ猫だ!」これでぴろの伏線回収。
真琴のいない水瀬家に居候。
「あゆちゃん、なゆちゃん」は微笑ましいが、名雪は不憫だよなあ。
この二人の場合は正副ではなく、表と裏、光と影の関係に思えることが多い。
あゆと比べると裏、影は名雪なのだが、それでも今回のシナリオでは「お前も色々と考えてるんだな」と祐一にフォローさせたのはささやかな救い。
頭を撫でる祐一を上目遣いで見上げる名雪の表情も可愛らしい。
二人の微妙に噛み合わない会話も慣れてくると夫婦漫才のよう。
うん、やはり嫁にもらうなら名雪だ。百花屋のストロベリーサンデー何杯でも食べさせてあげよう。

Bパートの水瀬家の夕食風景でセリフないところの演出やキャラの作画に少し難があったが、シナリオに助けられて許容範囲。

何気に舞の物語だと思わせておいて、真琴の物語のフォローと名雪中心の回だった事は良い意味で期待を裏切られた。もちろん今までの魔物の伏線から舞シナリオの導入部にはなっていて、次回の舞踏会イベントにつながるのだが、あと2話程度しか尺を割かないのではないかと思う。
舞、栞+香里、名雪、あゆと来るのか?名雪シナリオの整合性をどうするか?
そして、少しで良いから美汐の笑顔をまた見てみたいと思う。

次回予告に久瀬が登場するが、声は誰だったろう?
そろそろ神谷浩史が復帰できた頃か。

Kanon アイテム

拍手

 RSSリーダーで購読する
PR

TRACKBACK

Trackback URL:

Kanon 第11話「光と影の間奏曲 〜intermezzo〜」

Kanon 第11話「光と影の間奏曲 〜intermezzo〜」真琴がいないのは寂しいが…話は進む。

Kanon 第11話「光と影の間奏曲〜intermezzo〜」

祐「秋子さん。この部屋はずっと   このままにしておいてもらえませんか」 名「だよね。真琴がいつ戻ってきてもいいように」 秋「ええ。私もそのつもり」 真琴シナリオ続いてター!!いやね?!先週のクライマックスから後日談までを以て、「祐一の思いには

Kanon 第11話 「光と影の間奏曲〜intermezzo〜」

さて皆さんお待ちかね、今日から期待の新番組、『Kanon』が始まりました。 ・・・・・・はい、もちろん大嘘です。でもそう言いたくなる程の勢いでした。いい意味で

『KANON』 第11話 観ました

真琴は去ってしまいましたがそれは全ての人の記憶から消えたという訳ではないように表現されていたのがひどく印象的な回でしたよ。具体的には、真琴に貸していた部屋をそのままにして置いてくださいと言う祐一に、それを了承とは言わずに、私もそうしようと思っているのよと

Kanon 第11話 「光と影の間奏曲〜intermezzo〜」

「今も待ち続けている」というアバン。誰かの台詞であるわけですが、誰の台詞でもあるのだろうか。これから恐らく舞を消化するわけで、そこからや設定から考えて舞が妥当かと一瞬考えたが、声からしてもその他の点からもあゆ

Kanon 第11話「光りと影の間奏曲〜intermezzo〜」

Kanon 第11話光りと影の間奏曲〜intermezzo〜 真琴がいなくても話は進んでいきます。それでも、真琴が居なかったかのような扱いはせず、真琴が消えてしまった後の水瀬家をきちんと描いていたのは好印象です。 今

Kanon 第11話「光と影の間奏曲〜intermezzo〜」

夢、夢に終わりが無くなった日いつものようにいつもの場所で、ずっとずっと、ただ待つ事しか出来なくて、それしか無くてだから、今も待ち続けている・・・脚本:志茂文彦 絵コンテ・演出:山本寛 演出補:高雄統子 作画監督:高橋博行5話のスタッフと同じですが、演出補h

Kanon最終話後の番外編1話 『光と影の間奏曲〜つゆだく牛丼〜』

「真琴以外の女はどうでもいいんだよ!俺はもう、Kanonを見ない!」「うそつき…」

Kanon/11話 光と影の間奏曲 〜intermezzo〜

良かった!みんな真琴のことを忘れてなかった・・・。

Kanon第11話「光と影の間奏曲」〜intermezzo〜

?真琴と祐一との物語は、先週で終了しました。また真琴が1回でもいいから戻って来てくれるととてもうれしく思います。次回から舞編がスタートしKanonも中盤戦突入です。今回は、様々な人物が再び登場しあゆと名雪がなかよくお眠りしたり、栞が再登場したりと注

Kanon 第11話・「光と影の間奏曲(インテルメッツォ)〜intermezzo〜」を見て寸評

 さてさて、前回からどんな繋がり方をするかと見てみれば…案の定真琴のことは歯牙にもかけぬ、単なる『いい思い出』で済ませてしまうようだな。だから、それだと前回の祐一の行動が全部上面だけの事に見えてしまうのだが…ま、これはもう仕方がないのか。 今度は舞シナリ

Kanon第11話 「光と影の間奏曲 〜intermezzo〜」 感想

漫才面白すぎwwwwというか杉田さんの演技が素晴らしい。それだけ。真琴がいなくなってハーレム生活に戻った祐一。なんだかなぁ…と思う部分もありますが、仕方がないでしょう。というわけで11話粗筋です

『Kanon』第11話「光と影の間奏曲〜intermezzo〜」

 アバンでのあゆあゆモノローグが復活しました。先週で真琴ルートが終焉を迎えたのでヒロイン入れ食いパートに復帰。祐一もギャルゲー主人公としての務めを果たすべく、今回から真琴のことなどすっかり忘れて色欲天魔王モ

Kanon 第11話「光と影の間奏曲(インテルメッツォ)」

秊 真琴がいなくなってから、ガラリと他の女の子攻略、というゲーム的な分岐になる心配は取り越し苦労。 今回は真琴がいなくなった事に対する、皆の心の整理と、舞ルートに入る準備段階。 真琴の部屋はいつ帰ってきても良い様にそのままにしておき、家へちょ

Kanon 第11話 「光と影の間奏曲 〜intermezzo〜」

第11話 光と影の間奏曲 〜intermezzo〜

「Kanon」第11話

= 第10話:「光と影の間奏曲〜intermezzo〜」 = あゆと名雪の邂逅。 そういえば2人はまだ出会ってなかったんですね。 あゆの両親は旅行でいないということで、水瀬家でお世話になることに。 普段明るくは振舞っていても、どこか悄然としている秋子さん。 そんな雰囲

Kanon 第11話 光と影の間奏曲(インテルメッツォ)-intermezzo-あらすじ&レビュー

(今回のお話はKanon名台詞集?)■[少女] 夢、夢に終わりがなくなった日いつものように、いつもの場所で、ずっとずっとただ待つことしかできなくて、それしかなくてだから、今も待ち続けている■■■■■オープ

★Kanon 第11話 「光と影の間奏曲〜intermezzo〜」

【公式】さて、前回からの繋ぎを

KANON 第11話

ものみの丘のキツネは沢渡真琴は丘に帰りました。でも水瀬家で部屋が空いた訳ではありません。そこはいつでも真琴の部屋だから。そそしてキタ。 超展開。【Kanon 第11話 光と影の間奏曲〜intermezzo〜】ごめん、ご...

(アニメ感想) Kanon 第11話 「光と影の間奏曲 〜intermezzo〜」

Kanon 1消えてしまった真琴・・・そして、祐一はいつもと変わりない日常を送っていました。それでも、一抹の寂しさはどこかぬぐえ去れない・・・。祐一は秋子に、真琴の部屋をそのままにしておいてもらうようお願いします。いつでも、彼女が戻ってこられるように・・・。

Kanon 第11話

$FILE1[関連リンク]http

Kanon 11

= 第11話 「光と影の間奏曲 〜intermezzo〜」 ={{{いやー、前回までの真琴をどう処理するか期待してましたが、流石京アニ、ちゃんと余韻を残してくれました。結局、みんな真琴が帰ってくると信じて待っているのですね。一家だけでなく、あゆや舞にも説明していて、我々にとh

Kanon 第11話「光と影の間奏曲〜intermezzo〜」

真琴編も終わり、舞編に繋がる繋ぎの回でした。真琴の部屋は残していたり、秋子さんが真琴の事を気にしたりは一応してるけど、真琴編の事を変に引きずらず、普通に舞編にシフトしましたねそのためもう何週でてないかわかんないくらい出番がなかった、舞、あゆ、栞も久し...

[Kanon]第11話 光と影の間奏曲〜intermezzo〜

「Kanon」第11話です。さて・・真琴のお話は終わってしまいとりあえず今回また仕切り直しってことで。久しぶりに栞登場〜〜いやぁ・・ホント久しぶりです^^;お昼だってのに何にも食べてないし家にも帰りたくないってことなので中庭でアイスを食べること

Kanon 第11話 光と影の間奏曲〜intermezzo〜感想

神。

Kanon 第11話 「光と影の間奏曲〜intermezzo〜」

奇跡ってねそう簡単に起こるものじゃないのよ――。真琴との日々が終りをつげ――それでも、再び日々は進む。孤立する舞を心配する裕一は学園舞踏会に誘い。あゆと会った名雪は彼女を家に呼ぶ。裕一たちが軽軽しく『奇跡』を口にするのを怒る香里…見えない魔物と戦う舞を中

Kanon 第11話「光と影の間奏曲 〜intermezzo〜」

素人目にも分かるほど作画が低下した…?AIRの時も思ったのですが、クオリティーが他の回と比べて下がってしまう回を作るなら、一定のクオリティーを保ったほうが良いと思うのは私だけ…?それでも東映版と比べると

Kanon 第11話 「光と影の間奏曲〜intermezzo〜」

はちみつくまさんと、ぽんぽこたぬきさん。

アニメ「kanon」第11話 感想。

第11話「光と影の間奏曲〜intermezzo〜」畳まれた布団。積み上げられた雑誌。――空っぽの部屋。祐一は、秋子さんに部屋はこのままにしておいて欲しいと頼む――祐一は名雪に、昔の記憶は思い出したのかと問われる。しかし祐一が思い出したのは真琴のその記憶だけであり、他

Kanon 第11話「光と影の間奏曲〜intermezzo〜」 感想

真琴がいつ帰ってきても良い様に、部屋をそのままに残すことに決めた祐一たち。いや〜、良かった。そのまま真琴のことを引っ張らずに次のシナリオに行くのか、と少し思ったけどそうはならなかったから安心。祐

舞と一緒に牛丼食べにいくか

「Kanon」の第11話を見ました。<感想>いきなり泣きそうになった。真琴の部屋が出た瞬間。秋子さんも名雪も部屋をそのままに、いつ帰ってきてもいいようにしとくなんて最高だ。そして真琴の不在は他にもあゆ、舞、そして名雪も寂しいという表情を出してフ...

Kanon 第11話 「光と影の間奏曲 〜intermezzo〜」

Kanon 第11話 「光と影の間奏曲 〜intermezzo〜」夢。夢に終わりがなくなった日。   いつものように…。いつもの場所で…。  ずっとずっと…。   ただ、待つことしかできなくて…。それしかなくて…。 だから

今週のKanon(#11)

やはり「Kanon」はクオリティ高い!!面白い!!前回の「真琴編」のエンディングがあまりに淡々としていて、京アニ版「Kanon」へのテンションが少しだけ下がっていたんですけど、今回でそのテンションが舞い戻りまし

Kanon 第11話 光と影の間奏曲~intermezzo~

前回のラストからどう今回の話へと繋げていくのだろうと 心配しておりましたが、これは余計な心配でしたね。 もはやさすがとしか言えないな。 ちょっと一言だけ叫ばせてくださいね。 名雪さんがかわいすぎる(*´д`*)

Kanon 第11話

■Kanon■

Kanon 第11話 「お笑いと牛丼の間奏曲」

「舞!君に決めた!!」牛丼急いでかき込む舞に激萌え!!(´∀`*)今回はシリアスから笑いに急変化wwそれでもちゃんと真琴のことに触れていたのは個人的にGOODでした。

Kanon 第11話「光と影の間奏曲〜intermezzo〜」

やっぱり京アニだけはガチ!!...

kanon 〜カノン〜 第11話

[[img(http

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

嫁は2人で

  • by jiro
  • URL
  • 2006/12/17(Sun)21:22
  • Edit
嫁に貰うなら秋子さんかなぁ。・・・いや、真琴だな。
今度は本物のウェディングドレスを着せてあげたい。

両方は反則ですかね。

>舞、栞+香里、名雪、あゆ
あれ?あゆが最後なんですか?なんだかんだいって最後は名雪で締めくくるのかと。

これは楽しみです。

私からもトラックバックさせていただきます。

Re:嫁は2人で

  • by wataru
  • URL
  • 2006/12/17(Sun)21:40
  • Edit
>嫁に貰うなら秋子さんかなぁ
その節は「お義父さま」と呼ばせていただきます。

やはりあゆが最後だと思いますけど。

新着記事・カテゴリ

メニューバーをご利用ください
古いカテゴリーは順に表示されなくなりますので、お手数ですが記事検索をご利用ください

メールで アニメレビューCrossChannel.jp を購読する

ブログ内検索

プロフィール

・管理者:wataru
・好き:V1046-R MAHORO、HMX-12 マルチ、ぽんこつ、黒オーバーニーソ、メイド
・リンクフリーですが、可能であればサイトTOPにリンクお願いします。相互リンクのお誘いは不精者のため辞退させていただいております
・利用状況の管理と広告表示等の目的でCookie及びWeb beaconを利用しています。Cookieの受入はブラウザの設定で選択が可能です
・商品紹介にはAmazonアソシエイトリンク他を利用しています
・当サイト管理者へのご連絡は webmaster★crosschannel.jpまで(★は1バイトのアットマークに置換して下さい)

Shop Link

Copyright ©  -- アニメレビューCrossChannel.jp --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]