忍者ブログ

アニメレビューCrossChannel.jp

アニメのレビュー・感想中心に、アニメ業界の批評もしたり、ゲームレビューしたりしています

   

東京レイヴンズ 第20話「over-cry -花火-」

これまで春虎の覚醒は予感されていたけれど、その引き換えに春虎への想いを北斗に託してきたことへの秘密をようやく打ち明けた夏目の悲劇で幕を閉じる「東京レイヴンズ」の第20話。
春虎が土御門夜光の生まれ変わりであることを隠すため、身代わりとして育てられた夏目にしてみれば二重の悲劇でもあるが、土御門本家にしてみれば想定のうちなのかもしれない。それにしても夜光転生を秘匿しなくてはならない土御門の事情や双角会と陰陽庁など取り巻く状況の整理が足りないのでわかりにくいかもしれない。

tokyo-ravens2001tokyo-ravens2002tokyo-ravens2003tokyo-ravens2004tokyo-ravens2005
tokyo-ravens2006tokyo-ravens2007tokyo-ravens2008tokyo-ravens2009tokyo-ravens2010

北斗を春虎の下へ送り込んだ頃の回想から始まり、薄れゆく意識の中で夢見るように独白する夏目の思いを描いてまとめた構成だが、オープニングとエンディングを省くほど尺不足だったわけではない。特別な回として演出効果を狙ったのだろう。
本編中は花火大会の日、京子との和解を見せた穏やかな日常を土御門本家の仕掛けに気付いた相馬多軌子が鴉羽を用いて春虎を強制覚醒に導く展開。多軌子の式神に対してや暴れる春虎へのアクションシーンはあるものの、どうにも芝居が安っぽい。この辺りはキャラクター内面の心象描写にウェイトを置いても良かったと思う。

tokyo-ravens2011tokyo-ravens2012tokyo-ravens2013tokyo-ravens2014tokyo-ravens2015
tokyo-ravens2016tokyo-ravens2017tokyo-ravens2018tokyo-ravens2019tokyo-ravens2020

中途半端な封印開放をした原因が自分にあったと気づき、不安定な状態で強制的に覚醒した春虎を完全開放したかに見える夏目だったが、このまま死亡で退場か?
この世界は死んでも式神などで蘇るからなあ…
今度は夜光の生まれ変わりとして春虎が夏目の復活を目論んで泰山府君祭を実行して、さらなる厄災を引き起こすというループになるのだろうか。そこまで描くには尺がなさそうだ。早乙女涼を頼れと夏目が言われていたから、彼女が今後のカギを握るのだろう。

東京レイヴンズ 第3巻 (初回限定版) [Blu-ray] 東京レイヴンズ 8 overーcry (富士見ファンタジア文庫 あ 2-5-8) 東京レイヴンズ もふもふひざ掛け 夏目柄

拍手

 RSSリーダーで購読する
PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

新着記事・カテゴリ

メニューバーをご利用ください
古いカテゴリーは順に表示されなくなりますので、お手数ですが記事検索をご利用ください

メールで アニメレビューCrossChannel.jp を購読する

ブログ内検索

プロフィール

・管理者:wataru
・好き:V1046-R MAHORO、HMX-12 マルチ、ぽんこつ、黒オーバーニーソ、メイド
・リンクフリーですが、可能であればサイトTOPにリンクお願いします。相互リンクのお誘いは不精者のため辞退させていただいております
・利用状況の管理と広告表示等の目的でCookie及びWeb beaconを利用しています。Cookieの受入はブラウザの設定で選択が可能です
・商品紹介にはAmazonアソシエイトリンク他を利用しています
・当サイト管理者へのご連絡は webmaster★crosschannel.jpまで(★は1バイトのアットマークに置換して下さい)

Shop Link

Copyright ©  -- アニメレビューCrossChannel.jp --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]