忍者ブログ

アニメレビューCrossChannel.jp

アニメのレビュー・感想中心に、アニメ業界の批評もしたり、ゲームレビューしたりしています

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 RSSリーダーで購読する
PR

中二病でも恋がしたい!戀 第9話「波打際の…究極奥義(リゾート・ラストリゾート)」

主要な登場人物のほとんどが中二病進行中もしくは過去の発症者たちだから、中二ごっこ(あえてこう呼ぶ)も内輪受けの予定調和で退屈してくるところだが、前期のような家庭環境にまつわるシリアスな話になるよりは良いだろう。
前期では歯止めになっていた十花も傍観者の立場になってしまったし、樟葉はもう少し使いようがあると思うのだが活かしきれていない。

拍手


chu-2_2_0901chu-2_2_0902chu-2_2_0903chu-2_2_0904chu-2_2_0905
chu-2_2_0906chu-2_2_0907chu-2_2_0908chu-2_2_0909chu-2_2_0910

今期の新キャラ七宮智音も勇太の中二病感染元であるというだけで、そのポジションを持て余し気味だった。別に海水浴というシチュエーションは必須ではないのだが、今回の水着回では彼女が「魔法魔王少女」という設定に逃げ込んだ代わりに封じていた勇太への気持ちが目をもたげてきた。
勇太との恋人関係を意識するあまり、邪王真眼のパワーを失いかけた六花に対し、勇太との関係の長さをアドバンテージにして七宮のアドバイスが効いた。でもミイラ取りがミイラになったわけではないが、潜伏していた「恋愛」感情を今度は七宮が持て余す事になりそうだ。

chu-2_2_0911chu-2_2_0912chu-2_2_0913chu-2_2_0914chu-2_2_0915
chu-2_2_0916chu-2_2_0917chu-2_2_0918chu-2_2_0919chu-2_2_0920

三角関係のドロドロにはなるまいが、恋愛病を発症し悶々とする七宮の姿というのも楽しみではある。経験豊富そうなビッチに誤解されそうな森夏が参戦すると厄介だが、それはないだろう。彼女の出番は、これからも凸守との抱合せ場面だ。
シリーズ終盤をどうまとめるか気になるが、彼女たちが中二病と恋愛の折り合いをつける、一種の妥協の物語になるのかもしれない。

中二病でも恋がしたい! 戀 (1) [Blu-ray] 中二病でも恋がしたい! マルチクロス
 RSSリーダーで購読する

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

新着記事・カテゴリ

メニューバーをご利用ください
古いカテゴリーは順に表示されなくなりますので、お手数ですが記事検索をご利用ください

メールで アニメレビューCrossChannel.jp を購読する

ブログ内検索

プロフィール

・管理者:wataru
・好き:V1046-R MAHORO、HMX-12 マルチ、ぽんこつ、黒オーバーニーソ、メイド
・リンクフリーですが、可能であればサイトTOPにリンクお願いします。相互リンクのお誘いは不精者のため辞退させていただいております
・利用状況の管理と広告表示等の目的でCookie及びWeb beaconを利用しています。Cookieの受入はブラウザの設定で選択が可能です
・商品紹介にはAmazonアソシエイトリンク他を利用しています
・当サイト管理者へのご連絡は webmaster★crosschannel.jpまで(★は1バイトのアットマークに置換して下さい)

Shop Link

Copyright ©  -- アニメレビューCrossChannel.jp --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]