忍者ブログ

アニメレビューCrossChannel.jp

アニメのレビュー・感想中心に、アニメ業界の批評もしたり、ゲームレビューしたりしています

   

夜明け前より瑠璃色な 第11話「お姫様とその手を重ね」

ようやく11話までたどり着いた。
このアニメ作品で監督が何をしたいのか、おぼろげながらわかってきた。
原作ゲーム「夜明け前より瑠璃色な」の「ワールド」を無視しシナリオとキャラを借用して、宇宙戦争とスペースオペラを描きたかったのだ。
今にして思えば、第1話冒頭の地球と月の戦争のセピア調の回想シーン。
達哉とフィーナの出会いと再会と見守る周囲の人々の想いよりも星間戦争の伏線の方が大事だったんだろう。

さやかの大統領補佐官への設定変更、麻衣も菜月もミアもお当番回も無く、PS2でヒロインの座を勝ち取った翠も賑やかしキャラに過ぎない。リースは意味不明の変な「金髪幼女」でイタリアンズなどは存在すら消された。
萌えキャラ、キャラ萌えを徹底的に排除したフシが見える。

過去の経緯にばかりフォーカスが当たり、その争いのエピソードを強化するキャラだけがスポットを浴びた。それは監督ご自慢のオリジナルキャラたち。
地球大統領、許婚ユルゲン、カメラマン高野と助手。いずれも過去へのこだわりを持つものたち。
それらによって心神耗弱の月国王などという、優柔不断で戦争に突き進むキャラを補強している。

過去にこだわるものたちに対抗し、未来を目指すべき達哉にしても、周囲の努力でやっとここまで来れただけ。
達哉の成長物語と呼ぶには、お粗末な脚本とシナリオ構成。
木に竹を接ぐが如くの浅薄な企画では実が成る事もない。一時の制作のダメさ加減に監督へ同情の余地ありと錯覚したが、今回見てそんな余地なし。
企画も製作委員会も丸投げの動無童夢も深く反省されたい。

今回の制作体制にはバンダイビジュアルの責任は重い。
童夢はサンライズの系列。そのサンライズとバンダイビジュアルはバンダイナムコHD下の兄弟会社。どう考えても童夢救済だろう。
どうも今期はSHAFTといい、サンシャイン・コーポレーションといい、井草方面のスタジオが芳しくない。

最終話で達哉とフィーナの活躍があって月国王の判断を覆し、ユルゲン追放、平和が戻り達哉とフィーナの関係も認められる大団円は見えてしまった。
せいぜい最終話の見どころは、秘密兵器を隠しているらしいユルゲンの抵抗と道化、そしてむやみに力が入っている戦闘シーン。ガンダム風ロボットでも出てきたら拍手。
もし大団円オチでなく、夢オチなら暴れ、他の気の利いたオチなら誉めてあげよう。
夜明け前より瑠璃色な -Brighter than dawning blue-(初回限定版) 特典 「瑠璃色イラスト ミニポスター」+「瑠璃色セレクテッドBGM(マキシCD)」付き
夜明け前より瑠璃色な フィーナ ビックタオル
by AffiliSearch

拍手

 RSSリーダーで購読する
PR

TRACKBACK

Trackback URL:

夜明け前より瑠璃色な Crescent Love 第11話

カレンと達哉がスフィア王国に乗り込む話。でもそれによって地球と月は一触即発、いくらなんでもユルゲンの意見が通りすぎです。もう少しライオネス国王にはしっかりしてもらいたいですよ。達哉はカレンの専用戦闘機に乗ってスフィア王国領内に侵入。一応宇宙空間....

夜明け前より瑠璃色な【第11話】

腐った人間と幼い人間しか登場しないし、応援するキャラも居ないためストレスだけが溜まっていく、反癒し系アニメけよりな。

夜明け前より瑠璃色な 第11話

$FILE1[関連リンク]http

夜明け前より瑠璃色な Crescent Love 第11話 お姫様とその手をかさね

さーて、次回がいよいよラストということで 盛り上がってまいりま・・・・・もうだめかもわからんね。・゚・(ノ∀`)・゚・。 いや、今回はそれなりにまともだったと思うよ、うん。 それにしてもここまでラストが待ち遠しくない作品もめずらしい。

夜明け前より瑠璃色な -Crescent Love- 第11話 「お姫様とその手をかさね」

宇宙戦争勃発。作画は今までの中ではましな方

夜明け前より瑠璃色な 第11話「お姫様とその手をかさね」

夜明け前より瑠璃色な 第11話お姫様とその手をかさね 二人で一人の達哉とフィーナ。ようやく合流することができます。

夜明け前より瑠璃色な Crescent Love 第11話 「お姫様とその手をかさね」

使いどころが分からず適当に出されてる翠。不憫でならないんですが…

アニメ「夜明け前より瑠璃色な -Crescent Love-」第11話 感想。

第11話「お姫様とその手をかさね」奏光のストレインによって荒んだ心を、更に荒ませてくれる素敵なアニメ。夜明けな。次回で最終回なのに、あんまり盛り上がってないなぁ……。今回は荒みきっているので手短に。達哉とカレンは警告も無視して、月に強行突入。ドッグを破壊し

(アニメ感想) 夜明け前より瑠璃色な -Crescent Love- 第11話 「お姫様とその手をかさね」

夜明け前より瑠璃色な Crescent Love VOL.1カレンと共に月へとやってきた達哉。「地球からの月はどこか懐かしく優しく見えたのに・・・近くで見る月はなんだか冷たい・・・」、憧れの月への感想をそうもらす達哉。それを聞いたカレンはフィーナも、以前同じようなことを....

夜明け前より瑠璃色な Crescent Love 。。。。 第11話 お姫様とその手を重ね 。。。。 大団円を目指して 盛り上げるつもりなんだろうけど・・・・

国力差も 技術力も さほど大差ない 大国が 武力衝突すれば 結果は 目に見えているだろうに。大国間の戦争で 限定戦争など 存在しない。一方が破れ 一方が勝利するなど 有り得ない。なれど 自軍の軍事力を過信している愚か者には これくらいのパワーバランスの判断も ....

夜明け前より瑠璃色な Crescent Love 第11話「お姫様とその手をかさね」感想

ライオネス国王が凄まじいくらいの無能に成り下がっているのがダメだ。平民出身だからといって政治的能力がないというのはただの先入観だよ。もう政治が何というのを全く理解しないで作っているのは明らか。100歩譲って

カレンさんブルース・○ーのファンですか?

「夜明け前より瑠璃色な Crescent Love」の第11話を見ました。<感想>このアニメはいつからギャグアニメになったのでしょうか。やはりキャベツ以降?今回のカレンさんの某クソ作画を提供しやがる国の映画のように意味不明のカンフーアクションの演出。マジ....

愛に○○は関係ない。

○おとぎ銃士赤ずきん 第25話 ○夜明け前より瑠璃色な -Crescent Love- 〈 stay night-11 

夜明け前より瑠璃色な -Crescent Love- 第11話 「お姫様とその手をかさね」

「地球からの月はどこか懐かしく優しく見えたのに、 近くで見る月はなんだか冷たい――」それが達哉が、初めておりた月の印象。月と地球の戦いの危機を前に、達哉はフィーナは――。けよりな、クライマックス(?)

夜明け前より瑠璃色な Crescent Love 第11話 「お姫様とその手を重ね」

夜明け前より瑠璃色な Crescent Love 第11話 「お姫様とその手を重ね」今週のキャベツ反地球派の勢いに乗り、国王を傀儡のように扱い、実権を握ろうと大活躍するユルゲンwそこに痺れる憧れるぅ!

夜明け前より瑠璃色な Crescent Love 第11話 「お姫様とその手をかさね」

第11話 「お姫様とその手をかさね」達哉とカレンが月へ。しかしユルゲンが達哉たちの入国を防ごうと、攻撃を仕掛けてきます。ってかどう見てもユルゲン権力ありすぎでしょう(笑) ライオネスもなんであそこまでユル

夜明け前より瑠璃色な 第11話「お姫様とその手をかさね」

博士「この作品の意義って何じゃろ?」 助手「私に聞かれても・・・」

夜明け前より瑠璃色な 第11話「お姫様とその手を重ね」

 達哉とともに戦闘機で月へと戻るカレン。ミアが管制システムをいじってゲートを開ける。

夜明け前より瑠璃色な −Crecent Love − 「お姫様とその手を重ね」

達哉を月に連れて行ったカレン。月に言った時点で即座に打ち落とされなかったのはカレンの功績のお陰でしょうか。

夜明け前より瑠璃色な Crescent Love 第11話「お姫様とその手を重ね」

夜明け前より瑠璃色な Crescent Love 第11話「お姫様とその手を重ね」最後になっても盛り上がらないのは何故?

夜明け前より瑠璃色な-Crescent Love- 第11話「お姫様とその手を重ね」

今回、一番大活躍だったのは、フィーナお付きのメイド・ミアちゃんです。ユルゲンに良いように言われ、何も口にする事が出来ないフィーナ。そこで、ミアちゃんの厳しい言葉が・・・・・「いい加減になさいませ、

夜明け前より瑠璃色な 第11話「お姫様とその手を重ね」

夜明け前より瑠璃色な 第11話「お姫様とその手を重ね」見ましたー月に強行進入するカレンと達哉。ドックを開けるミア。地球と関係を悪くしょうとするユルゲン。国境(?)付近に宇宙艦隊を設置。対する地球も合わせて、宇宙艦隊を設置。ミアの叫び。高野さんの協力で軟禁状

夜明け前より瑠璃色な 第11話・「お姫様とその手を重ね」を見て寸評

 …おかしいなあ、俺の感情がどうかしてしまったんだろうか。いや、何故ってね。ちょとだけ面白く感じて来ちゃったんだよね… いや、相変わらずダメダメなんだよ?戦闘機一機始末できない防空体制とか、一回の高校生にやられてしまう王宮の警備員とか、発言が周りにメチャ

夜明け前より瑠璃色な 第11話 「お姫様とその手を重ね」

さて、いつの間にやら私的に今期屈指の視聴パワーを喰らう番組となってしまったけよりな。けっこう時間と、なにより精力をかけて観ています。キン肉マンの超人強度に例える

■夜明け前より瑠璃色な -Crescent Love- 第11話「お姫様とその手を重ね」

 今回もなかなか楽しかったよ。  達哉とフィーナの再会っていう点では、物足りなかったですけどね。  二人の本領発揮は、次回かしら。  あの緊迫した状況をひっくり

夜明け前より瑠璃色な -Crescent Love-/11話 お姫様とその手をかさね

3話を始めとして、ここまで酷い出来だったこのアニメですので、どんな展開を向かえようとも、何を今更!って思うのは私だけですか?

夜明け前より瑠璃色な・第11話

「お姫様とその手を重ね」 カレンと共に月へ向かう達哉。フィーナを迎えるため。二人

夜明け前より瑠璃色な

「お姫様とその手を重ね」  怒涛の展開です!ついに月対地球の争いになってしまいました、どう考えても悪人は「ユルゲン」です、彼は失敗した時のことを考えて行動しているのでしょうか?ヘタしたらお家断絶です

夜明け前より瑠璃色な Crescent Love 第11話「お姫様とその手を重ね」

カレンと達哉は月に到着する。王様はカレンの謁見を許可しようとするが、ユルゲンはカレンと達哉の船めがけ迎撃ミサイルを発射する。しかしカレンはニュータイプばりにミサイルをかわしまくるなぁ(笑)うー

夜明け前より瑠璃色な 第11話 お姫様とその手をかさね

朝霧 達也地球からの月は、どこか懐かしく、優しく見えたのに、近くで見る月はなんだかとても冷たい。フィーナ・ファム・アーシュライト達也と二人で父様に会

夜明け前より瑠璃色な

  • 2006/12/20(Wed)
  • from Game
ゲーム、アニメ、ライトノベル、コミックなどのデータベースです。*注 ネタバレに関する情報も含まれています

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

無題

  • by あずれ
  • 2006/12/15(Fri)15:56
  • Edit
> 宇宙戦争とスペースオペラを描きたかったのだ。

宇宙戦艦ヤマトと星界シリーズにあこがれて、でしょうかね?

最終話が終わった後にネタニメとして、じっくり(?)視聴するのが吉でしょうか。。。

OP曲「悪くなかった」だけに、企画倒れ、でしょうかね。。。(かつ作画方面は「デスマーチ」・プロジェクト化?)

再アニメ化に期待、でしょうかね。。。

無題

  • by wataru
  • URL
  • 2006/12/15(Fri)17:42
  • Edit
あずれ様

まあ、あと1話ですから頑張りましょう。
後番の「まほろまてぃっく」が楽しみなのはなぜでしょうか・・・再放送だというのに。

奇跡的にミアの出番がありましたが、最終回で「実はミアが本当の月の王女」なんて超展開だと面白いんですけど。

無題

  • by jiro
  • URL
  • 2006/12/16(Sat)10:15
  • Edit
wataru様どうもです!

>過去の経緯にばかりフォーカス
個人的にこれすらも出来てない気がしてます。結局何故月に移住せねばならなかったか、いがみ合う根源は何かもいまいちはっきりしませんし。ってもしかしてどっかでありましたっけ?記憶に残ったのがキャベツくらいでして。

>ガンダム風ロボット
アランスミシーがもう1回出そうですね。

私からもトラックバックさせていただきます。

無題

  • by wataru
  • URL
  • 2006/12/16(Sat)10:52
  • Edit
こんにちは、jiro様。

>もしかしてどっかでありましたっけ?

伏線など何も張ってありませんね。9話以降に唐突にフィアッカが介入して以降、ユルゲンの野望とともに過去の地球と月の遺恨ばかり取り上げているだけです。

ここまできたら最終回は好き勝手にやってくれと言いたい所です。

無題

  • by wataru
  • URL
  • 2006/12/17(Sun)10:09
  • Edit
あずれ様、もう最終回は何でもありで良いかと。
フィーナとユルゲン結婚、実は月姫のミアと達哉エンドとか。

「まほろまてぃっく」は初回放送は見ていませんが、AT-X再放送とDVDは見ています。コミックスは初回装丁版は揃っています。
私のプロフィール欄でお分かりと思いますが、まほろさんは理想の姉でもあり母でもあり嫁でもあります。

再放送時に改めて感想を書くと思いますので、お暇ありましたらお付き合いください。

新着記事・カテゴリ

メニューバーをご利用ください
古いカテゴリーは順に表示されなくなりますので、お手数ですが記事検索をご利用ください

メールで アニメレビューCrossChannel.jp を購読する

ブログ内検索

プロフィール

・管理者:wataru
・好き:V1046-R MAHORO、HMX-12 マルチ、ぽんこつ、黒オーバーニーソ、メイド
・リンクフリーですが、可能であればサイトTOPにリンクお願いします。相互リンクのお誘いは不精者のため辞退させていただいております
・利用状況の管理と広告表示等の目的でCookie及びWeb beaconを利用しています。Cookieの受入はブラウザの設定で選択が可能です
・商品紹介にはAmazonアソシエイトリンク他を利用しています
・当サイト管理者へのご連絡は webmaster★crosschannel.jpまで(★は1バイトのアットマークに置換して下さい)

Shop Link

Copyright ©  -- アニメレビューCrossChannel.jp --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]