忍者ブログ

アニメレビューCrossChannel.jp

アニメのレビュー・感想中心に、アニメ業界の批評もしたり、ゲームレビューしたりしています

   

東京レイヴンズ 第24話「to The DarkSky -魂呼(たまよばい)-」(最終話)

「東京レイヴンズ」2クールの最終話。
田舎の退屈な高校生の土御門春虎、実は天才陰陽師土御門夜光の生まれ変わり。それを隠すために一門は夏目を身代わりに仕立て上げ、夜光の復活に注目する者たちからカムフラージュしてきた。そんな春虎と夏目を中心にした田舎編から学園編は、春虎が実力者たちに翻弄される中で自我に目覚めるとともに封印を破る物語。
未熟な主人公がもどかしい場面ばかりだったが、真の主人公であろう夜光の物語の序章としては妥当な構成だった。逆の言い方をすると、第2期がないままでは視聴者は宙ぶらりんな状態で2クールを終えたとも言える。

tokyo-ravens2401tokyo-ravens2402tokyo-ravens2403tokyo-ravens2404tokyo-ravens2405
tokyo-ravens2406tokyo-ravens2407tokyo-ravens2408tokyo-ravens2409tokyo-ravens2410

アバンの座敷牢のケモノ耳少女は、まだ人間だった頃のコンだろう。夜光に助け出された後に夜光の式神となり、後に霊的存在として夜光の生まれ変わりである春虎に仕えていた形だ。もちろん春虎はそれを知らないし、コンも今回の春虎のピンチで自ら封印を破り「飛車丸」としてのかつての姿を現すことになった。角行鬼も合流して新たな戦いに踏み出すエンドだが、残された者たちのドラマもまだまだ続きそうだ。

tokyo-ravens2411tokyo-ravens2412tokyo-ravens2413tokyo-ravens2414tokyo-ravens2415
tokyo-ravens2416tokyo-ravens2417tokyo-ravens2418tokyo-ravens2419tokyo-ravens2420

泰山府君祭で夏目は蘇ったが、その儀式については深く触れておらず、夏目も元の夏目なのか後遺症はないのか、このあたりは後日譚に譲ることになるのだろう。夏目復活を果たした後の春虎の目的もはっきりとはしない。今のところは陰陽庁に反逆者として追われることになるのだろう。
大友は蘆屋道満を式神として今後も大暴れそうだし、鈴鹿や京子たちも別の形で春虎を支えることになるのだろう。早乙女涼も夜光研究の第一人者として春虎に付きまとうのだろうけれども、コンが幼女でなくなったことはロリ先輩には痛恨の極みだ。
第2期を期待したいところだが、原作販促を中心に考える角川としては難しいかな。ラノベ原作にしては大人が大人としての役割を果たして主人公たちに向き合っていたのは好感できた。

東京レイヴンズ 第4巻 (初回限定版) [Blu-ray]東京レイヴンズ 9 to The DarkSky (富士見ファンタジア文庫 あ 2-5-9) 東京レイヴンズ もふもふひざ掛け 夏目柄

拍手

 RSSリーダーで購読する
PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

新着記事・カテゴリ

メニューバーをご利用ください
古いカテゴリーは順に表示されなくなりますので、お手数ですが記事検索をご利用ください

メールで アニメレビューCrossChannel.jp を購読する

ブログ内検索

プロフィール

・管理者:wataru
・好き:V1046-R MAHORO、HMX-12 マルチ、ぽんこつ、黒オーバーニーソ、メイド
・リンクフリーですが、可能であればサイトTOPにリンクお願いします。相互リンクのお誘いは不精者のため辞退させていただいております
・利用状況の管理と広告表示等の目的でCookie及びWeb beaconを利用しています。Cookieの受入はブラウザの設定で選択が可能です
・商品紹介にはAmazonアソシエイトリンク他を利用しています
・当サイト管理者へのご連絡は webmaster★crosschannel.jpまで(★は1バイトのアットマークに置換して下さい)

Shop Link

Copyright ©  -- アニメレビューCrossChannel.jp --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]