忍者ブログ

アニメレビューCrossChannel.jp

アニメのレビュー・感想中心に、アニメ業界の批評もしたり、ゲームレビューしたりしています

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 RSSリーダーで購読する
PR

中二病でも恋がしたい!戀 第12話「黄昏の…上級契約(ハイヤーエンゲージ)」(最終話)

テレビシリーズ第2期は中二病患者たちの敵は家族だったり周囲の無理解だったりすることはなく、己に萌芽したリアルな恋愛への自我との戦い。そう言っても簡単にリア充物語になっては作品コンセプトの崩壊になるから、中二臭さはサブヒロインに背負わせて主人公の勇太とメインヒロインの六花のもどかしい恋愛ごっこに付きあわせている構図だ。

拍手


chu-2_2_1201chu-2_2_1202chu-2_2_1203chu-2_2_1204chu-2_2_1205
chu-2_2_1206chu-2_2_1207chu-2_2_1208chu-2_2_1209chu-2_2_1210

「上級契約」と聞いてセックスを想像して混乱する森夏も凸守も相当なウブさだが、それをキスだと言う六花も高校生らしからぬ。ヒロインの処女性は大事だとしても、あまりに中二病のままでリアルさに欠ける点はコンセプトに沿っているといえば言えるが…
そんな彼女たちの妄想まみれのAパートに無理やり銭湯シーンをねじ込んでサービス提供しているが、それほど嬉しいシチュエーションでもない。まして第1期で妙なフラグ立てを計った一色とくみんのカップリングを避けるためか、ホモを登場させて一色を生贄に捧げたのも微妙な出来。
原作があってないようなアニメだから、シナリオ打ちでサブキャラの扱いをもう少し練り込んでいないとならないと思うが、不足気味だ。

chu-2_2_1211chu-2_2_1212chu-2_2_1213chu-2_2_1214chu-2_2_1215
chu-2_2_1216chu-2_2_1217chu-2_2_1218chu-2_2_1219chu-2_2_1220

生贄という点では勇太と先に知り合っていた七宮の登場もそうだが、彼女の想いを六花に預けた形で最後まで報われないままで終えた印象だ。
深い内容を求める作品でもないが、第1期で家庭問題を持ち込んでシリアスになった結果の反省かしらないが、お手軽な群像劇という印象に終えてしまった感が否めない。

中二病でも恋がしたい! 戀 (2) [Blu-ray] TVアニメ 中二病でも恋がしたい!戀 キャラクターソングミニアルバム中二病でも恋がしたい!戀 A3クリアポスターB
 RSSリーダーで購読する

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

新着記事・カテゴリ

メニューバーをご利用ください
古いカテゴリーは順に表示されなくなりますので、お手数ですが記事検索をご利用ください

メールで アニメレビューCrossChannel.jp を購読する

ブログ内検索

プロフィール

・管理者:wataru
・好き:V1046-R MAHORO、HMX-12 マルチ、ぽんこつ、黒オーバーニーソ、メイド
・リンクフリーですが、可能であればサイトTOPにリンクお願いします。相互リンクのお誘いは不精者のため辞退させていただいております
・利用状況の管理と広告表示等の目的でCookie及びWeb beaconを利用しています。Cookieの受入はブラウザの設定で選択が可能です
・商品紹介にはAmazonアソシエイトリンク他を利用しています
・当サイト管理者へのご連絡は webmaster★crosschannel.jpまで(★は1バイトのアットマークに置換して下さい)

Shop Link

Copyright ©  -- アニメレビューCrossChannel.jp --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]