忍者ブログ

アニメレビューCrossChannel.jp

アニメのレビュー・感想中心に、アニメ業界の批評もしたり、ゲームレビューしたりしています

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 RSSリーダーで購読する
PR

悪魔のリドル 第2話「胸の中にいるのは?」

暗殺ゲームに参加するために「黒組」に集まった12人と1人。
ターゲット探しに時間を費やすのかと思われたが、そんな謎解きやトリックには目もくれない。
クラスメイト全員揃ってからの消去法のようでもあるし、晴の出席番号が例外でもあること、そしゲームの監視役である鳰がルール説明をしているから主人公・東兎角の同室の一ノ瀬晴が対象者であることが判明。

拍手


akuma-riddle0201akuma-riddle0202akuma-riddle0203akuma-riddle0204akuma-riddle0205
akuma-riddle0206akuma-riddle0207akuma-riddle0208akuma-riddle0209akuma-riddle0210

様々な個性を持つ暗殺者たちだが、ルールの範囲内で手段は選ばないことに変わりは無さそうで、兎角がいない隙に早速伊介が晴を殺害にかかる。紅茶に薬を入れて昏倒させてからバスで溺死を装うという周りくどい手口だが、意識のない晴を全裸にする途中で兎角に止められた。一気に絞殺でも良さそうなものだが、伊介のポリシーなのかそれとも視聴者サービスなのか?

akuma-riddle0211akuma-riddle0212akuma-riddle0213akuma-riddle0214akuma-riddle0215
akuma-riddle0216akuma-riddle0217akuma-riddle0218akuma-riddle0219akuma-riddle0220

自分がターゲットと知っていても笑顔を絶やさず前向きな晴だが、全身の傷が語る通りこれまでも殺されかけてきた凄絶な過去に向き合っている。登場キャラクターの中で唯一彼女が天使のようでもあるのだが、ミッションを放棄して他の11人からその天使を守ると決意した「殺人処女」の兎角だが、刺客同士が殺しあうのはルールの範囲内だったかな?
たとえ自分の身を守りつつ11人を倒したとしても不幸な結末しか待っていないような気がするのだが…
何らかのスイッチが入った晴がラスボスになったり、実は兎角が真のターゲットだったりする絶望の結末が楽しみで仕方ない。

【Amazon.co.jp限定】悪魔のリドル Vol.1 [Blu-ray] 創傷イノセンス (通常盤)(CD ONLY)TVアニメ「悪魔のリドル」キャラクターエンディングテーマ集 黒組曲・序
 RSSリーダーで購読する

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

新着記事・カテゴリ

メニューバーをご利用ください
古いカテゴリーは順に表示されなくなりますので、お手数ですが記事検索をご利用ください

メールで アニメレビューCrossChannel.jp を購読する

ブログ内検索

プロフィール

・管理者:wataru
・好き:V1046-R MAHORO、HMX-12 マルチ、ぽんこつ、黒オーバーニーソ、メイド
・リンクフリーですが、可能であればサイトTOPにリンクお願いします。相互リンクのお誘いは不精者のため辞退させていただいております
・利用状況の管理と広告表示等の目的でCookie及びWeb beaconを利用しています。Cookieの受入はブラウザの設定で選択が可能です
・商品紹介にはAmazonアソシエイトリンク他を利用しています
・当サイト管理者へのご連絡は webmaster★crosschannel.jpまで(★は1バイトのアットマークに置換して下さい)

Shop Link

Copyright ©  -- アニメレビューCrossChannel.jp --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]