忍者ブログ

アニメレビューCrossChannel.jp

アニメのレビュー・感想中心に、アニメ業界の批評もしたり、ゲームレビューしたりしています

   

悪魔のリドル 第5話「籠の鳥を外に出すには?」

順繰りに予告票を提出したプレーヤーがターゲットを始末できるかを競う暗殺ゲーム。
暗殺対象の晴ひとりが相手ならばこのゲームの構図は今とは大きく変わっったのだろうが、兎角という守護者の登場でプレイは少々複雑になったというところか。

akuma-riddle0501akuma-riddle0502akuma-riddle0503akuma-riddle0504akuma-riddle0505
akuma-riddle0506akuma-riddle0507akuma-riddle0508akuma-riddle0509akuma-riddle0510

暗殺者たちが手を組んで一斉に襲撃すればコンプになりそうなものだが、一人づつ順番に参戦しないとならないのは暗黙のルールなのだろうか。もし兎角がいない中で、このゲームのターゲットの晴が、その笑顔の裏にある素を見せて命がけで戦う所も見てみたい気もする。
原作の進行具合は分からないが、一人づつ減っていったあとに残るのは、裁定者として鳰は別としても晴と兎角だろう。妙に恋愛感情などを窺わせる兎角が最後にどのように晴に向き合うのか気になるところでもある。最後に残った一人こそ、このゲームの、また晴にとっての真のターゲット何じゃないだろうか。

akuma-riddle0511akuma-riddle0512akuma-riddle0513akuma-riddle0514akuma-riddle0515
akuma-riddle0516akuma-riddle0517akuma-riddle0518akuma-riddle0519akuma-riddle0520

今回の暗殺者である春紀は比較的マトモなキャラだろうか。家庭を貧困から抜け出すための賞金稼ぎの側面があり、殺すことそれ自体が好きだという心理ではなさそう。家族の絆の強さを知っているがゆえに晴や兎角を観察し心理も読んでいるのだが、それを有利に活かす戦いとはならずに戦いに隙ができているようだ。
敗れた暗殺者も、兎角が殺人バージンだということもあって殺されるまでには至らず、怪我や事故で転校イコール落伍して去ってゆくパターンだ。

悪魔のリドル Vol.1 (初回特典:トーク&ライブイベント昼の部チケット先行購入申込券) [Blu-ray] 創傷イノセンス (通常盤)(CD ONLY)悪魔のリドル 2 (角川コミックス・エース 449-2)

拍手

 RSSリーダーで購読する
PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

新着記事・カテゴリ

メニューバーをご利用ください
古いカテゴリーは順に表示されなくなりますので、お手数ですが記事検索をご利用ください

メールで アニメレビューCrossChannel.jp を購読する

ブログ内検索

プロフィール

・管理者:wataru
・好き:V1046-R MAHORO、HMX-12 マルチ、ぽんこつ、黒オーバーニーソ、メイド
・リンクフリーですが、可能であればサイトTOPにリンクお願いします。相互リンクのお誘いは不精者のため辞退させていただいております
・利用状況の管理と広告表示等の目的でCookie及びWeb beaconを利用しています。Cookieの受入はブラウザの設定で選択が可能です
・商品紹介にはAmazonアソシエイトリンク他を利用しています
・当サイト管理者へのご連絡は webmaster★crosschannel.jpまで(★は1バイトのアットマークに置換して下さい)

Shop Link

Copyright ©  -- アニメレビューCrossChannel.jp --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]