忍者ブログ

アニメレビューCrossChannel.jp

アニメのレビュー・感想中心に、アニメ業界の批評もしたり、ゲームレビューしたりしています

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 RSSリーダーで購読する
PR

悪魔のリドル 第6話「綺麗な花には□□がある」

黒組の文化祭の演し物「ロミオとジュリエット」に従って暗殺者の同士討ちの結末を見せたのは見事な演出だった「悪魔のリドル」の第6話。
それにしても本来この舞台を演出する剣持しえなだが、暗殺計画を妨害され予告票も出し損ねた末に本番前に退場という哀れな役割を演じた。だが彼女はどうやって晴を殺害するつもりだったのかは分からない。
今回は晴がひどい目に遭わなかったのがホッとする要素ではあったが、その反面エロスが足りない。たまにはこんな悲恋の話数があっても良いだろう。

拍手


akuma-riddle0601akuma-riddle0602akuma-riddle0603akuma-riddle0604akuma-riddle0605
akuma-riddle0606akuma-riddle0607akuma-riddle0608akuma-riddle0609akuma-riddle0610

同室の生田目千足と桐ヶ谷柩。芝居ではロミオとジュリエットそれぞれに配役された二人だが、千足が探す暗殺者「エンゼルトランペット」は柩だったという真実。これまで晴の殺害にさほど執着していなかった理由はその辺りにあるのだろう。千足の成功報酬は明確でなかったが、柩の成功報酬は千足と過ごすこと。図らずもお互いの目的を果たして舞台の幕を下ろした。
描写から想像すると二人とも死亡したのだろうが、殺伐としたこのゲームの中では悲恋を演じる役割だった。どこか遠い世界で二人で生きている物語があっても良いのに。

akuma-riddle0611akuma-riddle0612akuma-riddle0613akuma-riddle0614akuma-riddle0615
akuma-riddle0616akuma-riddle0617akuma-riddle0618akuma-riddle0619akuma-riddle0620

今回は兎角が中心に防戦したわけではない中で暗殺者同士が話を展開した形だが、これまでに予告した暗殺者たちは必ずしも有能というわけではなかった。組織の落ちこぼれや家庭所事情で仕方なくといった者ばかり。手強い暗殺者が残ることになるのだろう。
続々と落伍者が出てくるが、最後に敗者復活ゲームなどは用意されていないのだろうか。

悪魔のリドル Vol.1 (初回特典:トーク&ライブイベント昼の部チケット先行購入申込券) [Blu-ray] TVアニメ「悪魔のリドル」キャラクターエンディングテーマ集 黒組曲・破悪魔のリドル 2 (角川コミックス・エース 449-2)
 RSSリーダーで購読する

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

新着記事・カテゴリ

メニューバーをご利用ください
古いカテゴリーは順に表示されなくなりますので、お手数ですが記事検索をご利用ください

メールで アニメレビューCrossChannel.jp を購読する

ブログ内検索

プロフィール

・管理者:wataru
・好き:V1046-R MAHORO、HMX-12 マルチ、ぽんこつ、黒オーバーニーソ、メイド
・リンクフリーですが、可能であればサイトTOPにリンクお願いします。相互リンクのお誘いは不精者のため辞退させていただいております
・利用状況の管理と広告表示等の目的でCookie及びWeb beaconを利用しています。Cookieの受入はブラウザの設定で選択が可能です
・商品紹介にはAmazonアソシエイトリンク他を利用しています
・当サイト管理者へのご連絡は webmaster★crosschannel.jpまで(★は1バイトのアットマークに置換して下さい)

Shop Link

Copyright ©  -- アニメレビューCrossChannel.jp --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]