忍者ブログ

アニメレビューCrossChannel.jp

アニメのレビュー・感想中心に、アニメ業界の批評もしたり、ゲームレビューしたりしています

   

極黒のブリュンヒルデ 第7話「希望のかけら」

絶望と僅かな希望を繰り返し、多様な表情を見せる魔法使いの少女たち。
巻き込まれた形ながらも幼なじみのクロネコの面影を追って彼女たちに寄り添う良太は最近ではマトモな部類の主人公に思える。
鎮死剤の複製の可能性の希望に対して、ストックの尽きる期限での完成は難しいという絶望。その絶望から一時の秋葉原デートという「普通」の少女ならばありふれた日常の中での安らぎ。そこからナビゲーションの地図が示す次の出来事への不安と期待という短い尺の中にテンポよく詰め込んできた「極黒のブリュンヒルデ」は第7話。

gokukoku0701gokukoku0702gokukoku0703gokukoku0704gokukoku0705
gokukoku0706gokukoku0707gokukoku0708gokukoku0709gokukoku0710

カズミがエロイことに積極的なのは現実を知らない夢見がちな処女だからでもあるが、明日とも分からぬ限られた寿命で燃え尽きる事を前提の日常がそうさせるのだろうか。秋葉原での定番のデートコースも彼女への最後のプレゼントであるような不安がつきまとう。
童貞を連呼する魔法処女カズミだが、あと十数年童貞を守れば良太も魔法使いになれるくらいの切り返しを見せて欲しかったが、彼女たちの運命を思うと軽く扱えない。

gokukoku0711gokukoku0712gokukoku0713gokukoku0714gokukoku0715
gokukoku0716gokukoku0717gokukoku0718gokukoku0719gokukoku0720

良太にはドキドキするのに他の男には何も感じない寧子がそんなカズミと良太に複雑そうな表情を見せるのだが、もし最後に生き残るのが寧子とカズミならば寝取り寝取られの魔法少女戦争になりかねない不安さも。
デート回として良好な構成だったが、GPSが示す場所には新たな事件が待っていそうだ。端末を使ってネットワークに介入できそうなカズミが一緒ならば新たな手がかりを得られそうな気もする。
Sクラスのヴァルキュリアが魔女狩りに投入されそうだが、捕獲すべき1107番の個体とは小鳥だろうか。へっぽこ魔法使いに見える小鳥がなにか重要な鍵を握っているのかもしれない。

gokukoku0721「極黒のブリュンヒルデ」Blu-ray BOX I 極黒のブリュンヒルデ 4 (ヤングジャンプコミックス)

拍手

 RSSリーダーで購読する
PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

新着記事・カテゴリ

メニューバーをご利用ください
古いカテゴリーは順に表示されなくなりますので、お手数ですが記事検索をご利用ください

メールで アニメレビューCrossChannel.jp を購読する

ブログ内検索

プロフィール

・管理者:wataru
・好き:V1046-R MAHORO、HMX-12 マルチ、ぽんこつ、黒オーバーニーソ、メイド
・リンクフリーですが、可能であればサイトTOPにリンクお願いします。相互リンクのお誘いは不精者のため辞退させていただいております
・利用状況の管理と広告表示等の目的でCookie及びWeb beaconを利用しています。Cookieの受入はブラウザの設定で選択が可能です
・商品紹介にはAmazonアソシエイトリンク他を利用しています
・当サイト管理者へのご連絡は webmaster★crosschannel.jpまで(★は1バイトのアットマークに置換して下さい)

Shop Link

Copyright ©  -- アニメレビューCrossChannel.jp --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]