忍者ブログ

アニメレビューCrossChannel.jp

アニメのレビュー・感想中心に、アニメ業界の批評もしたり、ゲームレビューしたりしています

   

デート・ア・ライブII 第7話「破軍歌姫」

確か全10話の2クール目だと思ったので残すところは3話。
流石に新精霊は打ち止めだと思うが、変なところで性格破綻者の精霊の誘宵美九に手こずる「デート・ア・ライブII」の第7話。

date-a-live2_0701date-a-live2_0702date-a-live2_0703date-a-live2_0704date-a-live2_0705
date-a-live2_0706date-a-live2_0707date-a-live2_0708date-a-live2_0709date-a-live2_0710

美九の歌声により操られているのがモブだけならまだしも、士道の精霊たちも無効化されて美九のガード側に。活躍の場がないよしのん、今期は口うるさいだけでデレてくれない義妹まで洗脳されてしまって役立たずに。
本編のバックで折紙をDEM勢と一人で戦わせていたのも腑に落ちない構成だが、それでも思い出したように復活した崇宮真那がマシな戦いをしてくれればよいのだが、また狂三を追うのだろう。

date-a-live2_0711date-a-live2_0712date-a-live2_0713date-a-live2_0714date-a-live2_0715
date-a-live2_0716date-a-live2_0717date-a-live2_0718date-a-live2_0719date-a-live2_0720

その狂三だが、これまでの経緯は監視していたから事情は了解済。士道の頼みに敵とはいえ協力する形になったが、伏線がなく彼女の心境がわかりにくい。貸しを作って高く返済させるつもりなのかもしれないが、美九に対抗できるメインヒロインとして役に立つ精霊だ。
洗脳を免れた十香は混乱の隙にDEMに拉致されてしまった中の両面作戦は避けて、まずは美九を攻略という狂三のクールな選択。「宵街月乃」の芸名はかつての美九のようだが、アイドル時代のトラウマ解消が攻略のキーだろう。

デート・ア・ライブII第1巻(初回限定生産版) [Blu-ray] デート・ア・ライブ もぎゅっとクッション 美九・耶倶矢・夕弦デート・ア・ライブ 夜刀神 十香 クッションカバー

拍手

 RSSリーダーで購読する
PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

新着記事・カテゴリ

メニューバーをご利用ください
古いカテゴリーは順に表示されなくなりますので、お手数ですが記事検索をご利用ください

メールで アニメレビューCrossChannel.jp を購読する

ブログ内検索

プロフィール

・管理者:wataru
・好き:V1046-R MAHORO、HMX-12 マルチ、ぽんこつ、黒オーバーニーソ、メイド
・リンクフリーですが、可能であればサイトTOPにリンクお願いします。相互リンクのお誘いは不精者のため辞退させていただいております
・利用状況の管理と広告表示等の目的でCookie及びWeb beaconを利用しています。Cookieの受入はブラウザの設定で選択が可能です
・商品紹介にはAmazonアソシエイトリンク他を利用しています
・当サイト管理者へのご連絡は webmaster★crosschannel.jpまで(★は1バイトのアットマークに置換して下さい)

Shop Link

Copyright ©  -- アニメレビューCrossChannel.jp --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]