忍者ブログ

アニメレビューCrossChannel.jp

アニメのレビュー・感想中心に、アニメ業界の批評もしたり、ゲームレビューしたりしています

   

極黒のブリュンヒルデ 第8話「残された手がかり」

謎の端末に残された地図を手がかりに研究所や鎮死剤の場所を探ろうとする主人公だが、予想通り端末の位置情報はどこかでキャッチされていたようだ。秋葉原に入れ違いに現れた二人組は研究所の追手か「ヴァルキュリア」と呼ばれる魔女なのか、終盤への伏線となりそうだ。伏線といえば主人公が託した鎮死剤の解析は1ヶ月過ぎてもダメだったが、宇宙人の卵については何らかの進展があった模様。
鎮死剤が切れてしまうと代替の設定を持ち出さない限り物語的にはエンドになってしまうし、追手の魔女たちが強すぎても同様。この辺りは良い塩梅に流れを切らずに新展開を繰り出す必要がありそうだ。

gokukoku0801gokukoku0802gokukoku0803gokukoku0804gokukoku0805
gokukoku0806gokukoku0807gokukoku0808gokukoku0809gokukoku0810

小鳥は1107番として何やら特別な意味付けで追われているようで、研究所にとっては他のポンコツBクラスとは扱いが違う感じ。使える魔法はヘボいのだけれども、何かの状況下でレベルアップや覚醒するのだろうか。それ故にこのままハーレムの一員として平和に終わるようには思えない。
寧子、佳奈、カズミは何だかんだと言いながらも鎮死剤の問題さえクリアすれば生き残りそうに思える。

gokukoku0811gokukoku0812gokukoku0813gokukoku0814gokukoku0815
gokukoku0816gokukoku0817gokukoku0818gokukoku0819gokukoku0820

もちろん魔女たち自身は明日をも知れぬ命と覚悟しているから、今この状況で生きている意味は常に考えているようだ。カズミの積極的なエロ欲求も計算しているようでいて、本能が優っているのかもしれない。これまでにさんざんおっぱいや全開の秘部を主人公に晒していたとしても、東京デートの様子からも乙女の部分は忘れていないのが可愛らしい。
この状況で自制できる主人公は全年齢作品ゆえだが、二次創作だったら据え膳喰わないはずはない。
中軽井沢の風景にシールドつけた魔女たちの姿はシュール過ぎるが、旧軽銀座の真ん中でスカートたくしあげて衆人の注目を集める新ヒロイン・奈波がもっとシュール。記憶操作などの能力者のようだが、ほとんどの魔女たちはポンコツ気味なのでエロネタ提供担当をお願いしたい。

「極黒のブリュンヒルデ」Blu-ray BOX I 極黒のブリュンヒルデ 4 (ヤングジャンプコミックス) 極黒のブリュンヒルデ デスクマット A

拍手

 RSSリーダーで購読する
PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

新着記事・カテゴリ

メニューバーをご利用ください
古いカテゴリーは順に表示されなくなりますので、お手数ですが記事検索をご利用ください

メールで アニメレビューCrossChannel.jp を購読する

ブログ内検索

プロフィール

・管理者:wataru
・好き:V1046-R MAHORO、HMX-12 マルチ、ぽんこつ、黒オーバーニーソ、メイド
・リンクフリーですが、可能であればサイトTOPにリンクお願いします。相互リンクのお誘いは不精者のため辞退させていただいております
・利用状況の管理と広告表示等の目的でCookie及びWeb beaconを利用しています。Cookieの受入はブラウザの設定で選択が可能です
・商品紹介にはAmazonアソシエイトリンク他を利用しています
・当サイト管理者へのご連絡は webmaster★crosschannel.jpまで(★は1バイトのアットマークに置換して下さい)

Shop Link

Copyright ©  -- アニメレビューCrossChannel.jp --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]