忍者ブログ

アニメレビューCrossChannel.jp

アニメのレビュー・感想中心に、アニメ業界の批評もしたり、ゲームレビューしたりしています

   

まほろまてぃっく 第3話「墓ありて儚く 」

夏休み前日の美里家の風景。翌日7月20日は優にとって父の命日。
まほろにとっては命令に従ったとは言え、捕らわれた上官を敵と共に射殺した忌まわしき記念日だが、その美里指令の息子は真実を知らない。

手持ち無沙汰な午後、睡魔に襲われるまほろさん。なぜか頭からひよこが出現するのだが、これが初出。なぜなのか?この種明かしはアニメではなかったと記憶している(原作コミックにはある)
まほろさんの生真面目さとハズレ加減のギャップが微笑ましい。

式条先生の夕食時を狙った家庭訪問は定番ネタ。
まほろさんとの鞘当ても激しさを増す。前回は式条先生優勢ながら、巨乳アッパーカットでまほろさんの逆転勝ち。
まほろさんもかなり言い返すようになってきて、川澄綾子の演技も硬軟取り混ぜてなかなか。
今回は舞台を銭湯に移しての勝負。

「さくら湯」は、とりおまてぃっくの佐倉深雪の実家。姉妹4人の長女でサバサバしたしっかりものだが、密かに優の事が好きなんだな。
風呂上りに自宅に呼ばれた優と、縁側でスイカの皿をはさんで微妙な間合いで座る深雪。
深雪「優は・・・さ、夏休み嫌いだろう」
優「今年の夏はちょっと違うかな」
この頃は深雪と優がくっつけばいいなと思ったりもしました。

そんな事とは関係なく、銭湯のサウナルームでは巨乳対貧乳の勝負。
耐火耐熱使用のまほろさんとは勝負にならず、式条先生は燃え尽きた灰のようになっていました(あしたのジョーのパロ)

毎年父の命日には、優が墓参する前に「桔梗の人」と想像で呼ぶ人が掃除と墓参りを済ませていた。まほろさんと来た今年は「桔梗の人」は来ていなかった。
そのまほろさんが選んだ花は桔梗。
まほろさんの回想は、美里指令の葬儀と泣く幼い男の子。
戦闘用から美里家のメイドへと任務を替えた理由が明らかにされる。
まほろさんの機能停止まで、あと365日。

劇伴は増田俊郎、最近では「おとぎ銃士赤ずきん」も彼の仕事。
今回も家事をするまほろさんに鼻歌・小唄を歌わせる。
赤ずきんに「じゅーすぃーじゅーすぃー」って唄わせているのは彼の仕業ではないかと睨んでいる。

リメイクしないかな。ガイナックスxシャフト以外で。
第二期最終話「ナジェーナ」は「これが現実、大人って事はそういうことさ」とでも言うかのような締め方で、決して悪いとは思わないけれども、シリーズ全体見渡してみるとラストは異質。
コミック版準拠で再構成した作品が見たいと思う。
キャラデ池田和美ってのも面白いが、やはり高村和宏で。

まほろまてぃっくストア
メイドコスチューム

拍手

 RSSリーダーで購読する
PR

TRACKBACK

Trackback URL:

まほろまてぃっく 第3話「墓ありて儚く」

博士「やっぱりまほろさん(´Д`;)ハァハァ」助手「良い話でも有りますね・・・」

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

無題

  • by あずれ
  • 2007/01/26(Fri)14:50
  • Edit
> 原作コミックにはある

確か、なぜ胸が薄いかについても、コミックスの同じエピソードにあったような、です。(確か、文士さまが巨○派で絵師さまが貧(美)○派であられたような。。。)

コミック版といえば、カバーの後ろの表紙絵(で通じますでしょうか。。。)をみるのが楽しみだったような、です。
新装版でも再現されているのでしょうか。。。>新装版を買われた皆様?!

> コミック版準拠で再構成した作品が見たいと思う。

作画崩壊の激しい昨今、作画崩壊するくらいなら、逆に動画にならないほうが、と思う私は穿っているかな。。。

ときに、まほろさんなDVDはUS版も出ていて、まほろさんのセリフの英語吹き替え、英語な中の人、結構いい仕事をされていたような、です。>US版DVD。

「さてらいとぽえまー」を英訳していたりするので、結構チャレンジャーです。^^;;)

多分、今はBOX版が出ていたと思います。(尼損.comで入手できるかと。。。)

無題

  • by wataru
  • URL
  • 2007/01/26(Fri)15:13
  • Edit
あずれ様、コメントありがとうございます。
カバー裏、通じますよ!
新装版には残念ながらありません。でも描き下ろしピンナップがついていたような気が・・・

US版ですか。
国内版オリジナルと先月のBOXで、これ以上は買えそうにありません。
OVAでも良いのでリメイクを待っております。
ジェネオン主導でスタジオはJ.Cあたりで。ガイナは関わっても良いけど山賀氏抜き。演出にナベシン呼ばないで。
すみません、勝手なこと書いてます。

無題

  • by あずれ
  • 2007/01/26(Fri)15:54
  • Edit
まほろさんネタ、やっぱり力が入ります。^ ^;;)

> すみません、勝手なこと書いてます。

TVAの最終話付近を思い出してみると、多分に尺を間違えたのではと思ったりしています。(多分、もう1、2話使えたら、もう少しよくなっていたのでは、です)

逆にTVAがそうであったので、コミック版が比較的丁寧に終わることができたのでは、と思ってます。(確か、TVAが終わってから、コミックが終わったような、です)

もしかすると、文士の方が、TVAのシナリオにもそれなりにかかわっておられて、TVAでの心残りをコミック版で昇華(?)されたのでは、と思われるところもあったり、です。

> OVAでも良いのでリメイク

完全リメイクは、ちょっとリスク高そうなので、TVA補完のOVAなら見てみたい気がします。ちょっと古いですが、DNA^2みたく。。。。(これでシャ乱Qって有名になったよな?)

無題

  • by wataru
  • URL
  • 2007/01/26(Fri)16:54
  • Edit
コミックが後から完結でしたね。
原作の中山氏は夏のTVスペシャルで脚本書いていて、トータルでも出来が良かったと思いました。

>もう1、2話使えたら

でも、第二期は総集編除いて全14話あったので、単純に尺というよりはシリーズ構成の失敗なのかな。
花田氏のシリーズ構成は途中からあさっての方向に行くか、劣化してくるので、脚本参加に留まって欲しかったと思います。
第二期は良くも悪くも山賀&花田のまほろまてぃっくだと思います。

完全リメイクは難しいでしょうね。
「ナジェーナ」が夢オチだったところから始めれば第三期が出来るから、こっちの可能性が高いか。

新着記事・カテゴリ

メニューバーをご利用ください
古いカテゴリーは順に表示されなくなりますので、お手数ですが記事検索をご利用ください

メールで アニメレビューCrossChannel.jp を購読する

ブログ内検索

プロフィール

・管理者:wataru
・好き:V1046-R MAHORO、HMX-12 マルチ、ぽんこつ、黒オーバーニーソ、メイド
・リンクフリーですが、可能であればサイトTOPにリンクお願いします。相互リンクのお誘いは不精者のため辞退させていただいております
・利用状況の管理と広告表示等の目的でCookie及びWeb beaconを利用しています。Cookieの受入はブラウザの設定で選択が可能です
・商品紹介にはAmazonアソシエイトリンク他を利用しています
・当サイト管理者へのご連絡は webmaster★crosschannel.jpまで(★は1バイトのアットマークに置換して下さい)

Shop Link

Copyright ©  -- アニメレビューCrossChannel.jp --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]