忍者ブログ

アニメレビューCrossChannel.jp

アニメのレビュー・感想中心に、アニメ業界の批評もしたり、ゲームレビューしたりしています

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 RSSリーダーで購読する
PR

悪魔のリドル 第12話「故に、世界は□□に満ちている」(最終話)

図らずも晴を殺す展開に持ち込まれた「悪魔のリドル」最終話。
呪縛というかおまじないによって殺人処女として封印されてきた兎角。さらに黒組では女王蜂の晴の誘引フェロモンによって彼女を守護する役目を引き受けさせられていたのではないかとの疑念によって、二重三重にがんじがらめだった兎角の覚醒こそがこの話のハイライト。

拍手


akuma-riddle1201akuma-riddle1202akuma-riddle1203akuma-riddle1204akuma-riddle1205
akuma-riddle1206akuma-riddle1207akuma-riddle1208akuma-riddle1209akuma-riddle1210

東のライバル、西の呪術師の一族葛葉に連なることが明かされた鳰の計略により兎角が覚醒したとも言える。香を焚かれた墓所での幻惑効果か、晴には兎角が襲ってきたと錯覚させているようだ。偽兎角が語るのはホンモノの兎角の心の裏側の気持ちであることも間違いないようで、駆けつけた兎角も鳰と戦うだけではなく自分の隠された本心や封じられていた戒めとも同時に戦わねばならない展開だ。
鳰との戦いにケリを付けても、今度は本気で殺しにかかってきたことを知る晴に向き合うことになるのだが、相打ちで二人とも倒れる結果にしなかったのは、個人的には物足りない。でも殺人処女の殻を打ち破ったのだから、兎角にとっては満足だったのかもしれない。

akuma-riddle1211akuma-riddle1212akuma-riddle1213akuma-riddle1214akuma-riddle1215
akuma-riddle1216akuma-riddle1217akuma-riddle1218akuma-riddle1219akuma-riddle1220

ゲームの勝者は兎角だが、結果的には晴は怪我で済んだので一人だけの卒業式。他のリタイア暗殺者たちも元の場所で、またはその場所から逃れようと新しい日々を送っている。茶番のエピローグだが、元々このゲーム舞台設定がシリアスではないのだから、そこに怒っても仕方ない。兎角は報酬をすぐに求めなかったし、明示されてもいないのだが、引きの場面から想像するには「報酬は晴自身」なのだろう。将来は二人でイチャイチャしてればいいんじゃないか。
そんな二人のところに新たな黒組の招待状が届く日が来ることを期待したい。

akuma-riddle1221悪魔のリドル Vol.2 (初回特典:トーク&ライブイベント夜の部チケット先行購入申込券) [Blu-ray]悪魔のリドル 2 (角川コミックス・エース 449-2)
 RSSリーダーで購読する

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

新着記事・カテゴリ

メニューバーをご利用ください
古いカテゴリーは順に表示されなくなりますので、お手数ですが記事検索をご利用ください

メールで アニメレビューCrossChannel.jp を購読する

ブログ内検索

プロフィール

・管理者:wataru
・好き:V1046-R MAHORO、HMX-12 マルチ、ぽんこつ、黒オーバーニーソ、メイド
・リンクフリーですが、可能であればサイトTOPにリンクお願いします。相互リンクのお誘いは不精者のため辞退させていただいております
・利用状況の管理と広告表示等の目的でCookie及びWeb beaconを利用しています。Cookieの受入はブラウザの設定で選択が可能です
・商品紹介にはAmazonアソシエイトリンク他を利用しています
・当サイト管理者へのご連絡は webmaster★crosschannel.jpまで(★は1バイトのアットマークに置換して下さい)

Shop Link

Copyright ©  -- アニメレビューCrossChannel.jp --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]