忍者ブログ

アニメレビューCrossChannel.jp

アニメのレビュー・感想中心に、アニメ業界の批評もしたり、ゲームレビューしたりしています

   

ハナヤマタ 第4話「プリンセス・プリンセス」

ハナに対するヤヤの態度が軟化したところで、練習の障害として生徒会が登場した後の「ハナヤマタ」第4話。その生徒会の副会長であり、なるの憧れのお姉さん多美先輩の当番回。

hanayamata0401hanayamata0402hanayamata0403hanayamata0404hanayamata0405
hanayamata0406hanayamata0407hanayamata0408hanayamata0409hanayamata0410

ハナを主人公のポジションで描いた話の場合だと、自分が目指すよさこいのためなるたちを巻き込み部活結成へと向けた一種の攻略ゲーム的な視点になるのだが、ハナはあくまでもなるやヤヤ、多美たちが元々抱え持っていた悩みを解消しつつブレークスルーするための触媒にすぎない。だからハナは無邪気で一直線でいることができる。
序盤は今までの環境に置かれた自分、それをハナを鏡として映し出すことで見えてくる新たな自分への気付きの物語になっている。ハナと出会った少女たちの視点でよさこいへと、別にそれがよさこいでなかったとしても、その視点で新しい物語への道筋が構成されているので嫌味がない。

hanayamata0411hanayamata0412hanayamata0413hanayamata0414hanayamata0415
hanayamata0416hanayamata0417hanayamata0418hanayamata0419hanayamata0420

裕福な家庭で育った多美はファザコン気味で、これまで彼女の毎日は父の期待に先回りして、その期待を損ねることを怖れて自分を律してきた。そのタガを緩めるのがハナではなく、ハナに触発されてよさこいという新しいものにチャレンジする、これまでは守るべき存在だったなるの変化によって自分の可能性に気付く二重性がドラマに厚みを増している。
まだチームが結成された状態ではないから、なるを軸にした関係以外のキャラ相互のつながりが弱いのは致し方ないが、これが描けるようにになるとドラマに広がりが出てくるだろう。

次は多美が生徒会内部から生徒会長の真智を切り崩す展開かも知れないが、あくまでも真智の問題を中心に据えた解決を目指してくれるだろうから、真智にしてみても攻略された感はないと思う。
上手く構成された話数だったが、多美の芝居が単調に感じられたことと、自室のダブルサイズのベッドに枕が二つあったことが最大の悩みだ…

ハナヤマタ1 [初回生産限定盤][Blu-ray]花ハ踊レヤいろはにほ(CDのみ)ハナヤマタ (2) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)

拍手

 RSSリーダーで購読する
PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

新着記事・カテゴリ

メニューバーをご利用ください
古いカテゴリーは順に表示されなくなりますので、お手数ですが記事検索をご利用ください

メールで アニメレビューCrossChannel.jp を購読する

ブログ内検索

プロフィール

・管理者:wataru
・好き:V1046-R MAHORO、HMX-12 マルチ、ぽんこつ、黒オーバーニーソ、メイド
・リンクフリーですが、可能であればサイトTOPにリンクお願いします。相互リンクのお誘いは不精者のため辞退させていただいております
・利用状況の管理と広告表示等の目的でCookie及びWeb beaconを利用しています。Cookieの受入はブラウザの設定で選択が可能です
・商品紹介にはAmazonアソシエイトリンク他を利用しています
・当サイト管理者へのご連絡は webmaster★crosschannel.jpまで(★は1バイトのアットマークに置換して下さい)

Shop Link

Copyright ©  -- アニメレビューCrossChannel.jp --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]