忍者ブログ

アニメレビューCrossChannel.jp

アニメのレビュー・感想中心に、アニメ業界の批評もしたり、ゲームレビューしたりしています

   

六畳間の侵略者!? 第6話「文化祭とカブトムシ!?」

夏の海での誘拐事件のあとは早苗と主人公は休戦状態ではあるが、もう一段踏み込んで同志的な関係か。主人公は例によって女の子の機微には疎いので恋愛関係にまで加速することはないし、幽霊の体では早苗も思い切れないでいる感じ。
これまでの早苗のエピソードの掘り下げ方を見ていると、抱えている秘密や失ってしまった記憶を残したままなんじゃないだろうか。今回からはチューリップ姫のティアの秘密に迫るエピソードだが、1クールではヒロインたちのドラマに軽く触れたくらいで尺が尽きそうだ。

corona106_0601corona106_0602corona106_0603corona106_0604corona106_0605
corona106_0606corona106_0607corona106_0608corona106_0609corona106_0610

Aパートのカブトムシがどれだけの鍵を握るのか想像はつかないものの、ティアのエピソードにルースを絡めて、自称魔法少女がルースから怒られるオチの前振り程度だろう。
今回の舞台は文化祭の演劇部。演劇脚本を執筆する六畳間の一同に管理人さんは不参加で、文化祭準備が進む学校で姿も見えないのだが、裏側で着々とネタの仕込中なのだろうか。それとも餌なしで放置されたカブトムシの救世主になるのか?
文化祭の演劇脚本に採用されたティナの話はフォルトーゼの青騎士の伝説をモチーフにしたものだが、主人公・孝太郎を青騎士に重ね合わせることから察すると、パラレルワールドでこの二人は姫と騎士の関係だったのかもしれない。

corona106_0611corona106_0612corona106_0613corona106_0614corona106_0615
corona106_0616corona106_0617corona106_0618corona106_0619corona106_0620

演劇の舞台練習に怪しげな新キャラが顔見せだけ次回へ引いたのだが、クレジット見るとフォルトーゼでのティアの縁者らしいがライバルでもあるようだ。ティアたちが感知した時空振動は、この新キャラが宇宙から来訪した際のものだったのかもしれない。
演劇の舞台では孝太郎が桜庭先輩と劇中ながらもいい関係に進みそうなのだが、この編の主役ティナが大人しくしているとも思えないし、騒動の果てにはティナも愚民扱いしなくなるのだろう。新キャラも孝太郎に惚れそうな予感がするし、六畳間に関わると次々と敵がいなくなってしまいそうだ。

六畳間の侵略者!? 第1巻 (初回限定版)(健速書下し小説同梱) [Blu-ray]銀河皇国狂想曲六畳間の侵略者!?4 (HJ文庫)

拍手

 RSSリーダーで購読する
PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

新着記事・カテゴリ

メニューバーをご利用ください
古いカテゴリーは順に表示されなくなりますので、お手数ですが記事検索をご利用ください

メールで アニメレビューCrossChannel.jp を購読する

ブログ内検索

プロフィール

・管理者:wataru
・好き:V1046-R MAHORO、HMX-12 マルチ、ぽんこつ、黒オーバーニーソ、メイド
・リンクフリーですが、可能であればサイトTOPにリンクお願いします。相互リンクのお誘いは不精者のため辞退させていただいております
・利用状況の管理と広告表示等の目的でCookie及びWeb beaconを利用しています。Cookieの受入はブラウザの設定で選択が可能です
・商品紹介にはAmazonアソシエイトリンク他を利用しています
・当サイト管理者へのご連絡は webmaster★crosschannel.jpまで(★は1バイトのアットマークに置換して下さい)

Shop Link

Copyright ©  -- アニメレビューCrossChannel.jp --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]