忍者ブログ

アニメレビューCrossChannel.jp

アニメのレビュー・感想中心に、アニメ業界の批評もしたり、ゲームレビューしたりしています

   

精霊使いの剣舞 第12話「レン・アッシュベル」(最終話)

かつての精霊剣舞祭(ブレイドダンス)での因縁の相手ヴェルサリアはエリスの姉。姉妹の葛藤を描きつつカミトとの再戦は精霊剣舞祭で決着をつけたと思ったのだが、どうやら学内の代表戦だったようで、彼らの戦いはさらに続くという幕切れになった。

bladedance1201bladedance1202bladedance1203bladedance1204bladedance1205
bladedance1206bladedance1207bladedance1208bladedance1209bladedance1210

この最終話の敵であるヴェルサリアは心臓に呪装刻印を刻んでドーピングに手を染めてまで強さと勝利にこだわっていたが、ピンチに陥ったチーム・スカーレットの前にカミトが参戦したいかにもと言った決着で、あまりヴェルサリアの動機には触れられていない。エルフが絡んでいるが、学院長との関係と言い最終話で片付けるには物足りない。
また敵に魅力がないのが難点だ。
もっともヒロインたちの魅力も描き足らず、ツンデレは構わないけれども「ヒャンッ!」大安売りで色気はともかく新鮮味にかけるメインヒロインのクレアは最後まで残念だった。

bladedance1211bladedance1212bladedance1213bladedance1214bladedance1215
bladedance1216bladedance1217bladedance1218bladedance1219bladedance1220

登場人物たちのキャラクターを掘り下げつつ、壮大なドラマをバックボーンにファンタジーの世界観で描くのは悪くはないのだが1クールでは尺が足りない。一種のハーレムに至るのは構わないのだが、それにしてもヒロインたちの機微を描き足りないので王道の剣と魔法のファンタジーとしてもどっちつかずだ。
大会本番に行く前の小競り合いで尺が尽きた印象は「機巧少女は傷つかない」を思い出させるが、アレもMF文庫J原作だったからこのレーベルのカラーが現れているとも言える。

精霊使いの剣舞 第1巻 [Blu-ray]TVアニメ 「 精霊使いの剣舞 」 イメージソング 「 祝祭のエレメンタリア 」精霊使いの剣舞 3 (MF文庫J)

拍手

 RSSリーダーで購読する
PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

新着記事・カテゴリ

メニューバーをご利用ください
古いカテゴリーは順に表示されなくなりますので、お手数ですが記事検索をご利用ください

メールで アニメレビューCrossChannel.jp を購読する

ブログ内検索

プロフィール

・管理者:wataru
・好き:V1046-R MAHORO、HMX-12 マルチ、ぽんこつ、黒オーバーニーソ、メイド
・リンクフリーですが、可能であればサイトTOPにリンクお願いします。相互リンクのお誘いは不精者のため辞退させていただいております
・利用状況の管理と広告表示等の目的でCookie及びWeb beaconを利用しています。Cookieの受入はブラウザの設定で選択が可能です
・商品紹介にはAmazonアソシエイトリンク他を利用しています
・当サイト管理者へのご連絡は webmaster★crosschannel.jpまで(★は1バイトのアットマークに置換して下さい)

Shop Link

Copyright ©  -- アニメレビューCrossChannel.jp --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]