忍者ブログ

アニメレビューCrossChannel.jp

アニメのレビュー・感想中心に、アニメ業界の批評もしたり、ゲームレビューしたりしています

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 RSSリーダーで購読する
PR

甘城ブリリアントパーク 第1話「お客が来ない!」

賀東招二原作、KADOKAWA、京アニの新作はフルメタではなく、この「甘城ブリリアントパーク」。8月のTBSアニメフェスタで第1話本編を観ているが、その時受けた印象と大きな違いはない。オープニング・エンディングが付いたけれども、ベタでギミックのない構成と演出。TBSアニメだからフォーマットが厳しいのかも。

拍手


amaburi0101amaburi0102amaburi0103amaburi0104amaburi0105
amaburi0106amaburi0107amaburi0108amaburi0109amaburi0110

マスケット銃を突き付けデートに誘うファナティックな謎の女子転校生。主人公にしてもナルシストすぎるきらいはあるけれども元子役という説明でさもありなんという感想を植え付けておいて、実は彼女たちと過去に関係があったような示唆。主人公が都合よく記憶が曖昧だというありがちな設定だが、謎のヒロインたちとそこに関係する微妙なテーマパークとキャストのバランスは取れている。

amaburi0111amaburi0112amaburi0113amaburi0114amaburi0115
amaburi0116amaburi0117amaburi0118amaburi0119amaburi0120

その謎の少女と微妙な舞台を助けることに立ち上がる、いや、強制される主人公の物語というテンプレ設定だが、そう馬鹿にしたものではない。
多くの人に夢と希望を届ける魔法の国というタテマエの逆張りで、寂れて潰れそうなテーマパークの舞台は、(本当の?)魔法の国からやってきた人たちが生きるために必死で働くはずの職場…のはず。
夢も希望も気力も失った楽園というディストピアの再生は時間が限られている。
門脇未来キャラデがエロすぎない程度にマイルドな女子校生の肉体をデザインしているが、キャラ原案なかじまゆかの良さは残している。今回顔見せ程度のキャストたちが出揃ってきた時の企業再生コメディの行方を気にさせる第1話だった。

【Amazon.co.jp限定】甘城ブリリアントパーク 第1巻 限定版 (描き下ろし全巻収納BOX・ジャケットカード付) [Blu-ray]エクストラ・マジック・アワー甘城ブリリアントパーク1 (富士見ファンタジア文庫)
 RSSリーダーで購読する

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

新着記事・カテゴリ

メニューバーをご利用ください
古いカテゴリーは順に表示されなくなりますので、お手数ですが記事検索をご利用ください

メールで アニメレビューCrossChannel.jp を購読する

ブログ内検索

プロフィール

・管理者:wataru
・好き:V1046-R MAHORO、HMX-12 マルチ、ぽんこつ、黒オーバーニーソ、メイド
・リンクフリーですが、可能であればサイトTOPにリンクお願いします。相互リンクのお誘いは不精者のため辞退させていただいております
・利用状況の管理と広告表示等の目的でCookie及びWeb beaconを利用しています。Cookieの受入はブラウザの設定で選択が可能です
・商品紹介にはAmazonアソシエイトリンク他を利用しています
・当サイト管理者へのご連絡は webmaster★crosschannel.jpまで(★は1バイトのアットマークに置換して下さい)

Shop Link

Copyright ©  -- アニメレビューCrossChannel.jp --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]