忍者ブログ

アニメレビューCrossChannel.jp

アニメのレビュー・感想中心に、アニメ業界の批評もしたり、ゲームレビューしたりしています

   

大図書館の羊飼い 第6話「魔法の図書館」

主人公には予知能力がある設定は作品の根幹に関わるようで、明るく楽しい学園生活の側面を描くだけではなく、主人公とその鏡の立場であるような小太刀凪を対にしてファンタジー系の話も進む「大図書館の羊飼い」の第6話。

daitoshokan0601daitoshokan0602daitoshokan0603daitoshokan0604daitoshokan0605
daitoshokan0606daitoshokan0607daitoshokan0608daitoshokan0609daitoshokan0610

迷える子羊たちを導き救うという神の視点や上から目線が気になるところだが、羊飼い見習い先輩の立場である凪の演出がやや不愉快な印象。他人の、この場合は主人公の過去と未来が書かれた本によって彼の全てを知る立場にある事をかさにかけての挑発は卑しく見える。
もちろん彼女の鬱屈した過去の経験があり、それも主人公とそう大差ない悲惨さを感じさせる点ではシンパとなっても良さそうなものだが、彼が羊飼い候補に選ばれ同等の立場になったことで反発している。このギャップを埋めて凪を救済できるのかフォローが今後の見せ場の一つだろう。

daitoshokan0611daitoshokan0612daitoshokan0613daitoshokan0614daitoshokan0615
daitoshokan0616daitoshokan0617daitoshokan0618daitoshokan0619daitoshokan0620

でも誰とでも平等に、言い換えるならば誰とも距離を詰めないで恋愛も友情も求めることはない主人公の立場が崩れるだろうか。ゲームであれば各ヒロインルートごとにそれぞれの正解が用意されているのだから問題無さそうだが、主人公に対しての好感ベクトルが等距離で向いている図書部の微妙なバランスの中に、管理者であり羊飼い候補である自分が加わるわけには行かないジレンマが凪の悩み。そしてそれは自分から好感を持ってしまうというのが彼女のプライドに関わる最大の問題だ。
生徒会長と副会長、それに嬉野さんに芹沢さんも多少絡んでくるが、メインにはなり得ないだろう。そのメインで図書部の言い出しっぺであるのに存在感の薄い白崎つぐみの未来は?

TVアニメーション『大図書館の羊飼い』第1巻(初回限定盤) [Blu-ray]大図書館の羊飼い 鈴木佳奈 抱き枕カバー [電撃姫 2013年2月号付録]大図書館の羊飼い-Library Party- (初回限定版) (豪華7特典 同梱)

拍手

 RSSリーダーで購読する
PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

新着記事・カテゴリ

メニューバーをご利用ください
古いカテゴリーは順に表示されなくなりますので、お手数ですが記事検索をご利用ください

メールで アニメレビューCrossChannel.jp を購読する

ブログ内検索

プロフィール

・管理者:wataru
・好き:V1046-R MAHORO、HMX-12 マルチ、ぽんこつ、黒オーバーニーソ、メイド
・リンクフリーですが、可能であればサイトTOPにリンクお願いします。相互リンクのお誘いは不精者のため辞退させていただいております
・利用状況の管理と広告表示等の目的でCookie及びWeb beaconを利用しています。Cookieの受入はブラウザの設定で選択が可能です
・商品紹介にはAmazonアソシエイトリンク他を利用しています
・当サイト管理者へのご連絡は webmaster★crosschannel.jpまで(★は1バイトのアットマークに置換して下さい)

Shop Link

Copyright ©  -- アニメレビューCrossChannel.jp --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]