忍者ブログ

アニメレビューCrossChannel.jp

アニメのレビュー・感想中心に、アニメ業界の批評もしたり、ゲームレビューしたりしています

   

大図書館の羊飼い 第12話「大図書館の羊飼い」(最終話)

そもそも「羊飼い」という存在を持ってこないと話を構成できないかといえば、そうでもない。原作ゲームの世界観、オーガストで言うところの「ワールド」ありきなのだから、無視したりぶち壊してのアニメ化は難しいのは必然。

daitoshokan1201daitoshokan1202daitoshokan1203daitoshokan1204daitoshokan1205
daitoshokan1206daitoshokan1207daitoshokan1208daitoshokan1209daitoshokan1210

「ミナフェス」ステージでの白崎つぐみの事故を防ぐために、能力を使い羊飼いであることをステージ上で明かした主人公の行動に対して、カタルシスも賞賛も感じられないのはどうしてか?
「羊飼い」という神の視点と神の手を持つ者が、平凡な学園生活に介入して運命や人生を変えてしまうというチートさが胡散臭く感じてしまう。持てる者の悩みを主人公に投影しても、いくら主人公とはいえ彼を主人公に据えた構成では共感もない。ヒロインに寄った構成で、いっそハーレムでも修羅場でも持ってきたほうが良かったのではないかと、最終話での副会長のゲスな行動がまずまずの芝居に仕上がっていたことを思うと、そう思ってしまう。

daitoshokan1211daitoshokan1212daitoshokan1213daitoshokan1214daitoshokan1215
daitoshokan1216daitoshokan1217daitoshokan1218daitoshokan1219daitoshokan1220

超展開の「はにはに」、キャベツ作画の「夜明け前より瑠璃色な」、作画こそまずまずだったが何をしたかったのか分からない「FA]と、これまでのオーガスト作品のアニメ化は黒歴史っぽいものばかり。今作もフッズ制作、監督は共同名義と不安だらけだった。
最終話まで大きな破綻なく来たのだが、終わってみればオーガスト「ワールド」と「明るく楽し学園生活」のコンセプトの食合せの悪さが気になった。

大図書館の羊飼い 鈴木佳奈 ドキドキビッグタオル大図書館の羊飼い 小太刀凪 ドキドキビッグタオル
TVアニメーション『大図書館の羊飼い』 第2巻 (限定版) [Blu-ray]TV Animation『大図書館の羊飼い』オリジナルサウンドトラック大図書館の羊飼い-Library Party- (初回限定版) (豪華7特典 同梱)

拍手

 RSSリーダーで購読する
PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

新着記事・カテゴリ

メニューバーをご利用ください
古いカテゴリーは順に表示されなくなりますので、お手数ですが記事検索をご利用ください

メールで アニメレビューCrossChannel.jp を購読する

ブログ内検索

プロフィール

・管理者:wataru
・好き:V1046-R MAHORO、HMX-12 マルチ、ぽんこつ、黒オーバーニーソ、メイド
・リンクフリーですが、可能であればサイトTOPにリンクお願いします。相互リンクのお誘いは不精者のため辞退させていただいております
・利用状況の管理と広告表示等の目的でCookie及びWeb beaconを利用しています。Cookieの受入はブラウザの設定で選択が可能です
・商品紹介にはAmazonアソシエイトリンク他を利用しています
・当サイト管理者へのご連絡は webmaster★crosschannel.jpまで(★は1バイトのアットマークに置換して下さい)

Shop Link

Copyright ©  -- アニメレビューCrossChannel.jp --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]