忍者ブログ

アニメレビューCrossChannel.jp

アニメのレビュー・感想中心に、アニメ業界の批評もしたり、ゲームレビューしたりしています

   

天体のメソッド 第13話「はじまりのそらから」(最終話)

ノエルを失った乃々香たち。ノエルの記憶を明確に持つのは乃々香と汐音だけのようだが、その理由はわからないし説明する必要もないだろう。想いを持ち続ける者たちの願いが起こす奇跡のファンタジーだから、最終話に至るまでの伏線や起承転結を求めても詮無いこと。それにしても一巡目の不仲っぷりや、円盤のない世界での喪失感はもう少しマイルドでも良かったのではないかと思うが、久弥節を久しぶりに味わえたと思うと、大団円を迎えた今となっては悪くない。

sora-no-method1301sora-no-method1302sora-no-method1303sora-no-method1304sora-no-method1305
sora-no-method1306sora-no-method1307sora-no-method1308sora-no-method1309sora-no-method1310

誰もノエルのことを信じない中で、乃々香は空回りを通り越して痛々しいところが一巡目ともまた違う。そのせいでもないが妙に生々しい女くささが漂うのだが気のせいだろうか。
少し気弱になりそうな乃々香をナビゲートする役は汐音。彼女もまた大人びて見える。
そんな比較の中では柚季、こはる、湊太は子供っぽい。
再び天文台に集まって円盤を迎える祈りの最中に汐音の麦わら帽子が風に飛ばされたが、円盤の代わりにかノエルとともに帰ってきた。
これもすぐにノエルが戻るのではなく、彼らの回りにその気配を感じさせながら徐々に期待を高めていく。ノエルが戻って次に何があるのか、そんなことは考える必要はない。また彼らの笑顔の日々が続けばそれだけで良いのだ。その点では文句のない最終話となった。だから第二期を期待しなくても幸せに見終えることが出来る。

sora-no-method1311sora-no-method1312sora-no-method1313sora-no-method1314sora-no-method1315
sora-no-method1316sora-no-method1317sora-no-method1318sora-no-method1319sora-no-method1320

急に画のタッチが変わったノエルの登場シーンは、今回参加の吉成鋼の原画だろう。最近では「WHITE ALBUM」のOP/EDや「DOG DAYS」のライブシーンで、その作風は印象に残る。作監修も入れないだろうからキャラ似せ出来ていないのは当然。
美術は美峰だったが、田舎の背景の質感はいつもながら見事。
初元請作品のStudio 3Hzだが良い仕事だった。次回作にも期待したい。そして次回の久弥の仕事にも。何年後になるのかわからないが。

【Amazon.co.jp限定】天体のメソッド 1(特装限定版)(オリジナルアートカード付) [Blu-ray]【Amazon.co.jp限定】天体のメソッド 2(特装限定版)(オリジナルアートカード付) [Blu-ray]ソナタとインターリュード

拍手

 RSSリーダーで購読する
PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

新着記事・カテゴリ

メニューバーをご利用ください
古いカテゴリーは順に表示されなくなりますので、お手数ですが記事検索をご利用ください

メールで アニメレビューCrossChannel.jp を購読する

ブログ内検索

プロフィール

・管理者:wataru
・好き:V1046-R MAHORO、HMX-12 マルチ、ぽんこつ、黒オーバーニーソ、メイド
・リンクフリーですが、可能であればサイトTOPにリンクお願いします。相互リンクのお誘いは不精者のため辞退させていただいております
・利用状況の管理と広告表示等の目的でCookie及びWeb beaconを利用しています。Cookieの受入はブラウザの設定で選択が可能です
・商品紹介にはAmazonアソシエイトリンク他を利用しています
・当サイト管理者へのご連絡は webmaster★crosschannel.jpまで(★は1バイトのアットマークに置換して下さい)

Shop Link

Copyright ©  -- アニメレビューCrossChannel.jp --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]