忍者ブログ

アニメレビューCrossChannel.jp

アニメのレビュー・感想中心に、アニメ業界の批評もしたり、ゲームレビューしたりしています

   

幸腹グラフィティ 第1話「ほかほか、じゅわっ。」

最近のシャフト作品はご無沙汰だった。「〈物語〉シリーズ セカンドシーズン」のレビューが最後かもしれない。
芳文社4コマコミック原作でTBS製作という珍しくもない組み合わせだが、よくも4コマ原作が尽きないものだと思う。ビデオグラムはKADOKAWA、音楽はフライングドッグ、原作で芳文社に制作のシャフトが製作委員会のメンバーだ。

koufuku0101koufuku0102koufuku0103koufuku0104koufuku0105
koufuku0106koufuku0107koufuku0108koufuku0109koufuku0110

女子中学生の家庭や学校の日常を関係を描く中心に「メシ」を置いて、作る人と食べる人それぞれの喜びを描くハッピーライフ。しかし単純なだけでもなく、それぞれに家庭の事情とやらを抱えているようで、それが食事や料理への対応に現れていると言うのがミソだろう。
そんな核があるからこそ、岡田麿里の脚本が描き出す女の子同士の関係が百合のような肉体関係に偏るでもなく、もっと機微のあるものになることが期待できそうだが、さてどうなるだろうか。

koufuku0111koufuku0112koufuku0113koufuku0114koufuku0115
koufuku0116koufuku0117koufuku0118koufuku0119koufuku0120

作画は問題ない。食事を噛んだり頬張ったりの幸福そうなエフェクトも有効で、汁気でベタベタのウェット感はないから汚く見えないのは良い。伊藤良明「メシデザイン」の肩書には意表を突かれるが、それだけ料理の作画にもこだわっていそうだ。
監督作は評価に恵まれないが、今回の梅津泰臣OPディレクションは不思議の国のアリス風で、良く出来ていた。エンディングは未完のようだ。
通い妻ならぬ通い食事人として毎週土曜日にきりんが上京し、普段は一人暮らしのリョウとの2人の食事で交流が深まり、他のヒロインも加わって食事の輪が広がっていくのだろう。バトルもエロスも、きっとシリアスもないだろうから、テンション高くして観る必要もないので作画崩壊さえなければ心穏やかに視聴できそうだ。

幸腹グラフィティ 第1巻 [Blu-ray]幸腹グラフィティ画集 幸腹コレクション (まんがタイムKRコミックス)幸腹グラフィティ 1巻 (まんがタイムKRコミックス)

拍手

 RSSリーダーで購読する
PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

新着記事・カテゴリ

メニューバーをご利用ください
古いカテゴリーは順に表示されなくなりますので、お手数ですが記事検索をご利用ください

メールで アニメレビューCrossChannel.jp を購読する

ブログ内検索

プロフィール

・管理者:wataru
・好き:V1046-R MAHORO、HMX-12 マルチ、ぽんこつ、黒オーバーニーソ、メイド
・リンクフリーですが、可能であればサイトTOPにリンクお願いします。相互リンクのお誘いは不精者のため辞退させていただいております
・利用状況の管理と広告表示等の目的でCookie及びWeb beaconを利用しています。Cookieの受入はブラウザの設定で選択が可能です
・商品紹介にはAmazonアソシエイトリンク他を利用しています
・当サイト管理者へのご連絡は webmaster★crosschannel.jpまで(★は1バイトのアットマークに置換して下さい)

Shop Link

Copyright ©  -- アニメレビューCrossChannel.jp --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]