忍者ブログ

アニメレビューCrossChannel.jp

アニメのレビュー・感想中心に、アニメ業界の批評もしたり、ゲームレビューしたりしています

   

DOG DAYS″ 第4話「継がれてゆくもの」

竜の森での魔物退治が終了し、それぞれの国に戻って改めての再会を祝う日常回。しかしそれもAパートまで。魔王ヴァレリーがこっそり飼育していた魔物によって混乱するパスティヤージュ城内を描く「DOG DAYS″」の第4話。

dogdays3_0401dogdays3_0402dogdays3_0403dogdays3_0404dogdays3_0405
dogdays3_0406dogdays3_0407dogdays3_0408dogdays3_0409dogdays3_0410

勇者とともに晴れがましい凱旋帰国パレードだというのにエクレールの機嫌の悪さ。竜の森で触手に侵された屈辱よりもシンクにかまってもらえない、その順番にありつけない恨めしさが表情に出てしまっているよう。当番回はあるだろうから少しの辛抱。
一息ついた朝の風景を映していくのだが、シンクとミルヒのフリスビーはドッグランの延長にしか見えない。

dogdays3_0411dogdays3_0412dogdays3_0413dogdays3_0414dogdays3_0415
dogdays3_0416dogdays3_0417dogdays3_0418dogdays3_0419dogdays3_0420

今期影の薄いエクレールと比べてガレットのジェノワーズが色々な意味で見せ場が多い。ナナミをパスティヤージュまで魔物スライム逃走事件に巻き込まれた3人組。前話の竜の森に続いて触手責めに遭っている。敵はお約束の衣服を溶かすスライムだから、被害は拡大して全裸に剥かれている。前話では結局のところ「竜の涙」で全裸にされているから同じとも言えるが、今回は一度で脱がされたことになる。

dogdays3_0421dogdays3_0422dogdays3_0423

触手とスライムの連発は流石にこれ以上はないと思うが、「戦興業」の軽いノリでアクションとフェティッシュな場面は期待したい。魔物はちょくちょく出てきそうではあるが、あまりシリアスに振らずにシャルの再登場で盛り上がれば良い。
勇者結晶の変身バンクが用意されているからオトナ化の場面も多そうだが、喜びは半分くらいだ。
前半は動き少なめで後半スライム戦のジェノワーズにリソースを割いた作画だった。前話に続き共同の絵コンテで田中宏紀回だが、アクションパート担当か。

dogdays3_0424dogdays3_0425dogdays3_0426
DOG DAYS″ 1【完全生産限定版】 [Blu-ray]DOG DAYS エクレールのお添い寝抱き枕カバーDOG DAYS リコッタのお添い寝抱き枕カバー

拍手

 RSSリーダーで購読する
PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

新着記事・カテゴリ

メニューバーをご利用ください
古いカテゴリーは順に表示されなくなりますので、お手数ですが記事検索をご利用ください

メールで アニメレビューCrossChannel.jp を購読する

ブログ内検索

プロフィール

・管理者:wataru
・好き:V1046-R MAHORO、HMX-12 マルチ、ぽんこつ、黒オーバーニーソ、メイド
・リンクフリーですが、可能であればサイトTOPにリンクお願いします。相互リンクのお誘いは不精者のため辞退させていただいております
・利用状況の管理と広告表示等の目的でCookie及びWeb beaconを利用しています。Cookieの受入はブラウザの設定で選択が可能です
・商品紹介にはAmazonアソシエイトリンク他を利用しています
・当サイト管理者へのご連絡は webmaster★crosschannel.jpまで(★は1バイトのアットマークに置換して下さい)

Shop Link

Copyright ©  -- アニメレビューCrossChannel.jp --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]