忍者ブログ

アニメレビューCrossChannel.jp

アニメのレビュー・感想中心に、アニメ業界の批評もしたり、ゲームレビューしたりしています

   

冴えない彼女の育てかた 第5話「すれ違いのデートイベント」

いよいよ同人サークルが立ち上がった「冴えない彼女の育てかた」第5話。
キャラ立ちすぎの感もある英梨々と詩羽に挟まれると、制作ゲームのヒロインモデルキャラ加藤恵の普通さ、いやそれ以上の空気感が際立っている。
こんな目立たない彼女が第3話で見せた一瞬の輝きの素質を秘めていることを胸に抱きつつ、オタク主人公のウザい熱さを巧みにいなす非ヲタヒロインの日常劇を楽しむことが正解なのだろう。加藤がヲタワード連発する場面なんて見たくないからなあ。

saekano0501saekano0502saekano0503saekano0504saekano0505
saekano0506saekano0507saekano0508saekano0509saekano0510

ゲームのプロットは詩羽の徹夜の努力で固まったようだが、主人公は物足りなそう。主人公とヒロインの前世の絆まで遡る恋愛物語だが、ありきたりという感は否めない。これでGO!するのはアリだと思うが、無駄にオタクスキルが高い主人公のこだわりがスタートを引っ張ることになる。この辺りはゲーム制作のメタな事象を丸戸が敢えて混ぜ込んでいるのだろう。
アウトレットモールでの大行列の酷さを統制の取れたコミケ待機列と比較して無駄に熱く語る辺りは、オタク主人公が非ヲタの加藤恵に色々と教えこんで引きずりこむ展開の幕開けとなるのかと思えば、これまた加藤のスルーしないギリギリの受け流しで会話が成立している不思議。彼女の内面が窺い知れる場面はないものの、そんな彼女が時々パッと輝く瞬間だけを待ち続ける我慢強さもプロデューサーには大事。

saekano0511saekano0512saekano0513saekano0514saekano0515
saekano0516saekano0517saekano0518saekano0519saekano0520

裏表の顔を隠さずに見せる英梨々と詩羽に対し、裏がないのか見せないのかわからない加藤のバランスで主人公の茂一ベーションは維持されている。
デートの途中で捨てられたなどとは加藤は思わないだろけれども、何故か和光市駅南口がモデルの駅前で待っている詩羽は主人公が現れたら嬉しいくせに病んで見せそう。
提供楽曲でオープニングは英梨々と詩羽サイドでエンディングが加藤サイドに思えるけれども、気のせいかな。

冴えない彼女の育てかた 1【完全生産限定版】 [Blu-ray]冴えない彼女の育てかた Girls Side (富士見ファンタジア文庫)冴えない彼女の育てかた-blessing flowers- (初回限定版) (特典「サントラCD」「特製布ポスター(B2サイズ)」&早期購入特典「冴えカノ カスタムテーマDLC」 同梱)

拍手

 RSSリーダーで購読する
PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

新着記事・カテゴリ

メニューバーをご利用ください
古いカテゴリーは順に表示されなくなりますので、お手数ですが記事検索をご利用ください

メールで アニメレビューCrossChannel.jp を購読する

ブログ内検索

プロフィール

・管理者:wataru
・好き:V1046-R MAHORO、HMX-12 マルチ、ぽんこつ、黒オーバーニーソ、メイド
・リンクフリーですが、可能であればサイトTOPにリンクお願いします。相互リンクのお誘いは不精者のため辞退させていただいております
・利用状況の管理と広告表示等の目的でCookie及びWeb beaconを利用しています。Cookieの受入はブラウザの設定で選択が可能です
・商品紹介にはAmazonアソシエイトリンク他を利用しています
・当サイト管理者へのご連絡は webmaster★crosschannel.jpまで(★は1バイトのアットマークに置換して下さい)

Shop Link

Copyright ©  -- アニメレビューCrossChannel.jp --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]