忍者ブログ

アニメレビューCrossChannel.jp

アニメのレビュー・感想中心に、アニメ業界の批評もしたり、ゲームレビューしたりしています

   

Kanon 第14話「ひびわれた協奏曲〜concerto〜」

舞シナリオには不可欠な、ペアの佐祐理のエピソードをきちんと書いてきたのには驚きが少々の反面、オリジナルのシナリオを素直に構成すれば、必然かもしれないと思う。
ゲームで言うところのメインヒロイン・サブヒロインなどのキャラポジションに束縛されずに、企画・制作スタッフたちは「構成上必要なものは必要」と佐祐理メインともいえる今回を仕上げてきた。

舞と祐一が深夜の学校で何かあるらしいって事は、育ちだけではなく頭の回転も良いはずの佐祐理が知らないはずはない。だからこそ敢えてその関係に首を突っ込まない佐祐理の遠慮。
この遠慮が佐祐理にあるうちは三重奏とはいかないのだろうなと思わせる。
「邪魔かな?佐祐理」の問いかけに、舞の「邪魔」の一言で済まされる佐祐理だが、祐一が二人の関係に割り込んでいることで「ひびわれた」のではないだろう。少し心に隙間が空いたくらいだろうか。本当のひび割れは後半の物理的・直接的なダメージと、佐祐理のいない舞と祐一の二者関係を指すと思われる。

お嬢様ってのはそうなのかな?と思わせる、本心は可愛がってあげたい頭を撫でてあげたいと思いつつも弟への厳しい態度。弟との悲しい別れから自分を名前でしか呼ばなくなった佐祐理の秘密も明かされる。
強い心の裏側で人一倍脆い佐祐理の頭を撫でてあげられるのは、祐一ではなくて舞なんだろうなと思わせられる。故に佐祐理は舞視点で描かれる極上のサブヒロインでなくてはならない。
過去話を祐一の視点で描いているように見えるが、佐祐理の一人語りで、彼はモブに過ぎない。

「この曲の名前、ご存じですか? カノンです。バッヘルベルのカノン。同じ旋律を何度も繰り返しながら少しずつ豊かに、美しく和音が響き合うようになって行くんです。そんな風に一見違いのない毎日を送りながら、 でも少しづつ変わっていけたらいいですよね」

祐一といる百花屋で、この「Kanon」の物語全てを一言で説明してしまいましたよ、佐祐理さん。全14話中最大のネタバレと評価するか、原作で触れていない所をアニメ流の解釈をして見せたか、どっちでもいいけれど最強のサブヒロインは佐祐理に違いないだろう。
舞シナリオの中で、佐祐理の存在を更に輝かせた構成には脱帽。

その舞シナリオに戻って、プレゼントを背負った佐祐理が深夜の学校へ。
電話を待たずに家を出た祐一とのすれちがい・・・
幼い出会いはなかったが、佐祐理とは今になって「約束」を守らなかった事になる祐一。
佐祐理が魔物に襲われた責任を祐一も舞も感じるわけだが、舞は自分の至らなさに自害まで図る立場、祐一は舞を諌める力強い父・兄的な立場と別れて描かれている。
この場面の舞の慟哭狂気の表情から、「祐一の言う通りにする」か弱い一人の少女に戻り祐一の胸に抱かれるジェットコースター的な緩急は田村ゆかり快心の演技。

水瀬家の日常は淡々と描かれているが、謎ジャムの被害者リストにあゆが追加。
アバンの作画と演技レベルの低さが少々気になるところ。珍しいが、ここだけどうしたんだろう。
名雪がうさ耳取り出しましたが、次回の伏線でしょうね。

次回第15話 「かくれんぼの小奏鳴曲〜sonatine〜」
「ずっとむかし、一人だけ友達がいた。でも、その子も私から逃げた」
「逃げた」と言う表現が胸に刺さる、舞の過去話と舞シナリオの佳境ですね。
「逃げた」のは誰か・・・
その次、第16話 「真夜中の聖譚曲〜oratorio〜」
あゆを舞、佐祐理とさらに栞と絡めて栞シナリオへのつなぎ回でしょうか。
名雪シナリオはその後か、それとも陰陽的にあゆと並行またはミックスした構成にするのか見もの。

Kanon アイテム

拍手

 RSSリーダーで購読する
PR

TRACKBACK

Trackback URL:

Kanon 第14話 「ひびわれた協奏曲〜concerto〜」

ワタクシにはもう想い残す事はありません! 京アニ様、佐祐理さんシナリオをやってくださってありがとう! 京アニ様、この話を美しい作画でやってくださってありがとう

Kanon 14話 「ひびわれた協奏曲 〜concerto〜」

つまり、舞は祐一の言うように自分の感情を上手くストレートに外部に伝えることが苦手な、いわゆる『不器用』な子なんですけども、根底的な部分で相手に対しての思い遣りは凄く暖かいものがあるなぁ、と。佐祐理と舞の多くを語らないそれぞれの関係性がそれを物語ってますし

Kanon 第14話「ひびわれた協奏曲〜concerto〜」

 きょ…協奏曲っていう形式はですね、ど…独奏楽器とそれを支えるオケとが織りなす、主に3楽章からなるがk…楽曲でっ、独奏楽器のしゅ類によって、ピアにょのための協奏曲とか、フルっ…トのためのきょ…佐「一弥のこと、本当は、大好きなんだよっ」 ぐはぁぁっ!!

Kanon 第14話 『ひびわれた協奏曲 〜concerto〜』 の感想みたいなもの…

前に作ってた『Kanon』のTVアニメは見てません。なので何が違うのか分からないです。(挨拶)リアルタイムで初見です・・・が、・・・今回だけです。普段こんな遅くまで起きてません・・・「いつもわねてまし」 ・・・まあ、いつもの如く、観た人しか分からない

Kanon 第14話 「ひびわれた協奏曲 〜concerto〜」

ま、またあのジャムの被害者が…。転がっちゃう、あゆちゃんが転がされちゃうよ…。

Kanon 第14話「ひびわれた協奏曲〜concerto〜」

脚本:志茂文彦 絵コンテ・演出:石立太一 作画監督:西屋太志サブタイの「協奏曲」とは、独奏楽器と管弦楽によって演奏される器楽曲の事。

『KANON』 第14話 観ました

つ、ついに第三の犠牲者が…でも、祐一にしろ、名雪さんにしろ、こと例のジャムに関しては思いっきり冷たい反応を示しますね。巻き添えはごめんだと言わんばかりの対応をするのは、いかに例のジャムの味が独創的かの表れかと思われますが…ただ、あゆちゃんが食べた時にどん

Kanon第14話 「ひびわれた協奏曲 〜concerto〜」感想

みなさん実は今日原作で言う佐祐理ルートクリアっての気付いてるかな?というわけで、舞のおまけ的扱いの佐祐理さんですが、物語に深く関わる大事な人ですよ。という訳で事実上新年最初のアニメ感想っす。いつもの水瀬さ

Kanon/14話 ひびわれた協奏曲 〜concerto〜

今回のメインは佐祐理さんでしょう!

[Kanon]第14話 ひびわれた協奏曲〜concerto〜

「Kanon」第14話です。うあぁーー!あゆあゆが秋子さんのジャムのターゲットに!wさようなら・・あゆあゆ・・祐一も名雪も緊急避難ですwで、登校中に名雪からうさ耳ヘアバンドを渡されます。女の子を可愛く見せるための道具ですがそれを見て一瞬何かを思

Kanon 第14話「ひびわれた協奏曲〜concerto〜」

Kanon preludeうぐぅ、ついに秋子ジャムと遭遇す。名雪のボケボケトークでほのぼのとしていたそれまでの雰囲気が一転。鉈や鉄バットが幅を利かせるどこかの村の様な状況になるのでありました(笑)っていうか、ジャムを塗るシーンはどう見ても秋子さんがうぐぅを毒...

Kanon 第14話 「ひびわれた協奏曲〜concerto〜」

Saint Octoberを見た後だと一層面白く見られますね。ただ、今まで京アニ作品が放送されればそれがそのクールのメインになるのが決定だった。それがこの作品はギアスが同クールにあるお陰で今ひとつ地味な印象。良くも

Kanon【第14話】

祐一は自分が狙われていると舞に告げられ、祐一と舞は剣の練習を行う。その場に佐祐理が現れ、佐祐理もその練習に参加しようとするが、舞に邪魔とあしらわれ、佐祐理は寂しげに謝り去り行く。それは危険な事から大好きな佐祐理を遠ざける為の不器用な舞の優しさであった。

Kanon 第14話 ひびわれた協奏曲~concerto~

これが今年最初の感想ということでまた一年がんばっていきます。 徐々に明らかになっていくそれぞれの過去 佐祐理さんの過去はこれだけで一話できてしまいそうなぐらい ええお話でした(つД`)

『Kanon』第14話「ひびわれた協奏曲〜concerto〜」

 前回とは対照的にアットホームな朝食の場面から舞台は始まります。ストーリーは今回で完全に舞ルートに突入したので名雪の出番は序盤にしかありません。「くー」「ちなみににんじんだってちゃんと食べられるよ」

Kanon 第14話「ひびわれた協奏曲〜concerto〜」

やっぱり京アニだけはガチ!?

Kanon 第14話「ひびわれた協奏曲 〜concerto〜」

Kanon 第14話「ひびわれた協奏曲 〜concerto〜」 今回は佐祐理さんがメインのお話しです。

アニメ「kanon」第14話 感想。

第14話「ひびわれた協奏曲〜concerto〜」朝食の席での祐一の表情は冴えない。脳裏を過ぎる昨夜の舞のあの言葉。そんな中あゆの前に出てきた、あの秋子さん特製の謎ジャム。短い付き合いだったな――祐一は、あゆにそう視線で語りかけるが――あゆを見捨てて家を出てきた祐一

Kanon 第14話「ひびわれた協奏曲 〜concerto〜」

あの名雪が即効で覚醒するくらい危険なジャムwww寝ぼけている描写を最初に見せておいて、この対比は分りやすいですね。BGMもジャムを塗る時の効果音も不気味です。「あゆ…短い付き合いだったな…」「ど…ど

Kanon

私はゲームも前の放送分(このKanonはリメイク)も知らなかったので新鮮な気持ちで見ることが出来ました。製作があの「涼宮ハルヒの憂鬱」を制作した京都アニメーションが担当ということで期待していました。やや、「涼宮ハルヒの憂鬱」を上回るクオリティじゃーないですか

[アニメ] Kanon 第14話 「ひびわれた協奏曲 〜concerto〜」

Kanon第14話。ひびわれた関係、それは大切なもの───

Kanon 第14話 「ひびわれた協奏曲 〜concerto〜」

今週のスポットライトはさゆりタンです、にゃは♪ちなみに人参だってちゃーんと食べれるよZzzz・・・謎ジャム登場のBGMにww寝ぼけた名雪も速起きるww祐一は別れを告げるwwさぁ始まる本日のkanonつーわけで感想だ!がぉ。

Kanon 第14話 「ひびわれた協奏曲 〜concerto〜」

第14話 「ひびわれた協奏曲 〜concerto〜」 ついにあゆが秋子さん特製ジャムのターゲットに!祐一と名雪はジャムが登場したところで退出(笑)あゆなら「おいし〜」とか言いそうだったけど、やっぱりきつかった様子

Kanon 第14話「ひびわれた協奏曲〜concerto〜」感想

神。

kanon 第14話「ひびわれた協奏曲 〜concerto〜」

いやぁ、舞シナリオも佳境デスなぁ。なぜかって?・・・それはね…栞が出て来てないからなのデスよっ!!!( ゚д゚)

Kanon 第14話 「ひびわれた協奏曲〜concerto〜」

副館長「佐祐理さん〜。゚(゚´Д`゚)゜。ウァァァン」テトラ「後10分、待っていれば…」

Kanon 第14話「ひびわれた協奏曲〜concert〜」

Kanon 第14話ひびわれた協奏曲〜concert〜 オープニングアバンは恐怖の謎ジャムw

Kanon 第14話 ひびわれた協奏曲(コンチェルト)-concerto-レビュー

うぐぅにせまり来る特製ジャムの恐怖薄情な友人達に見捨てられた月宮あゆの孤立無援な戦いが今、始まる

Kanon 第14話 「ひびわれた協奏曲(コンチェルト) ―concerto―」

一見違いの無い毎日を送りながら、 でも少しずつ変わっていけるといいですよね――。 それは、失われた大切な関係。 舞との出会いで、佐祐理がふたたび取り戻した大事なもの。 そして、舞は佐祐理と作りあげたものを守るため。 魔物との決着をつけに向かう――。 舞と佐祐理

KANON 第14話(13話)

間に旅行が入ってしまったという体のいい言い訳がありますが、KANONの13話が飛んでいます。ここから13話もひっくるめて、2話ガチンコレビューもしようと思ったんですが、今回の話の濃さに心が折れました。舞話は深いなぁ・・・まぁ佐祐里さんが....

KANON 第14話(13話)

間に旅行が入ってしまったという体のいい言い訳がありますが、KANONの13話が飛んでいます。ここから13話もひっくるめて、2話ガチンコレビューもしようと思ったんですが、今回の話の濃さに心が折れました。舞話は深いなぁ・・・まぁ佐祐里さんが....

Kanon 2006 (5) 絶望を越えて残るもの

現在14話まで視聴中です。折り返しを過ぎてここまでの蓄積がきれいに生かされてきています。舞の置かれている状況は、生涯のほとんどを魔物対峙(退治ではない)に費やし、それを誰にも理解されず、奇行と破壊行動から周囲の軽蔑と非難を一身に浴び・・・

Kanon第14話「ひびわれた協奏曲〜concerto〜」見ました

Kanon第14話「ひびわれた協奏曲〜concerto〜」見ましたー。うさ耳を付けている祐一の後ろを通っていたおばさんの視線が痛い。うさ耳を見て何かを思い出す祐一。あれは「あゆ?」あゆもついに秋子さんジャムの餌食に。あれだけ朝食に顔出していたらもっと早く餌食になってい

Kanon 第14話 「ひびわれた協奏曲(コンチェルト)〜concerto〜」

『よかったよ〜!佐祐理さんは無事だー!』

ちっちゃい佐祐理さんに興奮してすいません!

「Kanon」の第14話を見ました。<感想>「ちなみにニンジンだってちゃんと食べられるよ。フフフッ」初っ端から何を見せてくれるんだ、名雪。危うく陥落しそうになったじゃないか。私には真琴と舞と秋子さんというお嫁さんがいるというのに。しかしそん...

Kanon 第14話「ひびわれた協奏曲〜concerto〜」

今回は佐祐理さんの過去話にふれたり、Kanonの中で1番好きな佐祐理さんがメインの回だったので喜んでいたんだけど、まさか佐祐理さんがあんな事になろうとは・・・

Kanon 第14話

■Kanon■

(アニメ感想) Kanon 第14話 「ひびわれた協奏曲 〜concerto〜」

Megami MAGAZINE (メガミマガジン) 2007年 02月号 [雑誌]魔物は祐一を狙っている・・・舞の言葉が頭から離れない祐一。翌日、その理由を舞へ問うと彼女は「祐一がきてから魔物がざわめくようになった」と、そう答えるのでした・・・。

Kanon 第14話

$FILE1[関連リンク]http

kanon

第14話「ひびわれた協奏曲 〜concerto〜」 今回のベストワードと云いましょうか・・・、「佐祐理さん」の「パッヘルベルのカノン。 同じ旋律を何度も繰り返しながら、 少しずつ豊かに、美しく和音が 響き合うよ

Kanon 第14話「ひびわれた協奏曲〜concerto〜」

舞とともに魔物と戦いはじめた祐一。舞の誕生日前日、いつものように夜の校舎で戦う二人だが、舞が「魔物が狙っているのは自分ではなく祐一だ」と言い出す。舞の言葉が離れない祐一は翌日舞に理由をきく。

Kanon 第14話「ひびわれた協奏曲〜concerto〜」

? 舞が、批判を受けながら闘っていた魔物の本当の狙いは祐一だった。原作を知らない私は、ちょっと驚きでしたが、いよいよ舞シナリオも頂点に向けて話が進んで行きます。それでは、今週のお話です。 ? 朝食時祐一・名雪・あゆは一緒に食べていた。しかし水瀬

Kanon 14

= 第14話 「ひびわれた協奏曲 〜concerto〜」 ={{{遅ればせながら14話の感想を。てか、半分ほど書いたときにキャプチャーソフトの異常でPCが強制終了、データ全部飛んで、今かなりいらいらしながら打ち直してます(# ゚Д゚) ムッキー「あゆ、短い付き合いだったな・・・」水

Kanon 第14話 「ひびわれた協奏曲 〜concerto〜」

これは実は舞ルートじゃない。佐祐理ルートだ!ぎゃああああぁあああぁあああ!!!!佐祐理さあああああぁぁああん!!!!感想適当で、正直すまんかったorz

kanon 〜カノン〜 第14話

ついにあゆが、秋子さんのジャムの餌食に・・・それのジャムを見た瞬間の名雪が最高だった。あゆは、秋子さんのジャムについて「あれは、人間が食べるものじゃない」と言った。登校中、名雪が女の子がかわいくなるアイテムとして'''うさみみ'''をプ

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

無題

  • by jiro
  • URL
  • 2007/01/07(Sun)21:32
  • Edit
wataru様どうもです!

>自分を名前でしか呼ばなくなった佐祐理の秘密
頭のいい佐祐理さんに限って自分がちょいアレに見える行為をしている理由がきちんとあってよかった一場面。

どう見ても佐祐理さんはメインを張れるのに敢えてサブにするあたり面白い作りです。

そういえばメールの方を送ったのですが無事届いていますか?受け取れていないというメールがきたのですが。

私からもトラックバックさせていただきます。

無題

  • by wataru
  • URL
  • 2007/01/07(Sun)22:13
  • Edit
jiro様、どうも。
メール延着で先ほど届いたようです。

>敢えてサブにするあたり

主人公の攻略対象でない人をサブヒロインと呼ぶのです・・・
舞と佐祐理で一対、栞と香里、真琴と美汐で一対です。

新着記事・カテゴリ

メニューバーをご利用ください
古いカテゴリーは順に表示されなくなりますので、お手数ですが記事検索をご利用ください

メールで アニメレビューCrossChannel.jp を購読する

ブログ内検索

プロフィール

・管理者:wataru
・好き:V1046-R MAHORO、HMX-12 マルチ、ぽんこつ、黒オーバーニーソ、メイド
・リンクフリーですが、可能であればサイトTOPにリンクお願いします。相互リンクのお誘いは不精者のため辞退させていただいております
・利用状況の管理と広告表示等の目的でCookie及びWeb beaconを利用しています。Cookieの受入はブラウザの設定で選択が可能です
・商品紹介にはAmazonアソシエイトリンク他を利用しています
・当サイト管理者へのご連絡は webmaster★crosschannel.jpまで(★は1バイトのアットマークに置換して下さい)

Shop Link

Copyright ©  -- アニメレビューCrossChannel.jp --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]