忍者ブログ

アニメレビューCrossChannel.jp

アニメのレビュー・感想中心に、アニメ業界の批評もしたり、ゲームレビューしたりしています

   

艦隊これくしょん -艦これ- 第12話「敵機直上、急降下!」(最終話)

MI作戦も史実のように敗北に終わる訳にはいかない。
シリーズ終盤では艦娘たちが過去の記憶に囚われて諦めにも似た心境を吐露する場面も多かったのだが、敵に勝つというよりも己の記憶遺伝子の呪縛に打ち克つ話にすり替わってしまっている「艦これ」の最終話。

kancolle1201kancolle1202kancolle1203kancolle1204kancolle1205
kancolle1206kancolle1207kancolle1208kancolle1209kancolle1210

「敵を欺くにはまず味方から」という戦略が行方不明提督のアイディアなのか疑わしいけれども、AL作戦は本当に陽動であってMI攻略で敵空母群を誘引して殲滅であることにブレはなかったようだ。でもMI基地航空隊を叩いたのは良いけれど、占領する考えは全く無いのはどうなんだろう?
提督は行方不明と偽装して、高速修復材の資金稼ぎのアルバイトでもしていたんじゃないかと疑われてしまう。

kancolle1211kancolle1212kancolle1213kancolle1214kancolle1215
kancolle1216kancolle1217kancolle1218kancolle1219kancolle1220

一航戦を主軸とする攻略舞台が大苦戦、遅れてきた吹雪や大和たちが増援。それでも足りないとばかりに遅れてきた主役とばかりに大鳳が突然の配属と参戦という主役が誰だかわからない最終戦。結局は司令部の長門に陸奥も出張ってきて作戦指揮に当たるものだから、先遣隊の士気高揚になるのかならないのか微妙な判断。主役と思っていた大和の恨めしそうな表情ときたらもう…。
空母群を主軸とした航空戦が海戦の主流だと認識されたはずのMI作戦だが、結局この世界では大艦巨砲主義が健在であることを示してしまったこととなり、この後の作戦があるにしても大苦戦は必至だ。それとも戦艦優位の世界でも作り上げてしまうのだろうか?
続編とやらは気になるけれども、期待のハードルは下げたほうが良いかもしれない。

艦隊これくしょん –艦これ- 第1巻 限定版 [Blu-ray]艦隊これくしょん –艦これ- 第2巻 限定版 [Blu-ray]【Amazon.co.jp限定】艦隊これくしょん -艦これ- 第3巻 限定版 (描き下ろしイラスト「赤城&加賀」特製フレーム付) [Blu-ray]

拍手

 RSSリーダーで購読する
PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

新着記事・カテゴリ

メニューバーをご利用ください
古いカテゴリーは順に表示されなくなりますので、お手数ですが記事検索をご利用ください

メールで アニメレビューCrossChannel.jp を購読する

ブログ内検索

プロフィール

・管理者:wataru
・好き:V1046-R MAHORO、HMX-12 マルチ、ぽんこつ、黒オーバーニーソ、メイド
・リンクフリーですが、可能であればサイトTOPにリンクお願いします。相互リンクのお誘いは不精者のため辞退させていただいております
・利用状況の管理と広告表示等の目的でCookie及びWeb beaconを利用しています。Cookieの受入はブラウザの設定で選択が可能です
・商品紹介にはAmazonアソシエイトリンク他を利用しています
・当サイト管理者へのご連絡は webmaster★crosschannel.jpまで(★は1バイトのアットマークに置換して下さい)

Shop Link

Copyright ©  -- アニメレビューCrossChannel.jp --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]