忍者ブログ

アニメレビューCrossChannel.jp

アニメのレビュー・感想中心に、アニメ業界の批評もしたり、ゲームレビューしたりしています

   

響け!ユーフォニアム 第10話「まっすぐトランペット」

府大会に向けて練習が進んでいる中で、オーディションの結果、特にトランペットソロに選ばれた麗奈と選んだ滝の個人的な関係に疑惑を持ち拡散するバカリボンによって士気は下がり全体練習もままならない状況に陥った「響け!ユーフォニアム」の第10話。

euphonium1001euphonium1002euphonium1003euphonium1004euphonium1005
euphonium1006euphonium1007euphonium1008euphonium1009euphonium1010

麗奈とトランペット同士競うバカリボンは香織が選ばれなかったことを滝の私情によると考えているようだが、日頃見ていると香織を慕っているようだけれども、今回の件に関しては自分がソロを演じる実力がないことを横に置いて、香織を持ち上げようと場も弁えないで喋り出すから嫌われる。
新入りの一年生が有名なトランペット奏者の娘で顧問と知り合いだとなれば、実力も問題ではなく個人的関係について麗奈へのささやかな反発は仕方ないが、目標を前にしてやるべきことを考えるとそんな小さな問題はすぐ消えるはずなんだが、そこは人間関係の機微に疎いバカリボンに煽られるとあっという間に感染する。

euphonium1011euphonium1012euphonium1013euphonium1014euphonium1015
euphonium1016euphonium1017euphonium1018euphonium1019euphonium1020

香織は半ば迷惑そうだったが、再オーディションとなれば全力を尽くすだろう。
一瞬本気出した夏紀は元の脱力系に戻ったけれども、メンバー落ちした件ではアク抜けしたようだ。あすかは容易に素顔を見せないけれど、リーダーシップの裏側にある醒めた感情とその原因の「何か」を隠したまま押し通せるのだろうか。混乱の中でリーダーシップを取ろうとしかけた部長は梯子を外されたけど。
滝の再オーディションの提案に反乱派はホイホイと乗ってきたけれども、評価は部員に委ねるのは、「全国を目指すか楽しくやるか」の二択を多数決でという提案をした時と同じ作戦。才能と努力は結果を裏切らないという前提で仕組まれた、「採決により選ばれたソロは誰も反対できない」という民主主義の罠にウブな女子生徒たちは気付かない。
久美子は主人公とはいえ、この群像劇の中では事件の語りてと狂言回しと変顔の没個性のサブヒロインでしかない。最終話までに彼女がセンターに立つ個性を輝かせることが出来るのか、それがもう一つの課題だ。

響け!ユーフォニアム 1 [Blu-ray]響け!ユーフォニアム 2 [Blu-ray]響け!ユーフォニアム GUIDE BOOK

拍手

 RSSリーダーで購読する
PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

新着記事・カテゴリ

メニューバーをご利用ください
古いカテゴリーは順に表示されなくなりますので、お手数ですが記事検索をご利用ください

メールで アニメレビューCrossChannel.jp を購読する

ブログ内検索

プロフィール

・管理者:wataru
・好き:V1046-R MAHORO、HMX-12 マルチ、ぽんこつ、黒オーバーニーソ、メイド
・リンクフリーですが、可能であればサイトTOPにリンクお願いします。相互リンクのお誘いは不精者のため辞退させていただいております
・利用状況の管理と広告表示等の目的でCookie及びWeb beaconを利用しています。Cookieの受入はブラウザの設定で選択が可能です
・商品紹介にはAmazonアソシエイトリンク他を利用しています
・当サイト管理者へのご連絡は webmaster★crosschannel.jpまで(★は1バイトのアットマークに置換して下さい)

Shop Link

Copyright ©  -- アニメレビューCrossChannel.jp --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]