忍者ブログ

アニメレビューCrossChannel.jp

アニメのレビュー・感想中心に、アニメ業界の批評もしたり、ゲームレビューしたりしています

   

響け!ユーフォニアム 第11話「おかえりオーディション」

トランペットソロの再オーディションの前に香織先輩のためにデカリボンが暗躍することは想定の範囲内だったけれど、何が出来るかと言ったって実力を覆すだけの策などあるはずもなく、麗奈に八百長を持ちかけるのが精一杯。
麗奈に殊勝に頭を下げてまで頼んだのにすげなく断られたのは当然としても、はっきり言えば八百長行為への代償が「バレたら私に脅されたことにしてもいい」なんてのは勝手な言い分で麗奈にメリットがない。昨年までの香織先輩の悔しい思いを忖度して勝手に動いているだけだが、事情を知っている他の部員たちは誰も止めないんだねえ。

euphonium1101euphonium1102euphonium1103euphonium1104euphonium1105
euphonium1106euphonium1107euphonium1108euphonium1109euphonium1110

そんな状況にもブレを見せないのが麗奈だが、久美子とは例の一夜があったからか距離が近い。久美子が女の子から距離を詰められるキャラに仕立てられているのどろうけれど、デカリボンにも唇が触れるくらいに迫られていたし、このあたりの軽さが久美子がメインヒロインらしくなく、良くても狂言回し。吹奏楽部群像劇として主人公という軸を排除する役割の役には立っている。
それにしても顔の距離の近さと会話の近さは同じではなく、死ぬ死なないのやりとりは脚本過剰じゃないか。

euphonium1111euphonium1112euphonium1113euphonium1114euphonium1115
euphonium1116euphonium1117euphonium1118euphonium1119euphonium1120

二人の演奏後に部員たちの拍手の多さでソロを決定する決着となったが、どちらも選ばない部員たちは一体何を考えているのやら。空気読んで自分が少数派になるまいとする保身が激しすぎる。あの演奏を聴き比べた後にもかかわらず、デカリボンと部長が香織を推したのは筋は通っている。その結果選ばれなかった香織も覚悟はできていたようだ。
麗奈を推した久美子は当然としても、葉月は付き合っただけのような印象。
そしてここまで副部長という立場を持ちだしてソロパートには我関せずで通してきたあすかの闇が深すぎる気がする。
貴重な尺の2話も潰してこの結果だが、府大会までの中ボスはあすかなんじゃないか。もうひと山ありそうではある。

響け!ユーフォニアム 2 [Blu-ray]トゥッティ!響け!ユーフォニアム GUIDE BOOK

拍手

 RSSリーダーで購読する
PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

新着記事・カテゴリ

メニューバーをご利用ください
古いカテゴリーは順に表示されなくなりますので、お手数ですが記事検索をご利用ください

メールで アニメレビューCrossChannel.jp を購読する

ブログ内検索

プロフィール

・管理者:wataru
・好き:V1046-R MAHORO、HMX-12 マルチ、ぽんこつ、黒オーバーニーソ、メイド
・リンクフリーですが、可能であればサイトTOPにリンクお願いします。相互リンクのお誘いは不精者のため辞退させていただいております
・利用状況の管理と広告表示等の目的でCookie及びWeb beaconを利用しています。Cookieの受入はブラウザの設定で選択が可能です
・商品紹介にはAmazonアソシエイトリンク他を利用しています
・当サイト管理者へのご連絡は webmaster★crosschannel.jpまで(★は1バイトのアットマークに置換して下さい)

Shop Link

Copyright ©  -- アニメレビューCrossChannel.jp --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]