忍者ブログ

アニメレビューCrossChannel.jp

アニメのレビュー・感想中心に、アニメ業界の批評もしたり、ゲームレビューしたりしています

   

放課後のプレアデス 第11話「最後の光と彼の名前」

因果の連鎖によるものか、みなとは欠片に刺されて消滅。と同時にすばるも魔力を消失。「何者かになっていない状態」が魔法少女の条件だとしたら、今回の一件ですばるは一体何者になったというのだろうか。観念的で直截な表現もないのだけれど、少し無用な伏線を張っている。元々はもっと長尺な構成だったものをTVシリーズ1クールに再編して、整理しきれない枝葉が残されてしまったような印象。
話は単純だと思うのに見通しの悪さが気になるのは、そんなところに一因があるのかもしれない。

pleiadesTV1101pleiadesTV1102pleiadesTV1103pleiadesTV1104pleiadesTV1105
pleiadesTV1106pleiadesTV1107pleiadesTV1108pleiadesTV1109pleiadesTV1110

一人だけ魔力を喪失したすばるを置いて、他のメンバーだけで最後の欠片集めに銀河の彼方へ。ここで一人魔力回復に焦ることになるすばるのドラマを盛り上げるのが定石なのだが、やはり尺の問題か構成の問題か比較的簡単にみなとと再開して魔力復活。みなとと入れ替わってダークな魔法少女になったように見えるけれども、コスチュームだけなのかもしれない。
荒れた花壇に残されていた花や幼いころにみなとと交わした折り紙や星というエピソードは織り込んでいるのだが、尺が足りないというよりもエピソードの再構築が絵柄とは違って存外に無機質だから、視聴者の期待と製作者の意図が噛み合わない理由でもある。

pleiadesTV1111pleiadesTV1112pleiadesTV1113pleiadesTV1114pleiadesTV1115
pleiadesTV1116pleiadesTV1117pleiadesTV1118pleiadesTV1119pleiadesTV1120

キャラデは満足だが、脚本や構成には佐伯監督の想いが空回りしている印象。
すばるとみなとも復活して最後の欠片を争う最終回になるのは予想がつくのだが、ここまでの伏線消化とエピソードの再構築をしつつ、どうまとめるのか。それともまとめずに投げっぱなしにするのか、いずれにせよ期待は低くして迎えたいと思う。

放課後のプレアデス 第一巻〈初回限定生産版〉 [Blu-ray]「放課後のプレアデス」オリジナルサウンドトラック Febri Vol.29

拍手

 RSSリーダーで購読する
PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

新着記事・カテゴリ

メニューバーをご利用ください
古いカテゴリーは順に表示されなくなりますので、お手数ですが記事検索をご利用ください

メールで アニメレビューCrossChannel.jp を購読する

ブログ内検索

プロフィール

・管理者:wataru
・好き:V1046-R MAHORO、HMX-12 マルチ、ぽんこつ、黒オーバーニーソ、メイド
・リンクフリーですが、可能であればサイトTOPにリンクお願いします。相互リンクのお誘いは不精者のため辞退させていただいております
・利用状況の管理と広告表示等の目的でCookie及びWeb beaconを利用しています。Cookieの受入はブラウザの設定で選択が可能です
・商品紹介にはAmazonアソシエイトリンク他を利用しています
・当サイト管理者へのご連絡は webmaster★crosschannel.jpまで(★は1バイトのアットマークに置換して下さい)

Shop Link

Copyright ©  -- アニメレビューCrossChannel.jp --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]