忍者ブログ

アニメレビューCrossChannel.jp

アニメのレビュー・感想中心に、アニメ業界の批評もしたり、ゲームレビューしたりしています

   

響け!ユーフォニアム 第12話「わたしのユーフォニアム」

府大会でのトランペットソロ選出を巡って争う部内の人間模様は落ち着きを見せ、意外と素直に麗奈の方から香織先輩に仁義を通したから幕引き。夏の日差しの中、大会に向けて全体練習が加速しているけれども、音の厚みを増すということで滝がユーフォに追加パートを持ち込むものだから、新たな試練が久美子に。
最終話直前のタメというには重い課題を抱えた久美子は、ようやく演奏に対して主人公たる悩みとその克服を目指すことになる。
でもこれは府大会で終わる構成じゃないだろう、次があるだろうと想像される「響け!ユーフォニアム」第12話。

euphonium1201euphonium1202euphonium1203euphonium1204euphonium1205
euphonium1206euphonium1207euphonium1208euphonium1209euphonium1210

いきなりの新パートをストレスなく伸びやかに吹き上げるあすか先輩の裏が深いのは先送りとして、凡人かもしれないけれども「ユーフォニアムが好き」というだけで頑張れる久美子を多方面から映し出している。
夏の日差しを避けながら、強い照り返しの反射光で強めのライティングで刻まれる真剣な久美子の表情。「好き」よりも受験勉強を優先した久美子の姉やあおいちゃん、もっと上手くなりたい点では共通するけれども微妙にすれ違っている秀一など、交錯した想いが久美子の悔しさと意地を強く刻み込んだいる。

euphonium1211euphonium1212euphonium1213euphonium1214euphonium1215
euphonium1216euphonium1217euphonium1218euphonium1219euphonium1220

そしてようやく思い当たり到達した、あの時の麗奈の悔しさというものが久美子の全身を震わせ、これから迎える府大会では追加パートの演奏を外されたことで失意に落とし込むのではなく、もう一歩先へのモチベーションへと消化する巧みな構成となった。
滝の「関西大会まで待っている」という言葉で立ち直った久美子だが、まあハッキリ言って空気読まずに滝と二人で会っていたことを麗奈にストレートに伝えるのはどうかと思うよ。ドロドロの展開にならないだろうけど、より一層演奏へ対する競争意識は高まるのだろう。滝の計算じゃないと思うけど。

響け!ユーフォニアム 2 [Blu-ray]TVアニメ 響け!ユーフォニアム キャラクターソング vol.1響け!ユーフォニアム GUIDE BOOK

拍手

 RSSリーダーで購読する
PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

新着記事・カテゴリ

メニューバーをご利用ください
古いカテゴリーは順に表示されなくなりますので、お手数ですが記事検索をご利用ください

メールで アニメレビューCrossChannel.jp を購読する

ブログ内検索

プロフィール

・管理者:wataru
・好き:V1046-R MAHORO、HMX-12 マルチ、ぽんこつ、黒オーバーニーソ、メイド
・リンクフリーですが、可能であればサイトTOPにリンクお願いします。相互リンクのお誘いは不精者のため辞退させていただいております
・利用状況の管理と広告表示等の目的でCookie及びWeb beaconを利用しています。Cookieの受入はブラウザの設定で選択が可能です
・商品紹介にはAmazonアソシエイトリンク他を利用しています
・当サイト管理者へのご連絡は webmaster★crosschannel.jpまで(★は1バイトのアットマークに置換して下さい)

Shop Link

Copyright ©  -- アニメレビューCrossChannel.jp --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]