忍者ブログ

アニメレビューCrossChannel.jp

アニメのレビュー・感想中心に、アニメ業界の批評もしたり、ゲームレビューしたりしています

   

Kanon 第20話「別れの夜想曲〜nocturn〜」

「月宮あゆの消失」あゆシナリオの一つのピークを迎えた回。
割と明示的な伏線をずっと張ってきていたからシナリオにも演出にも意外性は無いが、あゆに関して言えばその魅力を充分に引き出した構成でファンには堪らないだろう。
ボクッ娘じゃない「オレ、月宮あゆ」や名雪の制服を着た姿など、あゆフューチャー回として充分な出来ばえ。

第1話のAパートを始めとして繰り返されるあゆのモノローグ「夢・・・夢を見ている・・・」
それは願いと約束で構成され、夢の中だけで生かされる儚い存在。
その願いと約束は祐一の記憶を頑なに封じ込め、夢を夢であり続けさせる呪文。
祐一とヒロインたちは、この雪の街で7年間の夢の中を生きていると言い換えることが出来るかもしれない。
その中で現実を感じさせるのが水瀬家の二人なのだが、少しあとで触れよう。
やや不安なのがメインヒロイン(真琴・舞・栞)=ファンタジー、サブヒロイン(美汐・佐祐理・香里)=リアルってポジショニングに感じられるので、なっ、な、名雪は?

アバンは前回の祐一とあゆのキスシーンから引きずって照れ顔やセリフがこそばゆいが、今回のキャラデと演出から受ける印象が エロゲ ギャルゲに先祖帰りしたような錯覚を覚える。
ここ、セリフも劇伴も必要ないかも。
感動のシーンを茶化すつもりは毛頭ないが、やはりこの駅前でのシーンは衝動的な行為に感じられる。あゆの入浴シーンでの指先を唇に触れて「あっ」とため息をつくリビドーも、これまでの抑制の効いた演出からは異質。まあサービスカットとして受け取っておけば気にもならないが、そんなカットを狙ってBS-iは警告テロップを入れてくる。

祐一の細かい記憶は曖昧なままだが、お互いの気持ちを確かめてからは次第に手口が大胆になり、ベランダから祐一の部屋へあゆの 夜這い 訪問。
廊下から来ると名雪に気付かれる事を考慮しての行動で、こんな計算が出来るのはあゆらしくない気がするが、愛の力ゆえか。
でも名雪は気付いているはず。次の大会に向けての朝練と取り繕っているが、祐一も驚くほどのシャキっとした顔で朝食の席に先にいるなんて・・・昨晩は祐一の部屋での出来事が気になって眠れなかったに違いない。

回想は夕暮れ、大きな木の上のあゆ。
そしてそろそろ夢からの目覚めの時が近づく。
放課後の駅前で初恋談義の祐一の「ひどく悲しい事があったような気がする」
祐一の記憶の断片カットが一瞬挿入される。
あゆの不安「目の前の現実すべてが夢なんじゃないか」

あゆが通うという学校は西の森の中。その場所は大きな木の切り株。
それはあゆが自ら語った通りの現実。
夢が夢である事に向き合った存在「ボク、ここにいたらいけないの?」
人を人としての存在たらしめているものは自己同一性(self-identity)だと思うのだが、それを担保する夢が覚め現実と向き合うならば、あゆは消えるしかない。
「ゴメンね、祐一君、もう合えないと思うんだ。せっかく再会できたのに、7年ぶりで会えたのに、本当にゴメンね・・・」
7年前はあゆの前から祐一が消えた消える予定だったが、今は祐一の前からあゆが消えた。

余談だが一つ、自己同一性の外面的な記号としては「名前」が必要で、特に昔は戦で名乗ることや名を汚すなど名にこだわる事が多い。祐一の初恋の人の名前を名乗った「真琴」は、この時点で人になったのだと思う。この初恋の年上の人は、上述の駅前でのあゆとの初恋談義の中で「よく覚えていない」人として出てくる。

さて、人外の者たちが跳梁跋扈する夢の中で比較的マトモなのが水瀬母娘。
やっちゃった後で帰宅した祐一とあゆを見つめる名雪、その視線に感づく秋子さんのツートップの遠近カットは、何の効果音や劇伴がなかったとしても、この絵だけで何を言わんとするかわかる。
名雪の視線はあゆに向けられているのではなく、あくまで祐一だけ。
授業中に空を見上げる祐一に視線をやる名雪。
「大会が終わったから、少し親孝行しなきゃ」と言う言葉の先には、祐一への複雑な感情と事件への予感が漂う。

実はこの物語の最大の奇跡は、秋子さんの存在だと同意してくれる方が全国には800人程いると思うのだが、その超母親は名雪の気持ちにもあゆの存在の意味にも気付いている(はず)
真琴の時もそうだったが、祐一に断定して話すことはない。
「7年前の事、覚えてないんですよね?」顔を曇らせつつも「木が1本切られただけで・・・」
それに祐一よ、秋子さんのことを詮索してはいけない。全国の視聴者が知りたがっている事ではあるが「仕事の都合で・・・」とはぐらかされてしまった。
秋子さんの仕事って何だ? 7年前から禁則事項だ。

名雪のシナリオはこれからあるはずだが、いわゆる名雪エンドではない予感がひしひしと・・・
驚きの秋子さんエンドだったら京都に足を向けて寝ないことにするが、順当にあゆ又は全員大団円エンドだろう。
そう言えば「ボクのこと、忘れないで下さい」と対になるセリフの出番がまだ。
あゆの願いが二つ残っているならば、この後どのように描いてくるのか注目。
それは最終回の事かもしれない。
スジと関係ないはずだが、ぴろがベッド上の祐一の足にじゃれていたのが印象に残った。

第21話 君のいない輪舞曲〜ronde〜
第22話 追想の交響楽〜symphony〜
第23話 茜色の終曲〜finale〜
第24話が最終回のようだが、まだ未発表のサブタイは追唱曲〜kanon〜だろう。

Kanon アイテム

拍手

 RSSリーダーで購読する
PR

TRACKBACK

Trackback URL:

Kanon第20話「別れの夜想曲」

今回の祐一は、キャラに似合わずクサイセリフが多かったwでもね、祐一って罪で残酷な男だよ。名雪の気持ちに気付いてないのか?気付いてないんだろうけど、それだけにたちが悪い。名雪と同じ屋根の下で、あゆと良いムードになっちゃって。祐一とあゆの微妙な変....

★Kanon 第20話 「別れの夜想曲 〜nocturn〜」

【公式】前回のあゆとのキス……

Kanon 第20話「別れの夜想曲〜nocturn〜」

 うぉっ!あゆかわええ!!ナンだ、のっけからこの表情!先週のダイレクトな続きで一瞬芽吹いた強烈な殺意がこれだけで雲散霧消、あ、いやっ、決してこれはあゆに転んだわけではなくて、オレの一押しは未だに名雪さんdあぅっ!名雪さんがナニかを感じているっ!!ナンだ、

TVアニメ Kanon 第20話 別れの夜想曲 〜nocturn〜 感想

「TVアニメ Kanon」もう言葉ないです。前回のラストでおれが胸に抱いた期待。それは、まるで「ひとひらの雪」だったのでしょうか。それは、「名前もない雪」だったのでしょうか。

Kanon 第20話 「別れの夜想曲 〜nocturn〜」

第20話 別れの夜想曲 〜nocturn〜

「Kanon」20話 別れの夜想曲(ノクターン) 〜nocturn〜

祐一が他のヒロインと比べてどうしてあゆを選んだのかがよくわからないなぁ。他は親戚にきつねに異能者に重い病を患ってるので順当なのか?なんかもう少しはっきりわかる振りみたいなのがあってもいいのに。好きに

Kanon/20話 別れの夜想曲 〜nocturn〜

赤く染める夕焼けに始まり、雪降る夜の闇に終わった20話。

Kanon 第20話 別れの夜想曲~nocturn~

ああああああああああああ!!! せつねぇぇぇぇぇ!!! これはせつな過ぎるーーー。・゚・(ノ∀`)・゚・。 名雪さんがぁぁぁぁあ 名雪さんがぁぁぁぁぁぁぁ!!

Kanon第20話「別れの夜想曲〜nocturn〜」

 祐一とあゆは、同じ大切な人を目の前で失った経験を持つ事を知り引き合う様に抱き合いキスをした。涙を流しながらあゆは「ごめんなさい。僕祐一君の気持ちを無視して!」と突然のキスの事を謝罪したが祐一は「謝るなよバカ!」と前置きし「俺はあゆの事が好きだ

[Kanon]第20話 別れの夜想曲〜nocturn〜

「Kanon」第20話です。あぁ・・水瀬家に帰ってきたら祐一とあゆあゆは一線を踏み越えた関係に・・w回想世界ではもう祐一は引越し寸前。再び秘密の場所へ一緒に足を運びます。翌日もいつも通り一緒にあゆあゆと登校です。んと・・三次方程式・・・?私もわからんからまだま

Kanon 第20話 「別れの夜想曲 〜nocturn〜」

[[attached(1)]]前回の続きで、祐一とあゆのキスから。した後、謝るあゆでしたが・・・||<#FFFFFF' style='color

Kanon 第20話 「別れの夜想曲〜nocturn〜」

「オレは、あゆの事が好きだ!」 言ってしまったか・・・言ってしまったか・・・ ついに解禁された祐一の「好き」。なんでしょうか?、この胸に湧き上がる感情は・・・思

『Kanon』第20話「別れの夜想曲〜nocturn〜」

 祐一とあゆは前回のラストをキスで終えました。公衆の面前だというのに、なんてハレンチなんざましょ! ルース・ベネディクト曰く、日本文化は恥の文化。外にあっては感情をさらけ出すことなく内に秘めておくのが礼節な

Kanon 第20話 別れの夜想曲

あゆちゃんとなゆちゃん、どちらを選ぶかと言われればなゆちゃんを選ぶ私であるのだが

『KANON』 第20話 観ました

昨夜は光接続のブロバイダで緊急メンテで00

(アニメ感想) Kanon 第20話 「別れの夜想曲(ノクターン) 〜nocturn〜」

Kanon 第2巻/アニメ互いの愛を確かめ合った祐一とあゆ。待ち続けた七年間を取り戻すため、二人はこの愛を育んでいくことを誓う。そして・・・。

Kanon 第20話

$FILE1[関連リンク]http

Kanon 第20話 別れの夜想曲 〜nocturn〜

見ました.今回も素晴らしいクオリティでした.{%warai_a%}

Kanon【第20話】

たい焼き味のキスをブチかましたあゆ、気持ちも確かめずにごめんと謝るあゆだが、あまりにも唐突に好きだと告白する祐一・・・あ、ありですか?こんな脚本?

Kanon 第20話「別れの夜想曲 〜nocturn〜」

Kanon 第20話「別れの夜想曲 〜nocturn〜」 ついに別れの時が…

アニメ「kanon」第20話 感想。

第20話「別れの夜想曲〜nocturn〜」※管理人は原作未プレイです。ので、たまに変な事を言うかもしれませんがご了承ください。……無理。もう今回はレビュー放棄していいですか……私には無理だ。などと見ている間中思っていましたよ。で、でも負け、ないもの。いや、負ける

Kanon 第20話 「別れの夜想曲〜nocturn〜」

神の予感。前回あれほどこき下ろしといてなんですが。いや、はなからネタとして見てるコードギアスとは違って、Kanonは気持ち正座で見てるんですがね、こいつぁすげぇ。幸せの中に感じる漠然とした不安。過去の記憶

Kanon 第20話「別れの夜想曲 〜nocturn〜」

木が1本切られただけで…。

『Kanon』第20話

 互いを慰めあうようにキスした“祐一”と“あゆ”。途端に我に帰り、さっきしたことについつい恥ずかしさがこみ上げてきた二人は、ともに居候している水瀬家に帰ってきても、何だかぎこちない態度に終始してしまう。その夜、自室に一人佇んでいた“祐一”は窓の外に誰かい

■kanon 第20話「あんまり起こらないから”急展開”って...

■kanon 第20話「別れの夜想曲〜nocturn〜」          またワケ分からん事になってきた。。。いや、まぁもう慣れたけどさ。^^;そんなわけで、今回は祐一とあゆがラブラブやるお話。「俺はあゆの事が好きだ!」・・・。うん、まぁいいんじゃね..

Kanon第20話「別れの夜想曲〜nocturn〜」見ました

Kanon第20話「別れの夜想曲〜nocturn〜」見ましたー。※原作未プレイ、東映版未視聴です。「俺、月宮あゆっ」かわいいこれだけを書こうとしていましたが、後半になるとシリアスになってそれだけでは済まない模様空っぽのカバン。行っていた筈の学校。見つからない探し物。あ

Kanon 第20話「別れの夜想曲 〜nocturn〜」

人の善意を無視するヤツは一生苦しむぞ腐れ外道。腐れ縁の食い逃げ少女なんかどうでもいい。ボクのお願いは、とりあえず名雪をフォローしてやって欲しい事だけです……orz

Kanon 第20話 「ひぐらしの夜想曲 〜nocturn〜」

あ「祐一君は願い事叶えてくれるって言ったよね・・」祐「あ、あぁ・・」「嘘だ!!!」「足音が一つ多い!?ふっ、振り向いたら殺られる!?((((;゚Д゚))))」来週からカノ

Kanon 第20話「別れの夜想曲〜nocturn〜」

ただ、ひどく悲しいことがあったような気がする―― あゆから祐一へのキス。 それが7年越しに叶った二人の想い。 そして…別れのはじまり――。 いよいよ、無くしたものの核心に迫ります。 見つからないほうがよかったものに…

Kanon 第20話「別れの夜想曲 〜nocturn〜」

今回は名雪にもあゆにも泣けた!!

Kanon第20話「別れの夜想曲〜nocturn〜」感想

神。

Kanon

20話「別れの夜想曲 〜nocturn〜」 おややぁぁぁ〜?アバンからいきなり「祐一」の告白ですかっ!以前から「あゆあゆ」の事が好きだって!う〜ん、う〜ん、、う〜ん、、、どうなんでしょうか?まぁ人を好

[アニメ] Kanon 第20話 「別れの夜想曲 〜nocturn〜」

Kanon第20話。結ばれた想い。だが、別れは突然に。

Kanon 第20話「別れの夜想曲 〜nocturn〜」

別れ

Kanon 第20話 「別れの夜想曲 〜nocturn〜」感想

久しぶりのアニメ感想です。うたわれるものにかまけていた所為で感想を放置していましたが、本日全クリしましたのでようやく再開いたします。さて、この20話までに栞シナリオが消化されましたね。感想書いてい

あゆの艶っぽい唇にキスしたくなるね

「Kanon」の第20話を見ました。<感想>「俺はあゆのことが好きだ!」初っ端からノロケで入るから、バカップルメインかと思っていたのに・・・。あゆが消えちまったじゃねぇか!!!あまりに唐突だったせいか思考が止まり、ふと感想を書きながら思い...

Kanon 第20話「別れの夜想曲〜nocturn〜」 感想

キスしたらいつの間にか恋人関係になったあゆと祐一。そして、二人とも家に帰るわけですが・・・名雪さん切ねエエエエエエエエッ!!! っていうか、、、何あの祐一とあゆの空気!あれじゃ二人に何かあった

Kanon 第20話

■Kanon■

Kanon 20

= 第20話 「別れの夜想曲 〜nocturn〜」 ={{{おいおい、今回はツンデレ祐一かよっ!!(笑)やはり、男のデレはいらんな。てか、祐一、一気にラブラブに成杉。栞や名雪とはここまでならないのに、あゆの時だけ何でこんなに早いんだ!? 流石主人公とヒロイン!!ストーリーも重い方

Kanon 第20話「別れの夜想曲 〜nocturn〜」

カノンもとうとう20話まで来ましたね。名雪ルートは、一体どうなってしまうのでしょうか?とりあえず、祐一に殺意を覚えた・・・俺のあゆに手を出すんじゃねぇ(まtつーか、狙ってやってるだ

Kanon 第20話 「別れの夜想曲〜nocturn〜」

Kanon 第20話 「別れの夜想曲〜nocturn〜」あゆと祐一のキス。 お互いの気持ちは一緒。7年間の想いが叶ったのだった。

kanon 〜カノン〜 第20話「別れの夜想曲 〜nocturn〜」

カノン第20話は、ハンカチやタオルを用意せずティッシュを用意するんだ!!ハァハァするシーンのためにティッシュを使うからだ!!(逝[[img(http

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

無題

  • by きつねのるーと
  • URL
  • 2007/02/17(Sat)00:44
  • Edit
TBをどうもです。

さてさて、
>昨晩は祐一の部屋での出来事が気になって眠れなかったに違いない。

間違いなくそうですね。
しかもそれを気取られないよう自然に振る舞っているのが…(泣)”

無題

  • by wataru
  • URL
  • 2007/02/17(Sat)16:57
  • Edit
いつもありがとうございます。

名雪が布団に入っているカットはありましたが、寝ているとは限りませんからね。

無題

  • by jiro
  • URL
  • 2007/02/18(Sun)21:40
  • Edit
wataru様どうもです!

>7年前から禁則事項
やっぱそうなんですか。
気になって名雪以上に夜眠れなくなりそうです。

>ぴろがベッド上の祐一の足にじゃれていた
私はあれ祐一がぴろを無碍に扱っているようで、これまでの真琴や舞、栞を忘れたみたいでイヤでしたね。そりゃうぐぅとキスすれば舞い上がるだろうけど・・・。

私からもトラックバックさせていただきます。

無題

  • by wataru
  • URL
  • 2007/02/19(Mon)09:50
  • Edit
jiro様、いつもどうも。

秋子さんを詮索して秘密機関に消された者は数多いという噂が・・・

>祐一がぴろを無碍に扱っているようで
そのうちしっぺ返しが来るのではないかと期待?しています。
秋子さんも名雪も秘密にしているけど、実は祐一は不治の病エンドとか。
それはないか・・・

新着記事・カテゴリ

メニューバーをご利用ください
古いカテゴリーは順に表示されなくなりますので、お手数ですが記事検索をご利用ください

メールで アニメレビューCrossChannel.jp を購読する

ブログ内検索

プロフィール

・管理者:wataru
・好き:V1046-R MAHORO、HMX-12 マルチ、ぽんこつ、黒オーバーニーソ、メイド
・リンクフリーですが、可能であればサイトTOPにリンクお願いします。相互リンクのお誘いは不精者のため辞退させていただいております
・利用状況の管理と広告表示等の目的でCookie及びWeb beaconを利用しています。Cookieの受入はブラウザの設定で選択が可能です
・商品紹介にはAmazonアソシエイトリンク他を利用しています
・当サイト管理者へのご連絡は webmaster★crosschannel.jpまで(★は1バイトのアットマークに置換して下さい)

Shop Link

Copyright ©  -- アニメレビューCrossChannel.jp --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]