忍者ブログ

アニメレビューCrossChannel.jp

アニメのレビュー・感想中心に、アニメ業界の批評もしたり、ゲームレビューしたりしています

   

クズの本懐 第4話「Bad Apple!!」

花火と麦の関係は「敗者の選択」に追い込まれたような閉塞感があるけれど、今回はそんな麦には出番もなく、花火にとってはクズの先達のような茜先生が本性を現した「クズの本懐」第4話。
彼らのことをクズと呼ぶのは方便のようなものであって、それは自己愛や顕示欲に彩られたヒロインたちが女として主張する生き様を指すのだと教えてくれる奥深い作品だ。
自分に向けられる視線と感情を見栄えのいいところだけを摘みとって、それを自分を飾るために最適な形で織り上げ、それを体にまとう茜先生をビッチと呼ぶのは容易い。男から寄せられる好意が彼女を輝かせ、その裏で深く沈んだ影が都合の悪いライバルたちを飲み込んでゆく。

kuzunohonkai0401kuzunohonkai0402kuzunohonkai0403kuzunohonkai0404kuzunohonkai0405
kuzunohonkai0406kuzunohonkai0407kuzunohonkai0408kuzunohonkai0409kuzunohonkai0410

キャリアという点では茜が体を重ねた男の数や交わった回数など、レベル0に近い花火は比較しても勝ち目などなく、さらには女の本性の激烈さでも敵ではない。なにせ茜は叶えられない願いを消化するための代替物など必要としていない完全体なのだから。今のところは。
完全と思われる茜だが、自信過剰ゆえの油断なのか計算なのか知らぬが、タバコ吸う男とベッドを共にした翌日に同じ服、下着は替えがあるかもしれないが、そのまま出勤するのは鈍いとしか思えない。明確な好意と悪意には敏感そうだが、ニュートラルな視線には鈍感なのかもしれない。
茜の圧倒的なクズっぷりに吹っ飛ばされた花火は早苗の好意を半ば利用して、空いた心と身体の穴埋めの道具扱い。好きだと言ってるけれども花火から向けている好意はないからね。
また逃げた形の花火だが、麦を片思いしている女だって引き下がるとも限らないし、早苗も麦も茜と花火がクズ両巨頭である現状に気づかないはずはない。八方塞がりにならないことを祈ろう。

B01N0ZSC2H

拍手

 RSSリーダーで購読する
PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

新着記事・カテゴリ

メニューバーをご利用ください
古いカテゴリーは順に表示されなくなりますので、お手数ですが記事検索をご利用ください

メールで アニメレビューCrossChannel.jp を購読する

ブログ内検索

プロフィール

・管理者:wataru
・好き:V1046-R MAHORO、HMX-12 マルチ、ぽんこつ、黒オーバーニーソ、メイド
・リンクフリーですが、可能であればサイトTOPにリンクお願いします。相互リンクのお誘いは不精者のため辞退させていただいております
・利用状況の管理と広告表示等の目的でCookie及びWeb beaconを利用しています。Cookieの受入はブラウザの設定で選択が可能です
・商品紹介にはAmazonアソシエイトリンク他を利用しています
・当サイト管理者へのご連絡は webmaster★crosschannel.jpまで(★は1バイトのアットマークに置換して下さい)

Shop Link

Copyright ©  -- アニメレビューCrossChannel.jp --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]