忍者ブログ

アニメレビューCrossChannel.jp

アニメのレビュー・感想中心に、アニメ業界の批評もしたり、ゲームレビューしたりしています

   

京都アニメーション版「Kanon」補遺

自分で書いた各話毎の感想を読み返すと、少々変なところもあるが、そのままにしておく。
DVDリリースは8月まで続くので、その都度感想を書くと思うが、TVシリーズが終わったところで少々補足を書いておこうと思う。春の新番が始まると書けない気がするし。

オープニング・エンディング曲は原作PCゲームと同じ。
その頃から薄ぼんやりと思っていたが、今回のアニメ化で納得できた事がひとつ。
「Last regrets」はオープニングに合わない。
TVサイズになると一層中途半端さが感じられる。
劇伴アレンジでは作品に溶け込む曲なのだが、オープニングの「何か始まる」期待感には程遠い。

一方のエンディング曲「風の辿り着く場所」
実は本当のオープニングはこちらなのではないか?
この詞とアレンジから、エンディングの気がしない。アニメだとあゆがリズムに同期して走っているから特に。ただし映像では、前方に大きく余白を取り(クレジットが流れる)左手に向かって走るから、時流は過去に向いている。
この点では、過去を探す旅の始まりの曲の印象。
制作側の意図はわからないが、最終回後に受けた印象では主人公・祐一の欠けた記憶の7年間が埋まり、新たな物語のオープニング曲としてエンディングに選んだと勝手に理解しておく。
DVD第3巻のオーディオコメンタリーで麻枝氏が「折戸氏はボーカル曲苦手だから」のような事を言っていたが、割り引いて受け取ったほうが良い。

シリーズ構成は大雑把に言って、序盤は日常の光景の中でキャラ紹介を兼ねながら、ヒロイン相互にできるだけ関連付けしつつ伏線を張る。
中締めが真琴。間違いなくシリーズ前半のヒロイン。「風の辿り着く場所」をフェードインして締めているのがその証拠(筆者が勝手に思っているだけかも)
中途退場・消失に見えるけれども、真琴には願いが叶って帰る場所があるから幸せな終わり方だったのだろう。
もし真琴の締めがなかったら、中だるみになっていた事と思う。

中盤以降、舞の解放と佐祐理、祐一のトライアングルを描き、栞と香里の姉妹関係、祐一とは兄妹のような関係を描いた。
あゆと名雪の関係を擬似姉妹のように描く場面もあったから、どちらに転ぶかと思ったが、順当にあゆエンドだった。
個人的には名雪の扱いが残念な部分もあるが、納得はできる。
各ヒロイン毎の見せ場は押さえつつ、矛盾のないシナリオを書くのは苦労した事と思う。

画は概ね文句はない。
原作カットが要所で取り入れられていたのは嬉しかった。

少々古い作品だし、派手な演出もないので若い人には受けなかったのではないかと思う。BS-iのみで放送と言う事も視聴者の幅が狭かったと思う。
原作ファンのためのアニメともいえるが、逆にこのアニメから原作ゲームに興味をもってくれる人が増えると嬉しい。
この時代のPC版は売る為に「エロゲ」の体裁を取らざるを得ない事も多かったのだが、それがなくてもシナリオには何の破綻もない。
全年齢版やコンシューマ版もあるので、興味を持った方は試してみて欲しい。
但し、この頃のいたる絵は癖が強いけど、それも個性。

Kanon ベスト版Kanon ベスト版 PS2版

拍手

 RSSリーダーで購読する
PR

TRACKBACK

Trackback URL:

改めて京アニ版「Kanon」を振り返ってみた

他のブログ様を見て「Kanon」の最終話に関して訝しく思っていたのが、少し溜飲が下がったのでそこを少し。まず真っ先に私が浅はかだったなぁと思わせられたのが、京アニを語らせたら右に出る者がいないと私が崇めている、Old Nayukist's BLOGのてりぃ様の最終話の記....

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

無題

  • by jiro
  • URL
  • 2007/03/30(Fri)23:05
  • Edit
wataru様どうもです!

エンディング曲に関して、私は「風の辿り着く場所」のイントロが切られているのが本当に残念。駆け出すエネルギーを溜めている感も補完出来るし、組み込んで欲しかった。

>この時代のPC版は売る為に「エロゲ」の体裁を取らざるを得ない事も多かった
そうなんですか。実際のところ、当時の絵で興奮出来るとはあまり思いませんが、風潮があったんですね。

えっちぃ話は置いといて、「CROSS†CHANNEL 」でこれをひしひしと痛感。某有名所のRPGよりシナリオの完成度が高い作品がPCゲームには多いです。

なのでえっちぃシーンが別にいらない私のような人間には、コンシューマ化は非常にありがたいです。

「こんにゃく」、「Fate」も買わないとなぁ。社会人初っ端から忙し過ぎる。

無題

  • by wataru
  • URL
  • 2007/03/31(Sat)08:26
  • Edit
jiro様、こんにちは。

>風潮があった
PCゲームは参入障壁が低い分、今でも同じ風潮ですが、大手はエロなしでもやっていけるまでになったかと。

資金の無い分、売るためには絵やシナリオの充実が欠かせませんからね。市場が狭い分、大宣伝しなくてもプレイヤーに届きやすいニッチ市場ですね。
その市場から原作を掘り出して、アニメなどの商業化しようと広告代理店などは躍起になっているわけですが。

コンシューマゲーム、特にPS2の凋落はキラーコンテンツを十分用意できずにPCゲームの移植でお茶を濁すことが多くなってからだと思います。エロシーン回避したいプレイヤーには全年齢PC版出せば良い位の市場しかないのに、開発費かけてPS2移植しても元が取れるタイトルは多くないのではないかと。
オーディオ、グラフィックは一昔前はPS2が圧倒してましたが、PCの低価格化でノベルゲーならPCで問題ないはずです。
あとはプレイヤーの習慣の問題だけ。
こんな状況の反面教師がDSであり、Wiiの成功だと思うのです。

いかん、愚痴っぽくなってきました。
また、次の作品の感想を楽しみにしております。

新着記事・カテゴリ

メニューバーをご利用ください
古いカテゴリーは順に表示されなくなりますので、お手数ですが記事検索をご利用ください

メールで アニメレビューCrossChannel.jp を購読する

ブログ内検索

プロフィール

・管理者:wataru
・好き:V1046-R MAHORO、HMX-12 マルチ、ぽんこつ、黒オーバーニーソ、メイド
・リンクフリーですが、可能であればサイトTOPにリンクお願いします。相互リンクのお誘いは不精者のため辞退させていただいております
・利用状況の管理と広告表示等の目的でCookie及びWeb beaconを利用しています。Cookieの受入はブラウザの設定で選択が可能です
・商品紹介にはAmazonアソシエイトリンク他を利用しています
・当サイト管理者へのご連絡は webmaster★crosschannel.jpまで(★は1バイトのアットマークに置換して下さい)

Shop Link

Copyright ©  -- アニメレビューCrossChannel.jp --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]