忍者ブログ

アニメレビューCrossChannel.jp

アニメのレビュー・感想中心に、アニメ業界の批評もしたり、ゲームレビューしたりしています

   

ひだまりスケッチ 第12話「12月24日 ChristmasEve/12月25日 サヨナラ・・・うめ先生」(最終話)

二本立て風で、お得な感じの(気のせい)最終話。
沙英の妹、智花(ちか)ちゃん登場。
姉と違って活発そうで小生意気な中学三年生を演じるのは、釘宮理恵。
この手のキャラをやると、屈指の存在。
この声質と演技にかかるとキャラも可愛く見えてくる不思議(甘いなあ・・・)

智花ちゃん、沙英のところに一泊してから、上京している友達を訪ねて行くようだ。
少女の一人暮らし・都会への憧れと、現実の厳しさを知る姉の、お互い姉妹だからわかっているのに言葉で交わし合えないもどかしい感じが上手に表現されて、ひだまり荘の皆のフォローも優しい。
この智花ちゃん、原作コミックにはないアニメオリジナルの設定だと思う。

そして登場のポイントを絶対にはずさない吉野屋先生。
休日の学校にも現れるし、サンタの衣装(コスプレと言ってはいけないようだ)でクリスマスケーキの差し入れ。
ネタキャラに思えるけれど、美術の才能があることを感じさせるし、そのおおらかな性格は育ちの良さも感じさせる。原作コミックの設定を改変していない。
クリスマスイブと言うのに、ひだまり荘の住人プラス智花ちゃん&吉野屋先生と男っ気なし。
それでいて何の不幸もなさそうな、その光景はこの世界には似合っている。

Bパートは明けてクリスマスの日。
雑魚寝した朝、智花ちゃんは慌ただしく友達との待ち合わせに出て行きました。
クリスマスの感じではなく、冬休みに入って郷里への帰省前の1日の側面を描く。
皆で買い物に行き、夜は湯豆腐。
こっそり智花のバッグにサイン入りの著書を忍ばせた、沙英の照れ屋の性格も可愛らしく描かれている。

シリーズ構成と今話の脚本は長谷川菜穂子。
女性の機微を下品になることなく、優しく表現するのが得意なようだ。
その反面、宮子の動きは大人しくなるし吉野屋先生の奇行も押さえた脚本になるのは残念だが、方向性は間違っていない。
年が明け、ひだまり荘にゆの達が帰ってきたら、何事もなく次回が始まりそうな終わり。

智花にあげた「橘文」のサインは新谷良子が書いたようだ。確か何話だったか、手形も取っていた。
スポンサーバックの絵は原作者本人「蒼樹うめ」でした。

そう言えば第10話、CBC納品分では直っていたようですね。BS-iで確認してみます。
第10話の制作遅れには文句も言いたくなるが、その他は思ったほどの新房流過剰演出もなく、原作コンセプトを生かした構成。
4コマ原作を工夫してアニメアレンジした努力は評価できる。
原作が貯まったら、次のシリーズを期待しています。

ひだまりスケッチブック ビジュアルファンブック
ひだまりスケッチブック ビジュアルファンブック

拍手

 RSSリーダーで購読する
PR

TRACKBACK

Trackback URL:

ひだまりスケッチ 第12話 最終回 「12月24日 christmaseve  12月25日 サヨナラ・・・うめ先生」

ついに最終回を迎えてしまいましたあぁ、また一つ、笑えたアニメが終わっていく・・・・・・

ひだまりスケッチ 第12話(最終回)「12月24日ChristmasEve/12月25日サヨナラ…うめ先生」

12月24日 前から来る来ると予告されていた紗英の妹チカ(智花・中3)到着。まあそれでどこかへ行くとかいうこともなくw休みの学校に入っては校長や吉野家センセイに出会うわけで。(二人ともサンタ、サ

ひだまりスケッチ・第12話

「12月25日 サヨナラ…うめ先生」 いよいよ最終回。これまでメールで何度か出て

「ひだまりスケッチ」12話 「12月25日 サヨナラ…うめ先生」

沙英の妹が釘宮理恵かぁ。声としては妥当かもしれないけど意外だ。沙英はなんか家族と不和なのかと思ってたけどそうではないのね。つい邪険に扱うなんて沙英らしいといえば沙英らしいか。サインを書くかどうかでケンカにな

ひだまりスケッチ 『最終回』 「12月25日サヨナラ…うめ先生」

クリスマスイブに沙英の部屋で過ごすヒロ。そこに買出しから戻ってきたゆのと宮が加わる。沙英とヒロのやり取りを見ていると、沙英に会いに誰かが来るらしい。今日の沙英はどこかいつもと違う様子。すると、ゆのが窓の外の一人の女の子と目が合う。その女の子は、沙英の妹・

ひだまりスケッチ #12

ついに早くも最終回・・・・・・悲しい・・・最終回はさえの妹、チカちゃんが来たアルよ〜(何かとかぶってる!?) ひだまりスケッチ (2) 限定版蒼樹 うめ (2006/12/27)芳文社 この商品の詳細を見る

ひだまりスケッチ 第12話(最終話)

12月25日 サヨナラうめ先生最終回。沙英の妹・智花の登場。姉と違って意外に高スペック

ひだまりスケッチ/12話 12月24日 ChristmasEve・12月25日 サヨナラ・・・うめ先生

お好み焼き×湯豆腐=最終話

続編希望(ひだまりスケッチ第12話)

ぽっと出の小娘に最終回の見せ場を持っていかれてたまるか!非レギュラーメンバーに、大事な見せ場は断じて渡さないぞ!そんな気合いが感じられる吉野家先生の奮闘劇。まさか校長先生まで奮闘するとは予想外でしたが…嗚呼、赤

ひだまりスケッチ 第12話「12月25日 サヨナラ…うめ先生」 感想

沙英さんの妹智花ちゃん襲来。はじめ、声が釘宮さんだって気付かなかった・・・。どこかで聞いたんだ。どかで聞いたんだと思ってたんだけどね。いや〜ツンデレしてない素直な釘宮ボイスってなんか新鮮。

ひだまりスケッチ第12話感想

ひだまりスケッチ第12話「12月24日ChristmasEve/12月25日サヨナラ…うめ先生」ってことで。うたわれるものらじおのイベントチケット結局入手できず、かなりへこんでおりますが、まぁこのアニメみて少し元気を取り戻すとしますか・・・ひだまりスケッチノベル早速感想。あ..

ひだまりスケッチ 第12話 「12月25日、サヨナラうめ先生」

沙英の妹の登場。沙英は、てへり状態。おまけにヒロは、沙英のことを惚気ていますよ。いいのかなぁ。

ひだまりスケッチ 第12話(最終話)「12月25日 サヨナラ…うめ先生」

毎週の癒しだったひだまりも今回でおしまい。沙英さんの妹・智花ちゃんを向かえクリスマス編です。今回は24日と25日の二本立てでお得かも(笑)

○ひだまりスケッチ 第12話○最終回かんそう!!

『アニメ声の声優!通称:あにめ』ちなみに、フルネームがコチラ↑で御座います(笑)*:参照<小山剛志のNo Pain,No Life>いや〜最後まで、アニメ声が炸裂してましたね〜これはこれで、ありですね(笑)ちなみに、本編の方はと言いますと。二部構成になっていま...

ひだまりスケッチ 最終話

 お名残惜しいけど、こちらも今回でおしまい。

ひだまりスケッチ 第12話「12月25日 サヨナラ…うめ先生」

ひだまりの最終話。

ひだまりスケッチ 第12話(最終話)「12月25日 サヨナラ…うめ先生」

第12話(最終話)「12月25日 サヨナラ…うめ先生」今回のお話では沙英さんの妹のちかちゃんがやってくる。

ひだまりスケッチ 第12話「12月25日 サヨナラ・・・うめ先生」

ついに最終話。沙英の妹:智花登場。

ひだまりスケッチ

「12月25日サヨナラ…うめ先生」  こちらも最終回です!後半になってとても気になるアニメにってきたのですが、今回もなかなかの出来でした、サブタイの意味はよくわかりませんが、いくらてせも第二期が出来そ

ひだまりスケッチ

第12話 「12月25日 サヨナラ…うめ先生」 遂に最終回。どんなまとめ方で終わるのだろうか?沙絵の妹:智花登場。声の人は釘宮理恵さんです。料理好き。ゆの、宮子、沙絵の部屋。吉野屋先生、デッサンに使

ひだまりスケッチ (#12) FINAL

「12月25日 サヨナラ…うめ先生」 11話見逃したので、まず最終回感想から 明日BSで11話視聴します、総括もそちらで〜・流星の如く訪れ去る 今回の要約はこんな感じで。

ひだまりスケッチ 第12話「12月25日 サヨナラ・・・うめ先生」(最終回)

博士「黄金のカルテットよ、さらば・゚・(つД`)・゚・」 助手「良い最終回でしたね・・・」

ひだまり荘の管理人になるか

「ひだまりスケッチ」の最終話となる第12話を見ました。<感想>主要キャラが全て登場した上に、なんとさえの妹が登場。いきなりでびっくりしていたら、声を聞いた瞬間更にびっくり。まさか釘宮様をたった1話だけ起用するとは・・・。そして友達と遊びに行....

ひだまりスケッチ 第12話(最終回)

最終回は、クリスマスイブと当日の12月24・25日2日間のお話でした。今までずっと1話1日だったのが、初めて1話で2日分。半パートで1日ずつだったので、12話と13話というような感覚でした。沙英の妹の智花がついに登場。度々沙英に連絡を取っていた....

レビュー・評価:ひだまりスケッチ/第12話「サヨナラ…うめ先生」

品質評価 32 / 萌え評価 37 / 燃え評価 0 / ギャグ評価 17 / シリアス評価 6 / お色気評価 12 / 総合評価 18レビュー数 93 件 うめ先生、サヨナラ…。私達、忘れないよ……、ずっと…。

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

無題

  • by jiro
  • URL
  • 2007/04/08(Sun)11:18
  • Edit
wataru様どうもです!

智花はアニメオリジナルなのに、びっくりするぐらい空気に馴染んでいましたね。

ちなみに釘宮様が声を担当すれば、誰もが可愛いです!

吉野家先生を初めとするメンバーに男がいたら絶望です。とりあえずみやちゃんは私のお嫁さんなんで。

本作最後のトラックバックをさせていただきます。

無題

  • by wataru
  • URL
  • 2007/04/08(Sun)12:10
  • Edit
jiro様、コメントありがとうございます。
>ちなみに釘宮様が声を担当すれば、誰もが可愛いです!

私以上に、甘いなあ(笑)

男の影を感じないキャラたちばかりてのも良かったのかもしれませんね。
第二期があったら、またお会いしましょう。

新着記事・カテゴリ

メニューバーをご利用ください
古いカテゴリーは順に表示されなくなりますので、お手数ですが記事検索をご利用ください

メールで アニメレビューCrossChannel.jp を購読する

ブログ内検索

プロフィール

・管理者:wataru
・好き:V1046-R MAHORO、HMX-12 マルチ、ぽんこつ、黒オーバーニーソ、メイド
・リンクフリーですが、可能であればサイトTOPにリンクお願いします。相互リンクのお誘いは不精者のため辞退させていただいております
・利用状況の管理と広告表示等の目的でCookie及びWeb beaconを利用しています。Cookieの受入はブラウザの設定で選択が可能です
・商品紹介にはAmazonアソシエイトリンク他を利用しています
・当サイト管理者へのご連絡は webmaster★crosschannel.jpまで(★は1バイトのアットマークに置換して下さい)

Shop Link

Copyright ©  -- アニメレビューCrossChannel.jp --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]