忍者ブログ

アニメレビューCrossChannel.jp

アニメのレビュー・感想中心に、アニメ業界の批評もしたり、ゲームレビューしたりしています

   

クズの本懐 第10話「カラノワレモノ」

メインヒロインだと思っていた花火を追いやって、すっかり茜先生がメインヒロイン然として終盤を取り仕切る「クズの本懐」第10話。
茜が麦を虜にし翻弄し、クズの質量ともに花火の数倍も上回る茜が圧倒する展開かと思われたが、どうやら雲行きが怪しくなってきた。確か1クールでまとめるはずのようだが、上江洲さん、どんな脚本を書いたのだろう。茜が花火に刺されてエンドってことはないだろうが。

kuzunohonkai1001kuzunohonkai1002kuzunohonkai1003kuzunohonkai1004kuzunohonkai1005
kuzunohonkai1006kuzunohonkai1007kuzunohonkai1008kuzunohonkai1009kuzunohonkai1010

男を値踏みしつつ自分の女の価値を最大化して最適なタイミングでディールする天性の悪女かと見られていたが、どうやら根の部分は違うみたい。今回は他のヒロインを追いやって有り余る尺の中で、独白という形ではあるが麦と鐘井を相手に思う存分内面を吐露してくれた。麦も茜の評価と自分の戦略を解説するけれども、茜と比べると小粒。
女の中に潜む少女を無意識に飼い慣らし、決して表には出さないしたたかさは女性という性に共通のものなのだろう。でも今回少し茜の中の少女が顔を見せてしまうのは、青春期をこじらせすに女になった成功体験ゆえの油断だろうか。思春期に抗体を得ずに大人になった体は熱病に耐えられるのだろうか。彼女が言うように他の道を知らないで済んだから、一本道を歩む彼女の足元は迷いがないものの目的地が見えない。
心の中に少年を飼っているわけではない、少年そのままの麦にはオトナのオンナの手練に歯向かうすべもない。かと言って茜の救済など尺を割く必要もなく、クズのままで散らして欲しいのだがどうなるか…思春期こじらせて迷走中の花火の挽回はあるのだろうか。

拍手

 RSSリーダーで購読する
PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

新着記事・カテゴリ

メニューバーをご利用ください
古いカテゴリーは順に表示されなくなりますので、お手数ですが記事検索をご利用ください

メールで アニメレビューCrossChannel.jp を購読する

ブログ内検索

プロフィール

・管理者:wataru
・好き:V1046-R MAHORO、HMX-12 マルチ、ぽんこつ、黒オーバーニーソ、メイド
・リンクフリーですが、可能であればサイトTOPにリンクお願いします。相互リンクのお誘いは不精者のため辞退させていただいております
・利用状況の管理と広告表示等の目的でCookie及びWeb beaconを利用しています。Cookieの受入はブラウザの設定で選択が可能です
・商品紹介にはAmazonアソシエイトリンク他を利用しています
・当サイト管理者へのご連絡は webmaster★crosschannel.jpまで(★は1バイトのアットマークに置換して下さい)

Shop Link

Copyright ©  -- アニメレビューCrossChannel.jp --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]