忍者ブログ

アニメレビューCrossChannel.jp

アニメのレビュー・感想中心に、アニメ業界の批評もしたり、ゲームレビューしたりしています

   

クズの本懐 第11話「やさしいかみさま」

シリーズも中盤以降になってから花火の存在感が薄れてきて、茜先生がメインヒロインだっけ?と思ってしまう展開になってきた。でもそれはそれで間違っているわけでもなく、クズたちの群像劇を描くなかで彼女のユニークさが際立っているからであろう。全ての女性が彼女と同じでないはずであることは、花火もモカも茜とは一線を画すためにもがいているのを見ているとわかる。
花火だって茜のデッドコピーになる可能性は常に描かれており、茜の個性のみが彼女をそんなクズにしているわけではない。茜の中に潜んでいる彼女の「少女」が彼女の「オンナ」とせめぎ合っていることを彼女は知らない。

kuzunohonkai1101kuzunohonkai1102kuzunohonkai1103kuzunohonkai1104kuzunohonkai1105
kuzunohonkai1106kuzunohonkai1107kuzunohonkai1108kuzunohonkai1109kuzunohonkai1110

そんな茜を鐘井の中の「少年」が動かして求婚を受け入れたと描かれているけれども、鐘井のストレートな鈍さが茜の目を曇らせたに過ぎないのだと思う。その錯覚が未来を保証することはないけれども、少なくとも少年が少年のままでしかなかった麦が相手とは違った道は開けるのだと思うと控えめな拍手を贈りたい。
腐れビッチな茜を変えてみせるなどと一時でも思った麦を笑うつもりはない。少年のままではいられなくなった時、世界の全てを統べる力を持った、そんな壮大な勘違いをするものなのだ。オトコたちは。
最終話は心に潜む少年少女を持て余した行く末の麦と花火の結末を見届けたいと思う。

B01N33AX0B

拍手

 RSSリーダーで購読する
PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

新着記事・カテゴリ

メニューバーをご利用ください
古いカテゴリーは順に表示されなくなりますので、お手数ですが記事検索をご利用ください

メールで アニメレビューCrossChannel.jp を購読する

ブログ内検索

プロフィール

・管理者:wataru
・好き:V1046-R MAHORO、HMX-12 マルチ、ぽんこつ、黒オーバーニーソ、メイド
・リンクフリーですが、可能であればサイトTOPにリンクお願いします。相互リンクのお誘いは不精者のため辞退させていただいております
・利用状況の管理と広告表示等の目的でCookie及びWeb beaconを利用しています。Cookieの受入はブラウザの設定で選択が可能です
・商品紹介にはAmazonアソシエイトリンク他を利用しています
・当サイト管理者へのご連絡は webmaster★crosschannel.jpまで(★は1バイトのアットマークに置換して下さい)

Shop Link

Copyright ©  -- アニメレビューCrossChannel.jp --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]