忍者ブログ

アニメレビューCrossChannel.jp

アニメのレビュー・感想中心に、アニメ業界の批評もしたり、ゲームレビューしたりしています

   

まほろまてぃっく 第12話「いつか夢見た風景に」(最終話)

第二期の「もっと美しいもの」が第一期の時点で企画されていたのか、制作当初の事情を知らないが、続編の企画はあったのだろう。最終話にしてはアッサリと終わっている。

反物質砲がリューガに通用せず、切り札の残されていないまほろ。
まほろをタコ殴りするリューガも大人げないなあ、と気がついたらリューガは生後3年だったか?
一方的にやられるまほろを、原画のカットを入れて臨場感を出すコミック的な演出。

まほろが本気出さないと思っているリューガも、まほろの寿命を知らないのだから、戦闘が一方的で容赦ない感じは出ている。戦闘の目的もリューガは戦士としてまほろに勝つため、まほろは生きて美里家の生活に戻るためと、それぞれ違う。
最後の最後で「アレ」をまほろが使う寸前、スラッシュがまほろを止めようとした事で、リューガがまほろの少ない寿命に気付き剣を収め、このすれ違いは埋まる。
このあたりは、もう少し前に伏線を張っておいてリューガが気付きながらも、まほろとの関わりで決着つけざるを得ないスジに組んでいれば、こんな唐突な相互理解エンドにはならなかったと思う。

その「アレ」は今回も簡単な説明はあるが、身を削ることを承知で使わざるを得ないシーンは第二期に譲る。
ボーイ・ミーツ・ガールで優とまほろの係わり合い、友人たちとの出会いを中心に描いて行くと期待されたが、やはり戦闘シーンが多くなり、第二期は鬱とも言える雰囲気を漂わせる。
戦闘シーンを入れないと気がすまないのは、ガイナックスの社風、山賀の気風だろうか。
その少年だった優も、あのエンドではねえ。

さて次週から第二期の再放送だと思ったら甘かった。
DVD-BOX発売の宣伝目的を果たしたためか、再放送はこの第一期で終わりのようだ。
中途半端な放置プレイなので、DVDで第二期を見直して鬱になる事にします。
このTVシリーズ、リメイクしないかなあ。

まほろまてぃっく TV-BOX
まほろまてぃっく〜もっと美しいもの〜 TV-BOX

拍手

 RSSリーダーで購読する
PR

TRACKBACK

Trackback URL:

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

新着記事・カテゴリ

メニューバーをご利用ください
古いカテゴリーは順に表示されなくなりますので、お手数ですが記事検索をご利用ください

メールで アニメレビューCrossChannel.jp を購読する

ブログ内検索

プロフィール

・管理者:wataru
・好き:V1046-R MAHORO、HMX-12 マルチ、ぽんこつ、黒オーバーニーソ、メイド
・リンクフリーですが、可能であればサイトTOPにリンクお願いします。相互リンクのお誘いは不精者のため辞退させていただいております
・利用状況の管理と広告表示等の目的でCookie及びWeb beaconを利用しています。Cookieの受入はブラウザの設定で選択が可能です
・商品紹介にはAmazonアソシエイトリンク他を利用しています
・当サイト管理者へのご連絡は webmaster★crosschannel.jpまで(★は1バイトのアットマークに置換して下さい)

Shop Link

Copyright ©  -- アニメレビューCrossChannel.jp --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]