忍者ブログ

アニメレビューCrossChannel.jp

アニメのレビュー・感想中心に、アニメ業界の批評もしたり、ゲームレビューしたりしています

   

冴えない彼女の育てかた♭ 第10話「そして竜虎は神に挑まん」

いずれが竜で虎かはさておき、その竜虎が挑むのは業界の大魔王であり「フィールズ・クロニクル」新作の企画者である紅坂朱音。同人サークル「rouge en rouge」の方は伊織に任せきりになっていたので、彼が出海ちゃんを連れて朱音のところから独立したらこっちのサークルも崩壊かな。伊織はフィクサーとなって楽したいなんて言っているけれども、彼は朱音のようになれない。日頃の言動と違って作品とクリエイターに対しては真摯だ。倫也とは方向性も手法も違うけど、似ているところは多い。

saekano2_1001saekano2_1002saekano2_1003saekano2_1004saekano2_1005
saekano2_1006saekano2_1007saekano2_1008saekano2_1009saekano2_1010

原作のガールズサイドのような構成で、主人公が知らないところでのヒロインたちの動きを切り取った構成であり、英梨々と詩羽ルートのダブルエンドのようだ。彼女たちにとっては「これからが私たちの戦いだ!」エンドでもある。商業の対策に参加した結末を描く尺はない。詩羽先輩はともかく、英梨々は滑り台ヒロインなんて巷間ささやかれているけれど、原作第1巻表紙を飾ったんだから。いや、ただそれを言いたかっただけなんで。
「倫也の前では描けない、スランプだ、でも大好き」なんて甘えていた英梨々が朱音にドヤされて覚醒したのは、寝盗られエンドのようでジワジワ来る。
引きは原作とは違って、ここで加藤が全てさらっていく場面になるとは思わなかった。だから加藤腹黒説は根強いんだよね。彼女なりに倫也と「blessing software」の未来を考えているんだけども、このタイミングだと「フェイクヒロイン二人が去ったので、いよいよ私が主役」の様に見えてくる。美智留のことは忘れても仕方ないが、次回は出海ちゃん登場だろうな。伊織が伏線張っていたし。
この構成だと商業展開パートは全カットで、「blessing software」サイドも「俺達の戦いは…」エンドで、第3期はなさそうな気がして残念。

saekano2_1011冴えない彼女の育てかた♭ 1(完全生産限定版) [Blu-ray]冴えない彼女の育てかた7 (富士見ファンタジア文庫)

拍手

 RSSリーダーで購読する
PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

新着記事・カテゴリ

メニューバーをご利用ください
古いカテゴリーは順に表示されなくなりますので、お手数ですが記事検索をご利用ください

メールで アニメレビューCrossChannel.jp を購読する

ブログ内検索

プロフィール

・管理者:wataru
・好き:V1046-R MAHORO、HMX-12 マルチ、ぽんこつ、黒オーバーニーソ、メイド
・リンクフリーですが、可能であればサイトTOPにリンクお願いします。相互リンクのお誘いは不精者のため辞退させていただいております
・利用状況の管理と広告表示等の目的でCookie及びWeb beaconを利用しています。Cookieの受入はブラウザの設定で選択が可能です
・商品紹介にはAmazonアソシエイトリンク他を利用しています
・当サイト管理者へのご連絡は webmaster★crosschannel.jpまで(★は1バイトのアットマークに置換して下さい)

Shop Link

Copyright ©  -- アニメレビューCrossChannel.jp --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]