忍者ブログ

アニメレビューCrossChannel.jp

アニメのレビュー・感想中心に、アニメ業界の批評もしたり、ゲームレビューしたりしています

   

ドメスティックな彼女 第3話「やっぱり、ホントなんですか?」

正義感が強いタイプにも見えない主人公なのだが、あこがれの先生が不倫の沼に溺れかけているのを見過ごせないというおせっかい展開。家族としての心配じゃなくて、あくまで片想いの年上女教師が堕ちていくのを許せない、誰かも言っていたように身近なヒロインに他の男の影や実体がちらつくのは許せないだけなんだろう。
大人しく処女を頂戴した妹の方を懐柔するほうが楽だろうに。これは余計なお世話か。
簡単な方に進めると尺がもたないからだけではなく、複雑にしたほうが話に深みがあると勘違いする視聴者のためなのだろう。でも不倫探偵ごっこに生き生きとする勘違いは見苦しいのだけれど。

domekano0301domekano0302domekano0303

喫茶店のオカマコントは退屈。同級生の団地は主人公の一時退避場所としての転換点には役に立っているようだが、よりによって瑠衣も家出して泊まったときの描写があっさりしすぎていないか。いきなり寝間着に着替えた状況の他に風呂に入ったり食事したりあるだろうに。登場人物のポジションは進行の中でポツリポツリとプロットされるだけで、前後左右の描写が弱い。
修羅場というか人間関係でテンション高まるシーンでも、その場の主役だけが懸命に芝居しているだけで舞台が荒れ狂い凍りつくような張り詰めた臨場感はない。

domekano0304domekano0305domekano0306
domekano0307domekano0308domekano0309

肉体的衝動はともかく男性主人公に貞操感など求めても仕方ないが、障害のある恋に揺らぐ先生の心の隙間を突いて唇を無理やり奪う主人公も主人公だが、それに応え挑発する先生も先生。大人として上位マウントを取ったつもりなのだろうが、そのうち主人公に堕ちそうな予感。この勢いなら手近なヒロインは片っ端から手を出すのではないかと案じるが、瑠衣に対しては堅いんだよな、この主人公。
まあ何にせよ不倫話はさっさと片付けてほしいものだ。

domekano0310ドメスティックな彼女(1) (講談社コミックス)カワキヲアメク(アニメ盤)

拍手

 RSSリーダーで購読する
PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

新着記事・カテゴリ

メニューバーをご利用ください
古いカテゴリーは順に表示されなくなりますので、お手数ですが記事検索をご利用ください

メールで アニメレビューCrossChannel.jp を購読する

ブログ内検索

プロフィール

・管理者:wataru
・好き:V1046-R MAHORO、HMX-12 マルチ、ぽんこつ、黒オーバーニーソ、メイド
・リンクフリーですが、可能であればサイトTOPにリンクお願いします。相互リンクのお誘いは不精者のため辞退させていただいております
・利用状況の管理と広告表示等の目的でCookie及びWeb beaconを利用しています。Cookieの受入はブラウザの設定で選択が可能です
・商品紹介にはAmazonアソシエイトリンク他を利用しています
・当サイト管理者へのご連絡は webmaster★crosschannel.jpまで(★は1バイトのアットマークに置換して下さい)

Shop Link

Copyright ©  -- アニメレビューCrossChannel.jp --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]