忍者ブログ

アニメレビューCrossChannel.jp

アニメのレビュー・感想中心に、アニメ業界の批評もしたり、ゲームレビューしたりしています

   

Kanon 第22話「追想の交響楽〜symphony〜」

これが終わると、長いと思っていた物語も残すところ2話。
7年前の祐一の記憶を取り戻すための日々も終焉が近づいているが、その代償としてヒロインたちが負う傷も深い。

秋子さんの交通事故を受けて、暗い名雪と動揺と戸惑いの祐一。
前回の監視カメラで俯瞰したかのような静かな事故シーンと併せて、今回は事故現場を通過する車中の名雪の目に映る散乱したイチゴのショートケーキを、ドラマのようなカット割で見せてくれる。
自分の我が侭が秋子さんの事故の原因だと思い詰める名雪。

この悲しみと動揺は現在進行形だが、前話で祐一の記憶に蘇えった7年前の出来事、この街から帰る前日の幼い名雪の告白とプレゼントの雪うさぎを壊した事件。
押さえ込んでいた悲しみが、堰を切ったように名雪を襲う二重苦。
潰れたケーキと雪うさぎの相似形で、現在そして7年間の名雪の悲しみを表現している。

部屋に閉じこもった名雪がようやく祐一に語る、封じ込めていた正直な気持ち。
父の顔は知らないけれど、秋子さんがいたから寂しくなんてなかった。今は一人ぼっち。
(この状況で俺がいるから一人じゃないって言うのは、7年間の音信不通を考えると、祐一の歩が悪い)
ほら、名雪にやっぱり言われた「うそつき・・・」
「私、笑えなくなっちゃったんだよ・・・出てって」
名雪のしっかり者とボケッぷりのギャップの演技に加え、今回は普段の明るさと対極の國府田マリ子の暗い演技が良い。音響も名雪のセリフのレベルをかなり抑え目にしている。

「好き」の気持ちを封印した上に、祐一との7年ぶりの再会に「怖い」と思っていた気持ちを封じ込めながら明るく過ごした名雪の日々はどのようなものだったのだろうか。
名雪視点のシナリオを見たい気もする。
CDドラマ「水瀬さん家」のアニメ化でも良いかな。

終盤に来ての事件の連続に蘇えった記憶の断片。
壊れた雪うさぎ、あゆの残した天使の人形とリュック、冬のおわりのアデュー、真琴を囲んだプリクラ。
祐一の記憶中枢も刺激されたか「何か忘れてる、何か大事なこと」
「誰かが大怪我をして、俺は何も出来ない」
祐一の夢の中、7年前の帰る前の夕方、森の学校。
突風に煽られ大木の枝から落ちたあゆに何も出来ない祐一。痛みも薄れ腕も動かなくなる中での指切り、また遊ぼうと永遠の約束。
場面は前後して、赤いカチューシャをあゆにプレゼントする祐一。
「こんど祐一君に会う時は、これ着けていく」とあゆの約束。

これを見ると、祐一とあゆはお互いに約束を守っている事になる。
7年前に関わりを持った真琴と舞に対しても、祐一は己が今できる最善を尽くした。
これらとの対比で名雪の不憫さがいっそう際立つ。
祐一は名雪のために何かできるのか?しようとするのか?それとも名雪個人のためではなく、従兄として水瀬家に対する何かなのか、主人公としての振る舞いと始末に興味がもたれるところ。

そんな一視聴者の期待と無関係に、夢であゆの事を思い出した祐一はリュックサックを掴んで家を飛び出す。
ちょうど様子を見にきた北川に「名雪を頼む」と言い残して。
吹雪の夜に向かう森の学校。
倒れた祐一に真琴の影が寄り添う。お迎えの天使のように光臨。
死ぬわけには行かないだろう、苦しくてもやる事が残っている。

大詰めにきて尺が足りないような気がするが、あと2話、いや実質1話で名雪の物語にオチが着くのだろうか?
次回「茜色の終曲〜finale〜」では、アニメオリジナルキャラの登場。
安直な奇跡で解決して欲しくないと思うのが正直なところだ。

Kanon アイテム

追記:読み返してみるとラストの真琴登場の感動が薄いと我ながら思う。第23話のネタバレを、DVD第2巻特典映像で見てしまった以外の理由はない。
水瀬家にぴろが居つづけた伏線はこれで回収か・・・

拍手

 RSSリーダーで購読する
PR

TRACKBACK

Trackback URL:

Kanon第22話「追想の交響楽」

居るのが当たり前の人が、居なくなる悲しみと恐れ。当たり前の事だけに、居なくなるなんて考えもしなかったでしょう。それだけにショックも大きく、母親と二人三脚で生きてきた名雪にとってこの母親の居ないこの世の中は、受け入れがたい非現実的な世界なのでしょうね....

Kanon 第22話 「追想の交響曲 〜symphony〜」

今週はいろいろとファンタジーが増してきています!すごいクオリティと悲しみのストーリーとそして奇跡と過去。

Kanon 第22話「追想の交響楽 〜symphony〜」

Kanon 第22話「追想の交響楽 〜symphony〜」あゆとの記憶が戻る裕一…

Kanon 第22話「追想の交響楽〜symphony〜」

 先週は外したが、今週はそうはいかんぞっ!いよいよあゆシナリオのクライマックスが到来だ、そうに違いないッ!くっ!名雪の、そして祐一の痛みを、ここまで痛々しく生々しく描写してくるのかッ!さすがは京都アニメーション!…だが、この先は恐らく想定通りの予定調和だ

★Kanon 第22話 「追想の交響楽 〜symphony〜」

【公式】前回の非常にイヤな事故

TVアニメ Kanon 第22話 追想の交響楽 〜symphony〜 感想

「TVアニメ Kanon」名雪は自分のせいで秋子さんが事故に遭ったと思っていましたね。"彼女の好きなイチゴのケーキ""雪のうさぎ"それを構成する色は、普通に考えると赤と白の二色。第21話でも、あの雪うさ

祐一、奇跡って起こせる?@名雪

■『Kanon-カノン-』 #22 「追想の交響楽〜symphony〜」 BS-i脚本:志茂文彦 絵コンテ・演出:吉岡忍 作画監督:米田光良【コメント】ふ〜む…こんなこと言うのは、もしかしたらおかしいことなのかもしれないけど、祐一(杉田智和)って、いくらようやくあゆ(....

Kanon 第22話 「追想の交響曲〜symphony〜」

この手のエロゲ・ギャルゲで主人公orヒロインが事故にあったり不幸な目に遭うっていうのは良くあるパターンな気がするが、ヒロインの母親が事故っていうのは意外と珍しい?何か今更思ったわけですがそんな気がします。大

Kanon第22話「追想の交響楽〜symphony〜」落ちた…

落ちた…あゆが落ちちゃったよー。風が吹いた瞬間、「え?えぇっ!」と真面目に声出してしまいました。秋子さんの事故現場、名雪の後悔「祐一、奇跡って起こせる?」、真琴とのプリクラで涙うるうるだったのに、落ちた後、完全に号泣してしまいました。家族に「どうしたの?

『KANON』 第22話 観ました

私、もう笑っていられないよ…ああ〜〜、とうとう、この台詞が出てきてしまいましたか…でも、原作にはなかった台詞が出てきました。しかし、その台詞は名雪さんの心情が物凄くこもっていたと思います。『祐一と7年振りに逢うのが恐かったんだよ。もし私の事を忘れていたら

Kanon 第22話

追想の交響楽〜symphony〜「私、もう笑えない。笑えなくなっちゃったよ…」呼び起こされる七年前の記憶。それは数々の楽章を経て、ついに核心へと差し掛かる――

「Kanon」22話 追想の交響楽(シンフォニー) 〜symphony〜

冒頭でケーキが飛び散ってるとこを見せて自分のせいで母親が事故にあったと思わせるひどい仕打ち。演出とはわかるけどもそうくるか。名雪じゃあ耐えられんよ。実際部屋に閉じこもっちゃったじゃん。祐一の声もも

Kanon【第22話】

京アニの鬼畜交通事故に遭いながら、からくも命を取り留めているいる状態の秋子さん。名雪は苺ケーキをねだった事で起こった事故と自らを責め苛む…元は祐一を励ますつもりではしゃいだおねだりなのに…

Kanon 第22話 追想の交響楽

下弦の月が午後7時に見えることはない。無粋だとは思うがこれだけは言っておく。月の

Kanon 2006

第22話 『追想の交響楽〜symphony〜』 う〜ん、あまり「名雪」が不憫だっ!まぁ〜あ〜云う状況になると自分の事を責めてしまうのも仕方がないのでしょうが・・・、「祐一」のフォローがねぇぇぇ〜。 それにしても

Kanon 第22話 「追想の交響楽〜symphony〜」

ええーい、今日は文章の構成など一切無視だっ!! 今回の本編を私なんぞの稚拙な言葉で語りつくそうなど、無理!不可能!ミッションインポッシブル!! という事で今回は

Kanon/22話 追想の交響曲 〜symphony〜

苺ジャムとハムエッグとピロ

Kanon 第22話「追想の交響曲 〜symphony〜」

私…もう笑えない。

アニメ「kanon」第22話 感想。

第22話「追想の交響楽〜symphony〜」※管理人は原作未プレイです。ので、たまに変な事を言うかもしれませんがご了承ください。祐一は、名雪と共に先生の車に乗ってゆったりと道路を走る。隣の名雪の表情は暗い。辿り着いた事故現場。そこには、名雪が食べたいと言ったイチゴ

Kanon 第22話

$FILE1[関連リンク]http

[Kanon]第22話 追想の交響楽〜symphony〜

「Kanon」第22話です。秋子さんが交通事故に巻き込まれ祐一と名雪は学校から病院へ急行。決して楽観できない容態であるため二人ともその日は病院に残ったまま・・朝になっても容態に変化は無いのでとりあえずは一度帰宅することに。名雪のヘコみっぷりといったらそりゃ尋常

Kanon 第22話 「追想の交響楽 〜symphony〜」

[[attached(1)]]あらためて京アニの恐ろしさを体感した秋子さんの事故w命は取りとめたものの、意識不明の重態。名雪は自分がケーキを買ってくることを頼んだせいだと自分を責め・・・[[attached(2)]]このプリクラ見ただけで泣きそうになりましたよ( ´∧⊂まさか、これが後

Kanon 第22話 追想の交響曲 〜symphony〜

見ました.真琴〜〜〜!あうぅーーー!!!嬉しくて思わず踊ってしまいましたよ.(^^

Kanon 第22話 追想の交響楽~symphony~

祐一、奇跡って起こせる?

Kanon 第22話「追想の交響曲 〜symphony〜」

む……む……むむうぅぅぅぅ…………。何ともコメントし辛いぞえ……。

Kanon 第22話「追想の交響楽 〜symphony〜」

Kanon 第22話「追想の交響楽 〜symphony〜」あゆとの記憶が戻る裕一…

Kanon 第22話

第22話「追想の交響曲 ~symphony~』 先週の衝撃的な事故からの続きです。 名雪・・・なんかコッチまで泣きそうです。 祐一はついに7年前のことを思い出しましたね。 この時点では、祐一はあゆが木から落ちて死んでしまったと思っているんですね。 だから雪道で倒れた

■kanon 第22話「世の中は意外と不思議な事だらけだから...

■kanon 第22話「追想の交響楽〜symphony〜」          ッツfまslfvぱんfぱいんfcぴあdん!!!   (←言葉にならない叫びデッド・オア・アライブ。命運を分ける、デステニーなkanon第22話。先週、秋子さんが車にはねられ、..

Kanon 第22話「追想の交響楽 〜symphony〜」

奇跡って起こせる――? 秋子さんが事故にあったことで自分を責める名雪。 名雪を慰めながらも彼女を7年忘れていた裕一。 裕一の中で、封じられた最後の記憶が甦る――。 あの森であった悲しい出来事… 裕一が7年前の記憶を封じることになった悲劇が明かされるとき… これ

Kanon 第22話 「追想の交響楽〜symphony〜」

なんかSEEDの最終回ばりに人が消えていきます。秋子さんは病院。名雪は引きこもり。もはやレギュラーは祐一と北川くらい。でもその祐一もなんかヤバめだし。そして誰もいなくなった。そして俺と栞が残った。なんて

Kanon 第22話「追想の交響楽(シンフォニー) ~symphony~」

秊 まさかのパトラッシュまこぴー登場。 うぐぅの夢を見て飛び出すキョンに「おいコラ名雪は」というツッコミも当然入りますが、名雪の雪兎も含めて全てが氷塊しようとしたのでしょう。 トチ狂うのも無理は無いかと。 同時に祐一への、名雪のある意味陰湿

Kanon 第22話「追想の交響楽 〜symphony〜」

誰か秋子さんを助けて!そして、名雪も絶望から救い出して!!(ノД`)・゜・。

真琴の登場は私が起こした奇跡だな

「Kanon」の第22話を見ました。<感想>真琴ぉおぉぉおお〜!!!!なんだ、あの真琴は?私の夢か?祐一の夢か?それとも奇跡か?もう何でもいい。いつもの笑顔でいてさえくれれば。それだけで真琴は幸せだったと、幸せなんだと実感できるから。相変...

kanon 第22話「追想の交響曲 〜symphony〜」

あらは!?全24話じゃなかったっけ?!うぐぅ???( ̄Д ̄;)

Kanon 第22話「追想の交響楽 〜symphony〜」

蘇りし記憶。あゆの真相。そしてひとたび出てきた・・・

Kanon 第22話「追想の交響楽〜symphony〜」感想

神。

Kanon 第22話「追想の交響楽〜symphony〜」

ついに残す所後3話となったkanonです。話の流れは至って順当でしたが、さすが京アニは魅せてくれます。7年間という空白の時間が名雪と祐一との間に生み出した溝・・・。2人の会話のやり取りには、私の心を揺さぶるものを

Kanon 第22話「追想の交響曲 〜symphony〜」観賞

秋子さんが事故にあったと担任に聞かされて病院へ急ぐ道の途中、事故現場を通り、苺のケーキが散乱しているのを目にした名雪。いよいよクライマックス!!第22話を観賞しました〜^^

(アニメ感想) Kanon 第22話 「追想の交響楽(シンフォニー) 〜symphony〜」

Kanon 第2巻/アニメ突然の知らせ・・・祐一と名雪は急いで病院へと向かった。意識を失い病院のベットに横たわる秋子・・・。名雪は、事故は自分のせいだと言いそして自室にこもってしまう・・・。

『Kanon』第22話「追想の交響楽〜symphony〜」

 祐一たちは秋子さんが運ばれた病院へと向かいます。逸る気持ちとは裏腹に、渋滞のせいでスピードが出ません。そのために祐一と名雪、そして視聴者は事故現場の惨状を嫌でも見せ付けられてしまうのでした。 秋子

Kanon 第22話 「追想の交響楽〜symphony〜」

あqwせdrftgyふじこ秋子さんが──────っ!!北川・・・・・・ほんといいヤツだな〜〜(ノД`)そして今回もUNKOな祐一。今回、かなり毒づいたな・・・orz

【感想】『Kanon』第22話「追想の交響楽 〜symphony〜」

 さぁ、あと数分で、第23話「茜色の終曲 〜finale〜」の始まり… TBが遅くなりました。

Kanon 第22話 「追想の交響楽〜symphony〜」

Kanon 第22話 「追想の交響楽〜symphony〜」病院へ向かった名雪と祐一。秋子さんの命は助かったが、現在も予断を許さない状況だった。

Kanon 〜カノン〜 第22話 「追想の交響楽 〜symphony〜」

先生の車で病院に向かう祐一と名雪。 しかし名雪の表情は、暗かった。その途中、事故現場があった。それは、秋子さんが轢かれた場所だ。その事故現場にあったぐちゃぐちゃのケーキを見た名雪は・・・[[img(http

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

無題

  • by jiro
  • URL
  • 2007/03/04(Sun)21:13
  • Edit
wataru様どうもです!

>気持ちを封じ込めながら明るく過ごした名雪の日々
見たいような見たくないような・・・。名雪の苦しさは胸にくるものがあるからなぁ。

>第23話のネタバレを、DVD第2巻特典映像で見てしまった
この間ブログで書かれていたアレの正体が、これでしたか。よかった我慢して・・・。

正直な所、全話やる前にネタバレしちゃっていいのか疑問です。

トラックバックさせていただきます。

無題

  • by wataru
  • URL
  • 2007/03/04(Sun)21:56
  • Edit
jiro様、いつもどうも。

祐一の時間軸は7年前と現在の2点の断片でしかないですが、名雪にとっては7年間ずっと連続して流れていた時間なんですよね。
この雪の街に祐一が舞い戻った事で、埋もれていたあゆとの約束が発動した。
名雪を再び7年前の時空に引き戻すつらい出来事なのに、笑顔と「ふぁいと!」で頑張ってきたのに・・・

なんだか名雪への心情面でのレクイエムになってしまいそうです。

新着記事・カテゴリ

メニューバーをご利用ください
古いカテゴリーは順に表示されなくなりますので、お手数ですが記事検索をご利用ください

メールで アニメレビューCrossChannel.jp を購読する

ブログ内検索

プロフィール

・管理者:wataru
・好き:V1046-R MAHORO、HMX-12 マルチ、ぽんこつ、黒オーバーニーソ、メイド
・リンクフリーですが、可能であればサイトTOPにリンクお願いします。相互リンクのお誘いは不精者のため辞退させていただいております
・利用状況の管理と広告表示等の目的でCookie及びWeb beaconを利用しています。Cookieの受入はブラウザの設定で選択が可能です
・商品紹介にはAmazonアソシエイトリンク他を利用しています
・当サイト管理者へのご連絡は webmaster★crosschannel.jpまで(★は1バイトのアットマークに置換して下さい)

Shop Link

Copyright ©  -- アニメレビューCrossChannel.jp --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]