忍者ブログ

アニメレビューCrossChannel.jp

アニメのレビュー・感想中心に、アニメ業界の批評もしたり、ゲームレビューしたりしています

   

神曲奏界ポリフォニカ 第1話「プレリュード 紅の精霊」

原作はビジュアルアーツ傘下の Ocelot が手がけた「キネティックノベル」
「アドベンチャーノベルゲーム」とも違いゲーム性はなく、大量のテキストに絵と音がついた「電子版ライトノベル」と理解するのが易しい。
このジャンルは、同じビジュアルアーツ傘下の Key が制作した「planetarian 〜ちいさなほしのゆめ〜」が源流だろうか。
「神曲奏界ポリフォニカ」はPC版からPS2版、ノベル、コミックに展開し、統一された世界観と設定で複数の書き手により「シェアードワールド」を構成している。
私はキネティック版も文庫版「クリムゾンシリーズ」も読了しているので、比較する感想が多いかもしれない。

キネティック版と文庫「クリムゾンシリーズ」の原作シナリオは、榊一郎。
一見威圧的な風貌に似合わず、その文体にロマンティストな片鱗も窺える。
あのサングラスと夜のミナミに溶け込む衣装は、彼独特の照れ隠しなのではないかと想像している。
その彼がテレビアニメのシリーズ構成と一部脚本に参加する。
文庫版の他作者も脚本に参加の予定。

今話は榊の脚本。
主人公フォロンと、彼の契約精霊であるコーティカルテ(コーティ、こう呼んで良いのはフォロンだけらしいが)の最初の契約シーンから。
ここは、キネティック版のオープニングと同じ。
ちなみにキネティック版第1話・第2話は、フォロンの学生時代を描き、文庫版「クリムゾンシリーズ」では、卒業後を描く。

アニメでは既にフォロンは神曲学院を卒業し、学院の先輩ユフィンリーの事務所で働いている。
但し、アニメシリーズは他の作者の脚本も使われるので、フォロン・コーティカルテたちが出つづけるのかわからない。
アニメはオリジナル脚本と聞くが、この第1話は原作知らない視聴者には、親切ではないかもしれない。世界観はつかめないかも。
オープニングアニメには、クリムゾンシリーズ以外のキャラクターも登場している。

文庫版と違い、フォロンは神曲を弾くことに躊躇しないようだ。
解体工事現場崩落で少女(姫と呼ばれていた)を救うため、ハーメルン(移動式の単身神曲演奏装置)を演奏し、それを受けてコーティカルテも本来の姿に変身する。
キネティック版も文庫版も演奏に踏み切るまでのフォロンの葛藤が多く、コーティカルテに「本当に待たせる」と言われることが多い。
1話完結方式のアニメの尺の関係で、わかりやすい(悪く言うとお手軽)シナリオと演出。
シナリオ崩壊さえなければ良いが、1話完結だと終わってみて印象に残らない恐れも。
コーティカルテも説明的なセリフが多く、饒舌な印象。
日常のセリフは少し押さえた方が、変身時との差をつけられると思う。
さらに仇敵の双子ちゃんの金髪の方、ペルセルテとの舌戦バトルも映えると思うが、アニメではやらないんだろうか。

キャストの印象。
キネティック版からスイッチされたが、仕方がないかなあと思う。
関西中心に活躍するキャストがいると、毎週収録のあるアニメ化では使いにくい理由かと思う。
今回がそのケースかわからないが、オリジナルから欠けるキャストが一人いると、バランスの問題か全員入れ替えになる事は理解できる。

音響監督が明田川仁(息子のほう)だったから、メインはいかにもそれらしいキャスティング。
神谷浩史と小西克幸の演技はキャラとマッチしていて、安心して聞ける。
ペルセルテ役の水樹奈々、プリネシカ役の佐藤利奈は、ツカミは良い。双子というにはあまりに違う性格を表現できるか、これから注目される。
所長ユフィンリー役、無理に川澄綾子でなくてもと思うが、悪いわけではない。もう少しサバサバした軽い感じだと思っていた。
ヒロインのコーティカルテ役の戸松遥の演技が注目されていたが、レギュラーデビュー作にしては上手く演じていると思う。通常の高校生っぽいキャラに当てるよりも、変身時の大人なコーティカルテの声の方が良い感じ。演じ分けは出来ている。片側の演技だけで良ければ、上手いキャストは他にも沢山いるが、両方考えると戸松でも悪くはない、いや良い。

画はプロモで見た不安は少しだけ解消。
しかしTAFイベントで言っていた「100倍良い」は無い。第1話でこの程度。大きく期待できない。
第1話から作監2名に作監補1名で必死の体制。原画、上がらないんだろうね。
話数が進むに連れて作画が悪くなる予感。

キャラデはダメ。頭身が変な感じで首が据わっていない。
女性キャラは肉感的というより、太い。原画でもその傾向はあるが、胸というか乳房というか大きすぎ。
絵コンテは、キャラデと原画の実力に合わせたかのように低レベル安定。
絵コンテは下田監督だが、誰が切っても大差ないかもしれない。

オープニングアニメは、まあまあ。
エンディングアニメは時間がなく潔くあきらめたか、予算がなかったかのいずれかの理由だろうが、文庫版の神奈月昇の原画をそのまま使用。

曲はeufoniusもkukuiも水準以上の出来。
劇伴は七瀬光だから大外れも無いと思う。神曲も少々軽いが、こんなものか。
こうなったらキャラソン出しまくるのも手かもしれないが、そんな気配は感じられない。

もう少し制作体制を整えられなかったかなあ、T.O Entertainment。
銀画屋の初元請作品だが、今の体制では無理があるように見える。
低空飛行でも、墜落しなければ良しとしないといけないか?

神曲奏界ポリフォニカ 1&2話 BOXエディション神曲奏界ポリフォニカ 1&2話 BOXエディション 文庫版・アニメ版のプロローグに当たる学院編 (Amazon)

オープニング曲 Apocrypha (eufonius) 4/25発売予定 (Amazon)

拍手

 RSSリーダーで購読する
PR

TRACKBACK

Trackback URL:

神曲奏界ポリフォニカ 第1話「プレリュード 紅の精霊」

待ちに待っていたポリフォニカ・クリムゾンのアニメ放映。で・す・が、原作ファンだからこそ言っておきたい!!・・・ちょ〜微妙。黒歴史を奏でそうなのはヒロイン声優と思っていたのですが、それ以上に作画が第1話という一番気合が入っているはずなのに素人目から見ても原画

神曲奏界ポリフォニカ 第1楽章 「プレリュード 紅の精霊」

4月期第五作目 神曲奏界ポリフォニカ 

神曲奏界ポリフォニカ 第1楽章

プレリュード 紅の精霊アニメーション制作・銀画屋これは…

神曲奏界ポリフォニカ 第1話「プレリュード 紅の精霊」

待ちに待っていたポリフォニカ・クリムゾンのアニメ放映。で・す・が、原作ファンだからこそ言っておきたい!!・・・ちょ〜微妙。黒歴史を奏でそうなのはヒロイン声優と思っていたのですが、それ以上に作画が第1話という一番気合が入っているはずなのに素人目から見ても原画

神曲奏界ポリフォニカ・第1話

「プレリュード 紅の精霊」 新アニメ第8弾。事前情報は特になし。 確か、GA文庫

神曲奏界ポリフォニカ 第1話感想

 予備知識無しで視聴……。 ゲームや小説等で、メディア展開している作品みたいですけど、原作は知りません。 「クリムゾンシリーズ」とやらをアニメ化との事です。 精霊と人が共存する世界が舞台みたいです。 

神曲奏界ポリフォニカ 第01話 「プレリュード 紅の精霊」

神曲奏界ポリフォニカ  現時点での評価:2.0〜  [ファンタジー PCゲーム]  TBS

神曲奏界ポリフォニカ 第1話 「プレリュード 紅の精霊」

神曲奏界ポリフォニカ 第1楽章 「プレリュード 紅の精霊」春の新番組第8弾

神曲奏界ポリフォニカ #1 「プレリュード 紅の精霊」

「お前を私だけのモノにしたい…ダメか?」なんて言われたらダメなんて言えないデショ(o'ω') ↓ ↓

神曲奏界ポリフォニカ #1

神曲奏界ポリフォニカ 第一楽章「プレリュード 紅の精霊」深夜というべきか、早朝というべきか。あと1時間もすれば日の出という時間に始まるアニメ。GPOかなんかが確か1回だけこんな時間に放送されたことがあったような気がしますが、普通に毎週この時間帯っての...

神曲奏界ポリフォニカ/1話 プレリュード 紅の精霊

今期始まったアニメの感想第5弾が「神曲奏界ポリフォニカ」です。

神曲奏界ポリフォニカ 第一楽章 『プレリュード 紅の精霊』

OP=eufoniusED=kukui音楽=七瀬光精霊と人間が一緒に住んでいる『ポリフォニカ』という大陸が舞台。音楽面が好みの方ばかりで固められているので、かなり期待して見ました。え、ちょ……絵があんまりキレイじゃ

神曲奏界ポリフォニカ第1話の感想−あれ?巨乳しぼんじゃったの???

「私は、(中略)・・精霊だ。」って、え? 人間じゃないの???? なにそれwwww 確かに、神曲奏でたら巨乳に変身してたし ・・・ワケワカメwwww

神曲奏界ポリフォニカ 第1話 「プレリュード 紅の精霊」

神が音楽によって創ったという人と精霊の世界ポリフォニカ。 音楽を糧とする精霊たちを神曲で動かす『神曲楽士』たち… 新米神曲楽士タタラ・フォロンが幼き日に契約を結んだのは、六枚羽根の上位精霊コーティカルテだった… 4月新番組その11。 ラノベのポリフォニカよりク

[神曲奏界ポリフォニカ]第1話 プレリュード 紅の精霊

「神曲奏界ポリフォニカ」第1話です。これは原作はチェック済みなので結構楽しみにしていた作品であります。とは言ってもそれほど期待度は高くなかったり・・w仕事でメイナードに足を運んでいるフォロンとコーティ。二人で公園を歩いているとボウライたちに囲まれてベンチ

神曲奏界ポリフォニカ 第1話

「プレリュード 紅の精霊」春の新作第6弾!!原作未読です。1話を見る限り、人間と精霊が共存する大陸ポリフォニカを舞台に、新米神曲楽士タタラ・フォロンとその契約精霊コーティカルテの成長&恋愛モノになるって

神曲奏界ポリフォニカ 第1楽章「プレリュード 紅の精霊」

神曲奏界ポリフォニカコーティ、今期、ナギと並んで、結構好きかも。あの、微妙な威張り方なんか、辛抱たまりません。ただ、ましろ、C.C.と若干かぶってしまうのが残念。しかし、本編は流石に、第1話なので説明程度の内容だったのかな?予想外にも安直な持って....

神曲奏界ポリフォニカ 第1楽章 「プレリュード 紅の精霊」

第1楽章 「プレリュード 紅の精霊」

神曲奏界ポリフォニカ 第1話「プレリュード 紅の精霊」

神曲奏界ポリフォニカ 第1話「プレリュード 紅の精霊」「ポリフォニカ」それは人間と精霊が暮らす大陸である

神曲奏界ポリフォニカ 。。。。 第1話 プレリュード 紅の精霊

赤毛のポニーテールだよね。趣味には 違いない^^あ゛れ?確か スッゲー爆乳の精霊だと思ったのですが、アバンやOPの画と 違うなぁ。。。。と思ってたら、なるほど、フォロンの奏でる曲で 本来の爆乳精霊に 変身するのか^^って、ことは、普段は 幼児体型な....

神曲奏界ポリフォニカ 第1楽章 「プレリュード 紅の精霊」

コーティカルテ・アパ・ラグランジェスの冒頭の姿はエヴァの最後みたいですね。かなり、神秘的です。

神曲奏界ポリフォニカ #1「プレリュード 紅の精霊」感想

原作はノータッチポリフォニカって響きいいですねこれはいいおっぱいアニメ!そして作画崩壊のにほひ・・・eufoniusのOPいいね〜( ´∀`)これだけでアニメの価値を上げていますキャストはなかなかいいですね〜ただやはり作画が不安定「神曲」を「新曲」ってイントネーショ

神曲奏界ポリフォニカ 第1楽章 「プレリュード 紅の精霊」

可もなく不可もない1話目だったな(*´∀`)「まだ1話目なんだし、見ればいいじゃないの〜」( `・ω・)「ちょっと作画崩壊しているところが・・・」とりあえずいこう〜

(新)神曲奏界ポリフォニカ 1話「プレリュード 紅の精霊」

主人公の新米神曲楽士、タタラ・フォロン は、少年時代、最強の精霊 コーティカルテ に選ばれ”契約の口づけ”を受けた。

『神曲奏界ポリフォニカ』第1話(新番組)

 GA文庫(ソフトバンククリエイティヴ刊)から何巻か出ている榊一郎の同名小説のアニメ化作品。 人間と精霊が共存する大陸ポリフォニカでは、音楽によって精霊を操る人は「神曲楽士[ダンティスト]」と呼ばれている。「ツゲ神曲楽士派遣事務所」の新入り“フォロン”....

コーティ、イイんじゃな〜い♪な第1話「プレリュード・紅の精霊」

コーティ、サイコーッ!(*´Д`*)ハァハァ

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

新着記事・カテゴリ

メニューバーをご利用ください
古いカテゴリーは順に表示されなくなりますので、お手数ですが記事検索をご利用ください

メールで アニメレビューCrossChannel.jp を購読する

ブログ内検索

プロフィール

・管理者:wataru
・好き:V1046-R MAHORO、HMX-12 マルチ、ぽんこつ、黒オーバーニーソ、メイド
・リンクフリーですが、可能であればサイトTOPにリンクお願いします。相互リンクのお誘いは不精者のため辞退させていただいております
・利用状況の管理と広告表示等の目的でCookie及びWeb beaconを利用しています。Cookieの受入はブラウザの設定で選択が可能です
・商品紹介にはAmazonアソシエイトリンク他を利用しています
・当サイト管理者へのご連絡は webmaster★crosschannel.jpまで(★は1バイトのアットマークに置換して下さい)

Shop Link

Copyright ©  -- アニメレビューCrossChannel.jp --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]