忍者ブログ

アニメレビューCrossChannel.jp

アニメのレビュー・感想中心に、アニメ業界の批評もしたり、ゲームレビューしたりしています

   

神曲奏界ポリフォニカ 第7話「ヴァイオレンツァ 黒い追跡者」

黒ポリ(ポリフォニカ・ブラックシリーズ)ファンお待たせのコンビが登場。
マティア(CV:茅原実里)とマナガ(CV:小杉十郎太)ってのは、VVVからのリユースですか。
誰?このキャスティングしたの?悪いとは言わないけど、只でさえ世間ではVVV からポリフォニカへの流れはTBSの3軍アニメと酷評されているのに。
キネ版の浅井清巳と大塚明夫でないのは残念であった。
キネ版発売前の販促回としては、まあまあの出来だったろう。

今回の大迫純一脚本は、ワンマンオーケストラ(単身楽団)を持ったヤムナと、理由もわからないままフォロンとコーティの逃亡劇。コーティは楽しんでいるようだけど。
それを追う怪しい大男と無口少女。
しかし今回は中原れいの絵コンテが脚本の単調さを補って、それ以上に動きを見せてくれる。
動画として良く動くと言う意味ではなく、それぞれのシーンに動きがあるから見飽きない。
中原れいと言えば、メカの人で少し前の時代の人(失礼!)だとしか認識していなかったし、このシリーズのバイクやワンマンオーケストラなどのデザインも好ましくは思っていなかったのだが、あのシナリオでこれだけの絵コンテ切れるのには驚き。他の話数で担当があれば嬉しい。

ネタバレにならない程度にポイントだけ挙げておく。
・ユフィンリーの外出の際、オミテックからの電話云々は今後の伏線かも
・この事件でユフィンリーとマナガ・マティアは、顔を合わせないように設定してある
・駆け込むヤムナに事務所のドアが自動で開く
・ペルセの浅知恵とマティアの勘
・フォロンはマナガの持つ鞄が単身楽団だと思いこんでいる
・ヤムナの盗んだ単身楽団の本当の送り先はオゾネのコレクション
・正面作戦を主張するコーティと和解を主張するフォロンの違い
・コーティの精霊雷攻撃に、マナガ弱くないか?
・ヤムナ逮捕、マティアの警察手帳
・マティアは警官らしいが、マナガは神曲楽士だと思わせる
・マナガに「以前どこかで会っていないか?」コーティ
・それはコーティのボケ?本当に覚えていない設定なのか?

今回も原作ファンでないと厳しい内容かもしれない。
Bパートは唐突に水着サービス回かと誤解させておいて、室内プールに突っ込んだあとのゴーグルや浮き輪使ったギャグシーンは古臭い演出。
絵コンテは上述の通りとして、止め絵キャラは相変わらず良くない。
でも何だか話数が進むにつれ、徐々に良くなっている気がする。今回は銀画屋の制作だったかな?放送とともに成長する原画ってのも嬉しいような悲しいような。
やっぱり赤を中心につまみ食いのシリーズにするのではなく、シリーズ構成と脚本はアニメで書ける人を原作者以外で採用し、赤なら赤、黒なら黒で各4話完結くらいで各エピソードを掘り下げた構成で見たかった。
時間と予算が足りず、その上放送枠もこんなところしか押さえられなかったティー・オーエンタテインメントには失望している。

「お腹すいたね」
「レオナルドバーガーか?」
「だって、スタンプあと2個なんだよ」
中の人が誰であれ、マティア可愛いよ、マティア。
おっさん萌えの市場を開拓しつつあるマナガにも敬礼。

エンディングは黒スペシャル。小説挿絵などの原画(BUNBUN)で構成。
マティアのネタバレカットがあったが、触れないでおく。

神曲奏界ポリフォニカ THE BLACK 〜EPISODE 1&2 BOX EDITION〜PC版 神曲奏界ポリフォニカ THE BLACK 〜EPISODE 1&2 BOX EDITION〜 6/29発売予定(Amazon)

拍手

 RSSリーダーで購読する
PR

TRACKBACK

Trackback URL:

神曲奏界ポリフォニカ 第7楽章 「ヴァイオレンツァ 黒い追跡者」

新キャラの登場ということで、EDの絵が変わりましたねコロコロ変えられるとたいていは嫌になっちゃうんですけど、綺麗だからか全然嫌にならない辺り、その力を通常の放送に少しでも分けていただきたいw相変わらず作画が安

神曲奏界ポリフォニカ 第7話「ヴァイオレンツァ 黒い追跡者」

さすがコーティ、状況把握は年をとっているだけに上手いね。つか、巻き込まれ方がチョットリアル…。下手に巻き込んでいる側が友達だったりすると、「言えない事」と言われると後ちょっとの一押しが出来なくなるんだよね。(いや、今回の場合、友達かどうかも怪しいもの...

神曲奏界ポリフォニカ/7話 ヴァイオレンツァ・黒い追跡者

赤の2人と対峙する黒の2人

神曲奏界ポリフォニカ 第7話「ヴァイオレンツァ黒い追跡者」

ツゲ事務所に逃げ込んで来たフォロンの知人ヤムナ。ヤムナは黒尽くめの大男と少女(?)に追われていた。フォロンたちもヤムナの逃避行に巻き込まれるが…ブラック×クリムゾン(笑)黒シリーズからあの二人がエントリー

神曲奏界ポリフォニカ 第7楽章

「ヴァイオレンツァ 黒い追跡者」 フォロンの友人が謎の二人組に追われるお話 ほと

神曲奏界ポリフォニカ 第7楽章・「ヴァイオレンツァ 黒い追跡者」を見て寸評

 今回は…なんだか妙にテンポが悪かった印象があるなぁ。セリフとセリフの繋ぎが、特に前半が非常にのっぺりした印象。話の内容以上に気になった。 …話の内容以上に気になるということは、話がそれを覆い隠せるほどのものではなかったということでもあるのだけれど。 え

神曲奏界ポリフォニカ 第07話

なにこのルパンと銭型の追いかけっこ…ふざけてるの!?いつもと感じが違うんだぜ?でも相変わらずの作画なんだぜ?

神曲奏界ポリフォニカ 第07話「ヴァイオレンツァ 黒い追跡者」

結局、ただの盗人かよ。友人まき込むわ、最後まで嘘つき通すわで最悪だな。罪、軽くしてやる必要性とか全く感じないね、プールにいた人たちとか危なすぎだろ。今回、出てきた2人はEDを乗っ取るほどだったのでかなりの重要キャラだったみたい(CGを見ると改めて劣化の凄まじ.

第7楽章「ヴァイオレンツァ 黒い追跡者」

公式サイトによると今回はゲストキャラが登場するらしく期待1割、心配9割で見た第7話でしたが・・・見事に予想を裏切らない話となりました。今回はフォロンの学生時代の友人が、たまたま偶然、ツゲ事務所に助けを求めにや

神曲奏界ポリフォニカ 第7話

第7楽章「ヴァイオレンツァ 黒い追跡者」ポリフォニカの黒とリンクさせた話らしいけど、最近"手のり少女"流行ってるのかなー

神曲奏界ポリフォニカ第7楽章「ヴァイオレンツァ黒い追跡者」感想

ポリフォニカ。前回は結構よかったのですが、今回はその流れでいけるかな??神曲奏界ポリフォニカ 1(初回限定版)早速感想。あ〜、いろんな意味で爆笑だ。この作画でカーアクションは反則です。キャラの崩壊の具合はなれたからいいのですが、車はさらにひどい。ってか...

神曲奏界ポリフォニカ #7「ヴァイオレンツァ 黒い追跡者」感想

突然の急展開過去の友人が誰かに狙われている模様ちょww男でかすぎwwwプールに突っ込むとかありえねぇー前から電車きたとき右にジャンプとかRボタンでもあるのかww案外あっさりと解決しましたね結局悪いのは友人かよ!最後の夕焼けのシーンはいい雰囲気でしたねこれ

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

新着記事・カテゴリ

メニューバーをご利用ください
古いカテゴリーは順に表示されなくなりますので、お手数ですが記事検索をご利用ください

メールで アニメレビューCrossChannel.jp を購読する

ブログ内検索

プロフィール

・管理者:wataru
・好き:V1046-R MAHORO、HMX-12 マルチ、ぽんこつ、黒オーバーニーソ、メイド
・リンクフリーですが、可能であればサイトTOPにリンクお願いします。相互リンクのお誘いは不精者のため辞退させていただいております
・利用状況の管理と広告表示等の目的でCookie及びWeb beaconを利用しています。Cookieの受入はブラウザの設定で選択が可能です
・商品紹介にはAmazonアソシエイトリンク他を利用しています
・当サイト管理者へのご連絡は webmaster★crosschannel.jpまで(★は1バイトのアットマークに置換して下さい)

Shop Link

Copyright ©  -- アニメレビューCrossChannel.jp --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]