忍者ブログ

アニメレビューCrossChannel.jp

アニメのレビュー・感想中心に、アニメ業界の批評もしたり、ゲームレビューしたりしています

   

ひとひら 第7幕「友達なのに…」

ヒロイン麦の成長物語であるが、今回は準ヒロイン野乃と彼女を取り巻く人間ドラマにフォーカスしてきた。
声帯マヒのリスクを抱えながら、親友の美麗と袂を分かってまでの演劇活動にこだわる野乃の心境と、その美麗の回想を織り交ぜて構成している。

公演を前にして、野乃の演劇研究会と美麗の演劇部の意地の張り合いは収まらない。
理咲が演劇部倉庫から無断拝借した暗幕がきっかけで、野乃がこっそり返却に。
一方、美麗は探し直しに演劇部倉庫へ。
お定まりのいがみ合い取っ組み合いになるのだが、倉庫の扉が開かなくなり二人閉じ込められる。
助けを呼ぶ大声のためか、突然に野乃の声が出なくなる。
覚悟の野乃に対して、表面上は意地を張っていた美麗の方が取り乱すが、演劇の世界に誘って声帯をダメにした責任を感じている設定。

野乃が美麗に「一人じゃ出来ないこと教えてあげる」と演劇に誘われたシーンから、まるで今の麦を見るかのような危なげな野乃の舞台と自信家の美麗、そして野乃が演劇部を退部するまでを回想で描く。
取り立てて大きなヤマも無いし、設定や伏線も既出だから、声帯マヒと重要な事態にもかかわらず、野乃の心境のように淡々と進んでゆく。
物足りないとは思わせず、野乃シナリオの中盤のまとめ回的なシナリオ。

倉庫の二人の様子を覗き見していた麦は、そっとしておこうと立ち去るつもりだが、くしゃみして存在がバレるオチ。野乃と美麗にとっては無事に救出のエンド。
しかし真のオチは、翌朝の野乃の声「寝たら直った」
見事な二段オチ、夢オチ、寝オチ(意味が違う!)
まあ、そんなに後味も悪くなくギャグっぽく引けた感じ。

麦が写っている演劇研究会の公演ポスター、発売予定無いでしょうか?

ひとひらオリジナルドラマ&BGMアルバムVol.1 (麦編) 5/30発売予定(Amazon)
ひとひらオリジナルドラマ&BGMアルバムVol.2 (野乃編) 6/27発売予定(Amazon)

拍手

 RSSリーダーで購読する
PR

TRACKBACK

Trackback URL:

ひとひら 第7幕 『友達なのに・・・』

親友だからこそ本気でぶつかり対立することもある。野乃と美麗のそんなお話。 演劇部

ひとひら 7話 「友達なのに・・・」感想

ひとひら 第1巻いよいよ演劇対決を目前に控えて、演劇部のポスターの上に、研究会のポスターを貼って、宣伝&地味な妨害工作を行う理咲☆しかも、(一応)演劇部に所属する、オリナルの目の前でやるあたり、セコイのか堂々としてるのか(笑)麦は恥ずかしがって、....

ひとひら 7話レビュー

野乃の回。何らかの決着が必要だってのは判るんだけど、このタイミングで1話かけてやることなんだろうかというのが正直なところ。本当に声が出なくなったという結論ならそれもアリだろうけど、ブラフだったし。野乃の声

ひとひら 第7話

第7話美麗&野乃の感動のお話です。

ひとひら 第07話 「友達なのに…」

ひとひら  現時点での評価:3.5  [サクセスストーリー]  AT-X

ひとひら 第07話 「友達なのに・・・」

アニメ名:ひとひら話  数:第07話タイトル :「友達なのに・・・」評  価:smash:★★★★☆プラス+:★★★★☆

毎日明日が来ることが楽しみだった@美麗

■『ひとひら』 #7 「友達なのに…」 AT-X脚本:笹野恵 絵コンテ:渡邊哲哉 演出:西村大樹 総作画監督:本橋秀之 作画監督:長屋侑利子【コメント】今回は、野乃(川澄綾子)と美麗(雪野五月)の二人の過去から現在までの経緯をメインに描いていました。二....

ひとひら #7 「友達なのに・・・」

雪野姉さんに泣かされました!。・;´∧`;・。 ↓ ↓

波乱曲折

ひとひら 第7幕 複数感想記事。

ひとひら第7話「友達なのに・・・」

今回は野乃と美麗のお話です。さて、一体どんな話が展開されるのやら。それでは第7幕の感想いってみましょう。

ひとひら #07 『友達なのに…』

美麗さんが野乃さんにデレデレ〜イメージめっちゃ変わるわ…今回は野乃と美麗の百合女の友情物語。もうちょっと物語の終盤に明かされるのかと思ってたけど、ここで1話まるごと消費してじっくりやってくれました。

ひとひら第7幕「友達なのに・・・」感想

部長二人の過去・・・かな??どうなることやら・・・★サイン入り台本が当たる!★先着予約特典:演劇研究会フォトグラフ付(2枚)!●初回限定収納...早速感想。思った以上に深い関係だったんですね。まったく涙なしには語れません!!いやしかし、このアニメは回を重ね..

ひとひら 第7話「友達なのに…」

ひとひらいよいよポスターまで出来上がり、宣伝活動が始まりました演劇研究会。麦が、緊張、恥ずかしさ一杯で、またまた妙な動きをみせてくれています。結構、好きなんですよね、地味だけど…。で、暗幕を巡って、演劇部と研究会、双方で密かに話題になっています。...

ひとひら 第7話「友達なのに…」

ひとひら 第7話「友達なのに…」

ひとひら #7

コレマジでいいですね〜!エンディング次第ですがもうここまでは気に入りまくり!ひとひら 第7話 野乃さま最高!! ひとひら 3 (3)桐原 いづみ (2006/12/12)双葉社 この商品の詳細を見る

ひとひら 。。。。 第7幕 友達なのに…

『 一人じゃ出来ない事を 教えてあげる 』友情は 強すぎると 裏返る。美麗=五月さま の演技には 本当に感心です。やっぱ 五月さま だよなぁ。野乃の声が 突然でなくなるシーンから もう 美麗=五月さま に釘付けでした。何か、じーん ときたよ。ひとひら 関...

ひとひら 第7話「友達なのに…」

ひとひら 第7話「友達なのに…」二人の想い

ひとひら 第7話「友達なのに…」

今まで一番良い話だったよ!やっぱり、野乃さんはGJ!

ひとひら 第7幕

第7幕は、野乃と美麗が倉庫に閉じ込められるお話でした。今回は完全にこの2人がメインで、やりとりは楽しかったり感動ものだったり。最後にはいつもどおりでしたが、この2人はこうでないとという気もします(笑)。演劇研究会の宣伝用ポスターが完成。なにやら....

アニメ感想 〜ひとひら 第7話〜

友達なのに…まず冒頭に言っておきましょう、<b>今回は神回であると!!!</b>演劇研究会のポスターを貼る一行麦の写真がドドーンと載っているので当然麦は抵抗をするが・・・(笑)練習、合宿の一件を経て麦も精神的に強くなったみたいです野乃の厳しい指導にも

ひとひら 第7幕「友達なのに・・・」

「今回のお話はすばらしい‥うん、原作屈指のシーンがとても綺麗に描かれて感無量‥。ここから文化祭公演まで怒涛に流れていくんですね。すごく楽しみ。」「野乃と美麗のなれそめが語られるエピソードね。序盤からの伏線がこ

(アニメ感想) ひとひら 第7話 「友達なのに…」

ひとひら 第1巻クラスの中、一人ぼっちの私。そんな私に救いが訪れた。その人は「自分じゃない自分になれる」そう言って私に手を差し伸べる。開けた明るい世界・・・私は静かにその手を取った。私と美麗の初めての出会い・・・。

ひとひら 第7話「友達なのに…」

秋の公演が迫ったある日、倉庫に閉じ込めれた美麗と野乃。野乃の声が突然出なくなり、美麗は泣き崩れる…それは美麗が一番恐れていたこと。美麗と野乃の友情。麦じゃなくても感動です。▼ 第7幕 『友達なのに…』「ひ

■ひとひら 第7話「友達なのに…」

 野乃は、頑固です。  麦に演技の指導をしていても、とにかく厳しくって。  たかしのアドバイスも聞き入れてはくれません。  それは身勝手とは別の次元のことではあ

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

新着記事・カテゴリ

メニューバーをご利用ください
古いカテゴリーは順に表示されなくなりますので、お手数ですが記事検索をご利用ください

メールで アニメレビューCrossChannel.jp を購読する

ブログ内検索

プロフィール

・管理者:wataru
・好き:V1046-R MAHORO、HMX-12 マルチ、ぽんこつ、黒オーバーニーソ、メイド
・リンクフリーですが、可能であればサイトTOPにリンクお願いします。相互リンクのお誘いは不精者のため辞退させていただいております
・利用状況の管理と広告表示等の目的でCookie及びWeb beaconを利用しています。Cookieの受入はブラウザの設定で選択が可能です
・商品紹介にはAmazonアソシエイトリンク他を利用しています
・当サイト管理者へのご連絡は webmaster★crosschannel.jpまで(★は1バイトのアットマークに置換して下さい)

Shop Link

Copyright ©  -- アニメレビューCrossChannel.jp --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]