忍者ブログ

アニメレビューCrossChannel.jp

アニメのレビュー・感想中心に、アニメ業界の批評もしたり、ゲームレビューしたりしています

   

sola 第5話「フリソソグヒカリ」

前話からの緩やかな流れを引き継ぎ、割と平穏な日常から始まるAパート。
キャラ同士の関係がからみ合いながら、緊張した展開のBパートと巧みに1話を構成している。

Aパートは依人と茉莉のデートスペシャル。
「コンビ二巡って400年(嘘)」の茉莉がトマトしるこ発見。軽い雰囲気で動き出す。
雨の日は昼間でも外出できるらしい茉莉は、真名から借りた服で依人とデート。
茉莉のピンポンダッシュに慌てて、傘置き忘れた依人と相々傘。
茉莉の緻密な戦略には脱帽だ。
先にボートに乗り込んで、「大丈夫?」と依人に手を差し出す茉莉は親のようだ。400歳以上年上って事とは別として。やはり先祖代々の因縁があるのだと思う。

辻堂と繭子の関係の一端に少し触れていたが、17年前に何かがあった。
アバンの辻堂の回想シーンに映る、血だまりに倒れる少女は繭子か?それを見つめる少年は辻堂なのだろうか?何らかの後遺症か呪いで、繭子の成長が止まったままか?
辻堂の姉だとすると繭子の尊大な態度は理解しやすいし、その繭子のために何かを、夜禍人の茉莉を探す辻堂の目的もうっすらと見えてくる。
間に割って入った依人を見て、繭子を庇う昔の自分を思い出したか、茉莉にトドメを刺さずに去った辻堂の行動も説明がつく。
辻堂の買うフカヒレおにぎりに「いつもおにぎりのセンスが悪い」ってのは、蒼乃が依人のぬいぐるみのセンスが悪いってのと同じ。繭子と蒼乃、辻堂と依人は相似設定か。

17年前とすると依人が生まれた頃。夜禍人と依人の出生に関係でもあるのか?
姉の蒼乃は、何か秘密があることを知っているようにも見える。
家に使いを頼んだこよりが口を滑らせたが、茉莉の存在は気付いていて改めて認識したとでも言うかのような渋い険しい表情の蒼乃。
依人が蒼乃にくれた人形と探しつづけていると思われる繭子の人形、これは伏線のまま引っ張りつづけている。

「明日ついてゆく」と言う繭子に、辻堂が「ダメだ、話がまとまったら嫌でも会わせるよ」と言うのは誰と話をしようとしていたのか?茉莉に対しては話し合いなどではなく、命を狙う事しかないように見える。これは繭子を安心させるため、辻堂が嘘をついているのだろう。
昼間の戦闘では圧倒的に不利な茉莉。依人の部屋に逃げ込んだものの倒れ観念仕掛けたものの、見上げる天上の青空に力を得て一瞬の逆転も、辻堂にトドメは刺さない茉莉。
茉莉も晴れていなければ屋外も大丈夫だとAパートで伏線張っているから、屋外に逃げ出しても不自然さは無い。辻堂の変節、庇う依人と雨に救われて「雨、好き?」「少し好きになった」で締めた。
蒼乃がらみで、まだまだ話が動きそう。

劇伴は絵以上には存在を主張せず、Aパートのデートシーンのまったりしたピアノ伴奏、Bパートの緊張感ある伴奏と藤間らしさは感じ取る事が出来る。ストリングスが多いかと思ったが、それほどでもない。

いつものベレー・ミニスカ・ニーソでない茉莉の姿も新鮮ではあった。
真名の服をリビングに並べてるだけなのが残念。
少し捻って、真名と着せ替えごっこ始めるシーンでもあると面白いのだが、そういうところは久弥原案が淡白なのだろうし、脚本もそこまではいじらないのだろう。
この作品を見ていると、キャラの相関をはじめ伏線の張り方や分岐ポイント、イベント設定などがゲームシナリオを思い出させる。
シナリオ的にはアニメらしく一本道だが、依人&茉莉、依人&蒼乃、辻堂&繭子、真名&こよりの視点の交錯が、それを補って深みを与えている。
色々な見方はあるが、久弥の原案、七尾のキャラ原案、花田のシリーズ構成、それにアニメスタッフの仕事が上手く噛みあっている。

sola color.I (初回限定版)sola color.I (初回限定版) 6/22発売予定(Amazon)
エンディング曲 mellow melody 5/23発売(Amazon)
sola オリジナルサウンドトラック 6/27発売予定(Amazon)

拍手

 RSSリーダーで購読する
PR

TRACKBACK

Trackback URL:

sola 第5話

「フリソソグヒカリ」辻堂と繭子の関係が気になる!!今回はついに依人の家まで辻堂が茉莉を襲いに来る話。話し合いで解決しようとする繭子に対し、いつも茉莉に対して攻撃的だった辻堂でしたが、繭子のために茉莉の

sola 第5話「フリソソグヒカリ」

約束守るよ…。青空、必ず見せるからさ――。青空の下を歩けない少女。だから茉莉が出かけれるのは、夜と雨の日だけ…いつか青空を見せる―約束した依人は辻堂から少女を守る…メインルート茉莉編、辻堂の再

sola 第5話

茉莉が辻堂に襲われるお話。茉莉は太陽さえ出ていなければ昼間でも外出は自由なんですね。ポニテ姿は可愛かったですが、ついに話が進みだしました。冒頭はいきなり辻堂の回想シーン。17年前に一体何があったと言うんでしょうか。あの倒れている少女は繭子っぽ....

sola 第05話 「フリソソグヒカリ」

顎がますます凄いことになっているのは気のせいでしょうか。尖っているとかいう次元じゃなく東映版Kanonの領域。階段での人と階段の比率とかその他にもヤヴァい作画が多数。まあこれだけ作画が微妙だからこそ神EDでの七

sola 。。。。 第5話 フリソソグヒカリ

能登さん は やっぱ こーゆー つかみどころの無いキャラを 演じさせると 素晴らしい。って、コレ 褒め言葉、て言うか 賞賛賛美。環境アニメが やっと 動いた。第1話のラストから第2話の冒頭に見せた、あの場面から 長らく 和むBGMと つかみどころの無い能登ボイスと...

sola 第5話「フリソソグヒカリ」

博士「茉莉かわいいよ茉莉」助手「・・・いい加減他の始まり方しません?」

sola #5「フリソソグヒカリ」感想

茉莉、コンビニのことならお任せ!トマトしるこそんなにいいのかなぁ繭子、何故ゴミ箱にこもってるww雨の日に茉莉からデートポニテいいね(;゚∀゚)=3こういう髪型もなかなかんで茉莉ピーンチ!なかなかの戦闘シーンでした相手方の思惑がわからないまま話がここまできまし

sola 第5話

第5話先週出番の全然無かった茉莉の日。

sola 第5話・「フリソソグヒカリ」を見て

 さて一気に緊張して参りました。前回・前々回とキャラに比重を置いた作りをしたお陰か、彼ら・彼女らの置かれた立場から見ることが出来て、全体的なお話の構成がなかなか巧みだなと思いました。 しかも、この回も前半はどちらかというとややまったり気味だったので余計に

sola/5話 フリソソグヒカリ

コンビニ弁当

sola 5話「フリソソグヒカリ」感想

sola color.I (初回限定版)イキナリ、アバンで血がダラダラ出てるから、別のアニメかと思ったでありますよ。まだ繭子と同じぐらいの年頃だった剛史。それ以前から、知っていたのか、それとも偶然、繭子の『死体』を見付けてしまったのが運命の出会いなのか。夜禍人で....

sola 第5話

どうしよう・・・・・・茉莉LOVEが止まらない・・・っ!!!!!トマトしるこでもなんでも、持ってきなさいっ!!sola 第5話 sola color.I (初回限定版)花田十輝、古賀誠 他 (2007/06/22)バンダイビジュアル

sola 第5話 フリソソグヒカリ

辻堂 剛史観念しろ…夜禍!!森宮 依人約束したんだ!空を見せるんだ!!ここ最近ちょっとまったり気味なお話だっただけに、今週はかなり重要というか、話しの転機とな

sola 第5話

『フリソソグヒカリ』にしても、ポリバケツの繭子はどうかと(笑)。辻堂の17年前に、何かあったようですが……。辻堂の知合い(肉親とか?)が、「夜禍人」の犠牲になったとか、そういうことでしょうか。Bパ

Sola 第5話 「フリソソグヒカリ」

前話、蒼乃さんの笑顔は反則だ…

『sola』第5話 観ました

いよいよ、具体的な地名が出てきて舞台が長崎であることがハッキリとしてきましたね。とは言え、ご都合主義的な移動をしているような気もし無くは無いですが…ちなみに長崎の地図はこちらを参照して見て下さいね。さてさて、そう言えば昔の歌謡曲に「長崎は今日も雨だった」

sola 第5話「フリソソグヒカリ」

よろしければ押してやってください→  

sola 第05話 「フリソソグヒカリ」 感想

一体どういう経緯で、コンビニもこの飲み物を大量に仕入れてしまったのか気になって仕方がない。そんなに人気なのかwこのコンビニ、ほかにも変わった商品がありそうだな・・・。ほら、ドロリ濃(ry

sola 第5話「フリソソグヒカリ」

ついに動き出したのかもしれない。

sola 第05話「フリソソグヒカリ」

ここのところ日常編ばっかだったから、さすがに冒頭の初っ端から血溜まりは不意を突かれましたよ。久々にバトル展開になるも、日が出ていたこともあって終始、茉莉が圧され気味。そんなわけで大して盛り上がらず。この作品の感じからして戦闘の要素は二の次だろうし、当然..

sola 第5話「フリソソグヒカリ」

ここんところ穏やかな話が続いていましたが、今回はやっとバトルが復活。

アニメ sola

「フリソソグヒカリ」このまま一つ屋根の下、ラブラブモードが続くのかと思いきや。ちょいと話が進んでまいりました。気の緩んだマツリの前に現れるメガネの刺客。日光を浴びれないマツリの弱点を突いた攻撃で追い

sola 第5話「フリソグヒカリ」

雨の日だから,今週の茉莉はポニーテール祭り.この空はもう,永久に晴れなくていい.

so;a 第5話「フリソソグヒカリ」

sola〜オフィシャルサイト〜今回のアバンは突然でした。しかも、Aパートは、辻堂が決意を固め、繭子が心配をする。それがわかっているかのように、依人と茉莉が、雨を利用してのデート。晴れた青空を見せるという約束の予行練習。っていうか、曇り、いや、雨の日な...

sola 〜その5〜

■毎週月曜日 23:00〜23:30 ■tvk他■おすすめ度: ☆☆☆☆第5話 「フリソソグヒカリ」今回は初めから、物騒なシーンから始まる。剛史の回想シーンのようだが、「17年かぁ〜」とつぶやく言葉に引っかかるなぁ。末莉と依人はコンビニにやっ

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

新着記事・カテゴリ

メニューバーをご利用ください
古いカテゴリーは順に表示されなくなりますので、お手数ですが記事検索をご利用ください

メールで アニメレビューCrossChannel.jp を購読する

ブログ内検索

プロフィール

・管理者:wataru
・好き:V1046-R MAHORO、HMX-12 マルチ、ぽんこつ、黒オーバーニーソ、メイド
・リンクフリーですが、可能であればサイトTOPにリンクお願いします。相互リンクのお誘いは不精者のため辞退させていただいております
・利用状況の管理と広告表示等の目的でCookie及びWeb beaconを利用しています。Cookieの受入はブラウザの設定で選択が可能です
・商品紹介にはAmazonアソシエイトリンク他を利用しています
・当サイト管理者へのご連絡は webmaster★crosschannel.jpまで(★は1バイトのアットマークに置換して下さい)

Shop Link

Copyright ©  -- アニメレビューCrossChannel.jp --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]