忍者ブログ

アニメレビューCrossChannel.jp

アニメのレビュー・感想中心に、アニメ業界の批評もしたり、ゲームレビューしたりしています

   

sola 第4話「ネガイフタリ」

シリーズ中盤への導入回。
あまり語られていなかった、依人の姉蒼乃と真名の妹こよりを中心にしたお話。

そろそろこよりが退院する頃。病院での蒼乃とこよりの出会いの回想を挟みながら、ちょっと良いお話に仕上げている。
蒼乃の折り紙とか、間違って買ってしまったコーヒーとか小道具を使いながら、二人の心理描写を浮き出している。
今回は、原案者の久弥直樹自身の脚本。
手放しで絶賛するほどではないが、日常の光景からドラマを紡ぎだす久弥テイストは充分に感じられる。
ゲームシナリオとも違い、アニメ特有の行間とカット間の補完をしないと間抜けになってしまうが、コンテの小林智樹監督と西村博昭がそつなく仕上げている。

蒼乃が物語の鍵を握っている。
話が大きく動き出すのは、蒼乃と茉莉が出会ってからのことだろう。
依人が蒼乃に買ってくる趣味の悪い人形だが、蒼乃の気に召したものは未だ無い。繭子が持っているうさぎのぬいぐるみが、それに該当するか?
「夜禍人」を巡って、茉莉・蒼乃・繭子の因縁が次第に明らかになる予感。
家に帰りたいという蒼乃の「倒れても死ななければいい」ってのは、その展開の中で意味を持つのだろう。少なくとも奇跡を願っているのではなく、現実と対峙する心構えを感じさせる。

今回は茉莉の出番は少ないものの、Aパート冒頭での真名との絡みは「最初は仲が悪かった嫁と姑が仲良くなって、亭主(息子)を弄る」パターンのようで可笑しい。
茉莉の何百年かの生涯で、森宮家と関わりがあったと思えるし、依人を子供・孫のような視点で見ている感がある。
今回はエロいのは無しですか?茉莉さん。

真名をバイト先のレストランまで送り、こよりを家まで送る依人の姿を辻堂が目に留めたから、茉莉を追って次回動きがあるのだろう。
この先、依人・茉莉に絡んで、真名とこより姉妹も見せ場があるような気がする。

オープニング曲「colorless wind」は作曲とアレンジは大久保薫だが、打ち込みの感じが I've っぽく聞こえるのは気のせいか?
オープニングアニメの絵コンテと相まって、Key作品を連想してしまう。

sola color.I (初回限定版)sola color.I (初回限定版)6/22発売予定 (Amazon)

拍手

 RSSリーダーで購読する
PR

TRACKBACK

Trackback URL:

sola 第4話

「ネガイフタリ」こんな趣味の悪い人形屋があるとはっ!?今回は退院の決まったこよりがそのことを蒼乃に告げる話。蒼乃がいっぱい出てきて嬉しかったですvv蒼乃とこよりの出会いですが、入院してすぐ、眠れ

sola 。。。。 第4話 ネガイフタリ

蒼乃さん の微笑み。初めて見た。相変らず、のどかな アニメです。微笑ましい 日常を綴っている様なもの。蒼乃さんが 何故 入院しているとか? そのあたりも ストーリー内には 説明なし。まぁ、蒼乃さんは ひょっとすると 茉莉 に近い存在なのかも?って気はし...

sola #4「ネガイフタリ」感想

蒼乃、こよりの友情物語病院でこんな話があったんですねぇ意外と気が合うのかもしれない蒼乃のキャラいいですねぇ〜嫁ですねこれはw「騙された〜でもあったかい」の行は大変良かったと思うメインヒロインの出番が少なかったのは気のせいではないだろうローゼン率いるヒゲ男

sola 第4話・「ネガイフタリ」を見て寸評

 やっぱり、茉莉を絡めたほのぼの風景の方が俺的にはツボるな。今回も緊迫した空気が無くて刺激に欠けるっちゃあそうだけど、その分落ち着いていて好感が持てる。 全体でどの位シリアス味を入れてくるかにもよるかも知れないけど、この回の様な人物描写に特化した回と、物

sola 第4話

『ネガイフタリ』茉莉と真名の関係が良好ですな(笑)。三角関係っぽさが無くて、なんか不思議な感じです。今回は、蒼乃とこよりの関係を描くエピソードでした。前回、茉莉と真名、辻堂&繭子と真名の関係が確立して、

sola 第04話 「ネガイフタリ」

ついに来ました久弥回。なんつーか、「あぁ、らしいな」って感じで面白かった。今までに比べて大分密度は濃かったのではないでしょうか。いつが現在でいつが過去なのか、そこは判りにくかった。とにかく親切心0で

sola 第4話

こよりと蒼乃の出会いのお話。メインヒロインであろう茉莉をよそにこよりと蒼乃の話でしたが、今までで一番好きだったかも。とりあえずこより可愛すぎますし(笑)、蒼乃がこれまたいいキャラしてます。茉莉は太陽光を浴びてはいけない夜禍人ということで、完全に昼....

sola 4話「ネガイフタリ」感想

sola color.I (初回限定版)さすがトマトしるこなる、どう考えても体に強烈に悪そうな、飲み物を愛するだけあって、依人のセンスにもラクショーで茉莉は、ついてきますな・・・☆どこであんなモノを購入してくるのかと思ったら、アレ達が並べられた店があったんであり....

sola 第4話「ネガイフタリ」

第4話「ネガイフタリ」眠れないのは、寂しいから――。年も違う二人の少女が知り合ったのは病院。家族と離された寂しさが二人を結びつけ…。先に退院の決まったこよりは、蒼乃に話せないでいた…今回は蒼乃

sola 第4話

第4話今日は茉莉出番少なめでした。。。そして蒼乃とこより中心の話。

sola 第4話

・・・あれ?一週間のうちの能登麻美子さま成分補給の日のはずなのに・・・・・・でてこない・・・(T_T) sola color.I (初回限定版)花田十輝、古賀誠 他 (2007/06/22)バンダイビジュアル この商品の詳細を見る

sola 第4話「ネガイフタリ」

博士「やっぱり愛姉妹じゃな・・・」助手「穿った見方やめい!!」

sola 第04話 「ネガイフタリ」 感想

ここ最近、久々にスクライドとガングレイブを見てるわけですが、相変わらず同じところで涙腺がやばくなるな・・・。今回は久弥さんの脚本の話。蒼乃さんとこより、二人の少し変わった友情話。しかし、蒼乃さん

sola 第4話「ネガイフタリ」

よろしければ押してやってください→  

■sola 第4話「ネガイフタリ」

 214と36、私的に、今回のポイントはこの二つの数字かな。  依人と真名、この二人の距離って、見ていて羨ましくなっちゃう位、いいお友達してるんですよね。  依

sola 第4話「ネガイフタリ」

sola 第4話の感想

sola 第4話「ネガイフタリ」

脚本:久弥直樹予想以上の出来っ

sola 第4話「ネガイフタリ」

sola 第4話「ネガイフタリ」

『sola』第4話 観ました

今回のメインは、病院の二人。何の病気なのかは明らかにされていないけどストーリー的には病名はあまり意味を為さないですね。本人たちにとっても観ている視聴者側にとっても退院できる病気なのか、退院できないのかが重要なんですよ。とは言え、まだ小学生のこよりちゃんに

sola 〜その4〜

■毎週月曜日 23:00〜23:30 ■tvk他■おすすめ度: ☆☆☆☆第4話 「ネガイフタリ」こよりちゃんの病室から始まる今回。こよりちゃんの友達が病室に遊びにきてくれ、いつも遊んでくれる蒼乃さんや依人さんのことを「友達」とはっきり言えな

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

茉莉、出番少ない

  • by はつゆき
  • URL
  • 2007/05/04(Fri)12:01
  • Edit
蒼乃とこよりが、メインの話でしたね。まあ、次週戦闘再びかな?
現在「fc2」にTB出来ないので、コメントにて失礼させて頂きます。

はつゆき様

  • by wataru
  • URL
  • 2007/05/05(Sat)12:21
  • Edit
トラックバックできないようで、コメントをありがとうございました。

次回はシリーズ中盤に差し掛かるので、動きが出そうですね。

新着記事・カテゴリ

メニューバーをご利用ください
古いカテゴリーは順に表示されなくなりますので、お手数ですが記事検索をご利用ください

メールで アニメレビューCrossChannel.jp を購読する

ブログ内検索

プロフィール

・管理者:wataru
・好き:V1046-R MAHORO、HMX-12 マルチ、ぽんこつ、黒オーバーニーソ、メイド
・リンクフリーですが、可能であればサイトTOPにリンクお願いします。相互リンクのお誘いは不精者のため辞退させていただいております
・利用状況の管理と広告表示等の目的でCookie及びWeb beaconを利用しています。Cookieの受入はブラウザの設定で選択が可能です
・商品紹介にはAmazonアソシエイトリンク他を利用しています
・当サイト管理者へのご連絡は webmaster★crosschannel.jpまで(★は1バイトのアットマークに置換して下さい)

Shop Link

Copyright ©  -- アニメレビューCrossChannel.jp --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]